« 夏休みのご報告 | トップページ

2002年8月30日 (金)

洪水の教訓

 中央ヨーロッパでの洪水のニュースがしばらく続いたが、イギリスの科学誌『New Scientist』は8月24日号で、その原因について分析している。それによると、“100年に一度”などと形容される洪水は、実は毎年のように起こっているのだそうだ。昨年の3月にはハンガリー、ウクライナ、ルーマニアが水に浸かり、7月にはポーランドが洪水の被害にあった。一昨年は東部ハンガリーとセルビアで洪水が起こった。1999年は7月にもセルビアが水浸しとなり、首都のベルグラードの大部分から住人が避難した。その前の年は、7月にチェコ、ポーランド、スロバキア、11月にはスロベニアとルーマニアで洪水が起こったという。

 夏季の降雨が激しくなっているのは確かなようだが、洪水の後に堤防をさらに高くするという人間の行為が、状況をさらに悪化させているらしい。洪水はその町に起こらなくても、単に下流の(しばしば人口の多い)町へ移動するだけなのだ。つまり、空と山から降りてくる水の絶対量が多いから、この辺りの夏季の洪水は歴史的には“自然現象”だったのだ。だから、エルベ川、ドナウ川、ライン川などの流域には「氾濫原(flood plain)」と呼ばれる地域があって、そこが冠水するようになっていた。ところが人間は、それを「力」によって征服しようとして、堤防を築いて人家を建てさせた。そういう方策が、かえって逆効果を生んでいるというのだ。

 氾濫原を住居や仕事場にしている人々は、ヨーロッパ人の一割に上ると見られ、ハンガリーでは、その数字は25%に上るという。オーストリアやチェコでは、川の流れる谷間に夏用の別荘を多く建てさせたことが洪水の被害を広げたとして、地元の市長らが批判されている。家を建てるためには当然、森の木を切り倒すことになるからだ。

 今年の洪水の背後には、地球温暖化の影響もあるだろう。今年、北半球はかつてないほど暑い夏で、これが大西洋上空に雨を降らせる大きな雲を形成した。それに加え、アルプスの氷河が早く溶けだして大量の水を川に流した。つまり、雪解けですでに増水している河川の地域に激しい雨が降ったのだ。雨は、オーストリア・アルプスからチェコにいたる地域で、特に激しく降った。チェコの一部では、36時間のうちに、平年の8月全体の降雨量に匹敵する雨が降ったという。

 こうした度重なる洪水から学んだライン川の流域の人々は、護岸工事に力を入れるのをやめ、川の自然な流れを尊重して氾濫原を生かす方策を採りだしたという。しかし、その他の川では、まだこの方策は実行されていない。長野県の知事選挙では、ダム建設問題に一応の結論が出ると思うが、このヨーロッパの洪水から学ぶことは多いと思う。

 今回の洪水では、ドイツ東部のエルベ川流域にある古都ドレスデンが水に浸かった様子が、世界中で大きく報道された。今回の洪水は、1845年に記録されたエルベ川の水かさの最高記録を50センチも上回ったことで、この現象が地球温暖化の結果であるかどうかという質問が、ドイツの環境科学者のもとへ殺到したという。一般的に環境意識の高いドイツではあるが、(どこかの国と同じように)温暖化による被害は自国以外の別の地域で起こると考えていた人々が多く、この洪水のおかげで環境意識と気象学への関心が一挙に高まっているという。

 私は数年前にこの町を訪れていて、黒っぽい砂岩でできた城などの古い建物群の魅力に惹かれたことをよく憶えている。エルベ河畔のレストランで一枚絵を描いたが、そのレストランもきっと水に浸かったに違いない。(谷口 雅宣)

|

« 夏休みのご報告 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洪水の教訓:

« 夏休みのご報告 | トップページ