« グールド博士を悼む | トップページ | 父を捜す人々 »

2002年5月26日 (日)

バベルの塔は崩壊する

 ノンフィクション作家の吉岡忍氏が日本エアシステムの機内誌の最新号に、新宿の高層ビル群のことを書いていた。新宿界隈に住む吉岡氏は、「人間の内面、現実の複雑さに分け入っていくような仕事」をしていて、人間と現実の「双方が入り組んでいる。からみ合って、あっちがこっちに、こっちがあっちに影響している。こんがらがった糸玉を解きほぐすのは容易ではない」という逃げ場がない状態のとき、この新宿副都心の高層ビル街に歩いて行くそうだ。すると自分が「空っぽになったような気」がして「生き返る」という。

 吉岡氏の言葉を正確に引用しよう:   「もちろんここにも人はぞろぞろ歩いていて、巷らしいものもあるのだが、林立する巨大ビルがそれらを圧倒している。そのフラットな壁面が人間を押しつぶし、鋭利なエッジが現実を切り刻み、その存在感がこんがらがった糸玉を吹き飛ばしてくれる。ふいに私は群衆も巷も人里も離れた気分になる。私自身がからっぽになった気がする。」

 そして氏によると、この感じは「雄大な自然と向かい合ったとき」と似ているというのだ。ただし、自然と接したときの「頭のなかも身体も洗われていくようなすがすがしさ」はない。「徹底して人工的で、巨大な空間は私を洗っていくのではなく、たんに抽象化していく。人間の闇を気化し、現実の複雑さを捨象し、人間と現実が織りなす曖昧な領域を幾何学模様に単純化していく」のだという。

 この文章には、ゴシック建築のような東京都庁のノッポビルの前で腕組みをしている吉岡氏の写真が添えられている。この都庁のビルの灰色の、複雑に入り組んだ、それでいて見る人の視線を否応なく高みへと運んでいくデザインは、現代建築の一つの“頂点”を表わしていると私は思う。しかし、その中で働く人々が公僕たる都職員であるということの意味を考え、私はこの建物に対して一種の不快感を覚えていた。だから、吉岡氏が仕事で疲れた心を休めるためにそこへ行くという話は、新鮮な驚きであった。氏は建築物を、その用途から切り離して、美術作品として鑑賞する術を心得ているのだろう。しかし、私はどうしてもその「用途」が気になってしまう。

 去年の9月11日以後、私はこの都庁の建物について或る“妄想”を捨て切れないでいる。それは、この塔に航空機が突入するイメージである。ニューヨークの世界貿易センタービルが、都庁と同じ“双子の塔”であったというだけでなく、前者がアメリカを象徴する建築物であるならば、現代日本を象徴する建物は、大企業がテナントとして入っている霞が関のビル群などではなく、恐らくこの都庁だと感じていたからだ。

 日本には、江戸時代からの“エリート支配”の考え方が根強く残っているように思う。それは、「庶民を支配するものは、選ばれた少数のエリートである」という考え方だ。この少数エリートは、受験勉強に象徴される実力主義の競争の中から選抜されるから、江戸時代の封建的役人とは多少異なるが、しかし人が一旦支配層まで上ってしまえば、後は庶民とは異なる倫理感をもつことが許されるという暗黙の了解があるように思う。昨今の外務省職員による恥ずべき行為の数々を知るにつれ、この感想はますます強まっている。またエリートだから、庶民よりも立派な建物で仕事をすべきだとの了解もあるようだ。これは、封建時代の武士の思想にも通じるもので、したがって武士は立派な城を築いてそこで生活した。それと同じように、現代日本では公務員が税金で立派な建物を建て、そこを都庁や県庁や市役所としても、庶民からは別段大きな反対の声は上がらないのだ。

 しかし、そんな状況がいつまでも続くとは思えない。世界の“少数エリート”であるアメリカの支配に反対の声を上げたのが9月11日の事件だとしたら、東京都庁もいつまでもその威容を誇示しつづけることはできないかもしれない。もちろん、私はアルカイダとは何の関係もない。私はアメリカに反対しているのでもない。私が注意を喚起したいのは、これらの高層建築を誇る側の人々と、それを攻撃したいと思う人々の間にある、救いがたいコミュニケーションの断絶である。日本においては、政治家や役人と一般庶民の間にこれがあり、世界的には先進諸国とイスラーム諸国の間にこれがある。『創世記』第11章の「バベルの塔」の神話は、それを警告しているのだ。人間の奢りを見て主は曰く--「さあ、われわれは下って行って、そこで彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう」。

 言葉の重要さを学んだ人々は、もっと声を上げることで、この断絶を修復すべきなのだ。   (谷口 雅宣)

|

« グールド博士を悼む | トップページ | 父を捜す人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バベルの塔は崩壊する:

« グールド博士を悼む | トップページ | 父を捜す人々 »