« 人工的な自然 | トップページ | バベルの塔は崩壊する »

2002年5月22日 (水)

グールド博士を悼む

 ハーバード大学の生物学者、スティーブン・J・グールド博士が、生まれ育った街、ニューヨークの自宅で肺ガンのため亡くなった。60歳の若さだった。進化生物学の第一人者と言われ、アメリカでは故カール・セーガン博士と共に、一般人向けに分かりやすく科学を解説して人気を博した人だった。私の尊敬する科学者の一人でもあり、生物学のことでは私は多くのことを博士から学んだ。拙著『神を演じる前に』(生長の家刊)でも同博士の言葉を2ヵ所で引用している。もっといろいろ学ばなければならないと思い、数年前、日本語で690ページもある大部の著作『人間の測りまちがい』(河出書房新社刊)を買ったが、書架に入れたままになっていた。この本は、全米図書評論家賞を受賞した名著だ。早く読まなければと思いながら、ついに博士の死を迎えてしまった。誠に残念なことだ。

 昨年9月のアメリカでのテロ事件後、私が9月28日に発表した「光の進軍を讃美する祈り」は、グールド博士が27日付の International Herald Tribune紙に書いた"Decency Trumps Depravity at Ground Zero, Too"(事件現場でも、品格は腐敗に勝利する)という論説に啓発されたものだ。あの惨事の中でも、人間の心の美しさを謳い上げた文章に感動して、こう書いたのだ:

 スティーブン・グールド博士が教えてくれた実話がある−−ある人は、ニューヨークの現場近くに中継所を設け、救助・復旧活動に必要と思われる細々とした品物−−防塵マスクから靴の中敷きまで−−を揃えて、無償で配布した。話を聞いて、沢山の人々がこれに加わり、電池やヘルメットも集まった。またある晩は、レストランのコックが「うちの店で自慢のリンゴのケーキが1ダースある。まだ暖かい」と言って紙袋を差し入れた。その中の1個をもらった消防士は、疲れきった顔に生気を取りもどしてこう言った。「ありがとう。これは、この4日間で私が見たものの中で最も愛すべきものだ。それに、まだ暖かいじゃないか!」

 グールド博士は、この時すでにガンに冒されていた。苦しい中、街頭に出て救援活動に身を投じたのかもしれない。事件の打撃が博士の死期を早めたとしたら、実に残念だ。同博士は、自分の死期を知っていたのかもしれない。というのは、博士にとってガンとの闘いは初めてではなかったからだ。博士は40歳の時、腹部中皮種(abdominal mesothelioma)の診断を受け、その病気が「不治のガンの一種で、死亡率の中間値は診断後8ヶ月」であることを、自分で調べて知った。当時は、ガンの告知はまだ一般的でなかったからだ。しかし、博士にそれを指摘された主治医は謝り、博士の合意のもとに実験的な治療法に挑戦した。これが奏効して、博士自身が「今やこの病気を完全に除去した」と思うような状態に達していた。医学の世界では、ガンは治療終了から5年たっても再発しなければ「治癒」と見なされるから、博士の悪性中皮種は「治った」と言ってよい。

 このことは、グールド博士が1996年に出した Full House: The Spread of Excellence From Plato to Darwin という本に書いてある。この本は、ポーカーの「フルハウス」という手に喩えて、優秀さ(excellence)とは何かを論じている。それによると、「フルハウス」は、配られたカードの偶然の組み合わせから始まっているが、やがてプレイヤーの選択によって、持ち札のすべての優秀さが表現されるようになったものである。つまり、無駄なカードは1枚もない。これが、本当の意味での進歩の尺度であり、優秀さの定義であるというのである。別の言い方をすれば、進歩とは、単純なものが複雑化したり、ある段階から別の段階へ上がったり下がったりすることではなく、単一的な状態から多様な状態になること−−というのである。プラトン(Plato)から始まってダーウィン(Darwin)が現われたのが進歩なのではなく、両者が共にある状態(spread)が素晴らしいというわけである。

 この説明が難解に聞こえる人には、グールド博士の別の喩えを示そう。それは、アメリカの野球界では、1941年にテッド・ウィリアムズが出した「0.406」というシーズン中の最高打率以来、四割打者はもう出なくなったという事実がある。それ以前は、1901年のアメリカン・リーグ発足から30年間に、7人の選手が四割を超える打率を記録している。一体これは野球が(そして野球選手が)進歩しているのか、それとも退歩しているのだろうか−−とグールド博士は問う。読者は、どう考えるだろうか? 博士の答えは明確である。これは疑いもなく、野球と野球選手の「進歩」であって「退歩」ではない。なぜなら、この期間に、すべての野球選手が全体として実力を向上させ、野球自体もレベルを高めたために、“一人勝ち”をするような選手が出なくなったことを示しているからだ。つまり、「打つ」だけでなく、「投げる」ことや「守る」ことにおいても優秀な選手が増えてきた。これが進歩の指標である、というわけである。

 私は、グールド博士の訃報を聞いてから、仕事場の書棚を物色していてこの Full House の本を見つた。以前買っておいて、一度途中まで読んだものだが、どのようにして入手したかは記憶に定かでない。手にとってパラパラとページを繰っていると、本扉の1枚前のページの中央に、ボールペンの手書き文字があることに気がついた。改めて本のカバーを見ると、「Autographed Edition」(著者サイン入り)というラベルが貼ってある。多様性を愛した科学者の“肉筆”だ。大切にしたいと思う。   (谷口 雅宣)

【参考文献】

○ Stephen Jay Gould, Full House: The Spread of Excellence from Plato to Darwin, (New York: Harmony Books, 1996)

○ スティーブン・J・グールド著/渡辺政隆訳『フルハウス 生命の全容−−四割打者の絶滅と進化の逆説』(早川書房、1998年)

|

« 人工的な自然 | トップページ | バベルの塔は崩壊する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グールド博士を悼む:

« 人工的な自然 | トップページ | バベルの塔は崩壊する »