« 今こそ「対立から調和へ」の運動を | トップページ | 北海道大地震で考える »

2018年7月 9日 (月)

「西日本豪雨」をどう考えるか?

 最初に、今回の「西日本豪雨」の被害に遭われた全国の大勢の人々に、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。 
 
 この未曾有の豪雨の被害がしだいに明らかになってきた。7月8日の『朝日新聞』は、12府県で47人が死亡し、1人が重体。行方不明や連絡が取れない人は60人にのぼると伝えた。ただし、被害の詳細はまだ不明のため、今後この数字は増える可能性があるとした。 
 
 7月9日は全国の新聞の休刊日だったが、それでも私の住む地元紙『山梨日日新聞』は「特別紙面」を作って発行を続け、トップ記事で西日本豪雨の被害を伝えた。それによると、「死者は計82人に上」り、「安否不明者は50人以上」ということだった。両者を加えると「132人」を超える人が亡くなった可能性があり、総務省消防庁の統計では、8日午後現在、「20府県の避難所に計3万250人」が自宅を離れて避難していると報道した。そして、9日午後7時のNHKニュースでは、死者は114人、不明者は61人で、合計は175人に増えていた。 
 
Rainvictims  私は昨日、気象庁などがまとめた過去の大雨による被害の統計を調べてまとめてみた(右表参照)が、今回の豪雨の被害は、人命に関する限り過去25年間で“最悪”となりそうだ。前回の“最悪”は、死者と不明者が「123人」に上った2011年だが、この年の人的被害は、7月27日から同30日にかけての「平成23年7月新潟・福島豪雨」と、8月30日から9月5日にかけての台風12号による被害、そして9月15日から同22日にかけての台風15号による被害をすべて加えたものだ。しかし、今回は1回の豪雨でこれだけの被害となった。そして、台風シーズンはまだこれからなのだ。 
 
 気象庁は今回、数十年に一度の重大な災害が予想されるという意味の「大雨特別警報」を6日から7日にかけて9つの府県に出したことは、すでに読者もご存じだろう。この「特別警報」の制度は、2013年5月31日の改正気象業務法の公布後に始まり、同年8月30日から運用が開始された。「警報」の発表基準をはるかに超える規模で起きるような甚大な災害、被害が発生する恐れがあり「最大級の警戒」を要する場合に適用される。 
 
 気象庁のウェブサイトによると、大雨の特別警報の基準は、「台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合」だという。しかし、上記した人的被害の大きさを見ると、同規模の大雨がワンシーズンのうちに日本列島を襲ったのは「数十年前」ではなく、「7年前」なのである。 
 
 だから私は、この「数十年に一度」という表現は誤解を招くので変えた方がいいと感じる。この表現は、過去からの統計に基づく確率を述べているのだろうが、ある事象が起こる確率を過去のデータだけから予測するのは、今日の気象予報としては間違うリスクが大きい、と私は思う。現在、気象庁が具体的にどのようなデータを使って「数十年に一度」という確率を計算しているか、私は知らない。しかし、その発表を受け取る国民の一人としては、「数十年に一度」という言葉を聞くと、今回のような大雨を経験した場合、「あと数十年は、これほどの大雨は来ない」という考えを抱きやすい。そして、「今回決壊した堤防も、とりあえず元通りに修復しておけば、あと数十年は安全だ」との結論に達しかねない。 
 
 しかし、私が長年にわたり本欄などで繰り返して訴えているように、今日の“自然災害”の多くは、産業革命以来の人類のライフスタイルの変化が引き起こした地球温暖化と、それに伴う気候変動と密接に関係している。だからそれは、言葉の厳密な意味での“自然災害”ではなく、人間の活動による地球温暖化の影響を無視しては、正確な予測は不可能のもので、年々“人災”の要素が濃くなっている、と私は考える。そして、地球温暖化の主要な原因である「大気中の二酸化炭素の増加」は、一向に止まらないどころか、幾何級数的に増大しているというのが、世界中の気象学者が今、真剣に訴えている世界の現状なのである。ということは、今回のような大雨が地球上のどこかを襲う確率も、幾何級数的に増大する可能性があるのである。 
 
 先日、生長の家の国際本部である“森の中のオフィス”では、職員を集めて、アル・ゴア氏主演の『不都合の真実2』という映画を鑑賞した。前作から10年を経て公開された作品で、私にとって内容的には新しい情報はあまりなかったが、温暖化によって氷が急激に融解していく極地の実態を、リアリティをもって描いていた点が印象に残った。また、気候変動問題を解決するためのパリ協定が、決裂寸前で締結に漕ぎつけたことが理解でき、世界には心ある人々がまだ多くいると知って嬉しく感じたと同時に、この問題は各国の利害関係が錯綜して、相当解決が難しい問題だと感じた。そして、読者もご存じのように、温室効果ガスを世界で最も多く排出しているアメリカは、トランプ大統領になってパリ協定から離脱してしまった。また、現在の日本の安倍政権も、この問題の解決に熱心ではないのである。 
 
 だから、私は最近、こう考えるようになっている--この問題は、気候変動がさらに深刻化して、多くの国で犠牲者が大量に出る状況がさらに進行するまでは止まらない。そして、将来いつの時点かで、人類が化石燃料の利用をやめるか、それとも戦争をするかの選択を迫られるような劇的な形で、やっと前者を選んで解決の方向に向かうことになる、と。「日時計主義」を標榜している生長の家の代表者として、こんな悲観的な予測をするのは気が引けるのだが、人類が置かれている状況を冷静に見れば、楽観はかえって犠牲者を増やす結果になると思う。 
 
 だから私は、これからの都会生活には、気候変動とその影響を被るリスクが伴うということを、読者には訴えたい。これは田舎生活にはそれがないという意味ではない。しかし、日本の田舎生活では、比較的に広い土地が使えるから水や食糧の調達が都会より容易であり、住む場所の選択も都会よりしやすいから、氾濫しやすい河川の近くや、土砂崩れの危険がある土地を避ければ、都会よりは安全な生活が可能だと考えるのである。「しかし、仕事がない!」と読者は言うかもしれない。が、この現象は「都会型の生活が進歩である」という従来からの通念の産物だ、と私は思う。通念は、変えることができるのである。 
 
 この件については、現在の生長の家の運動とも大きく関係しているから、いつか稿を改めて書きたいと思っている。 
 
 谷口 雅宣

|

« 今こそ「対立から調和へ」の運動を | トップページ | 北海道大地震で考える »

国際関係・国際政治」カテゴリの記事

地球環境問題」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

合掌ありがとうございます。
私が環境問題に真剣に取り組み始めたのは平成14年でした。この時、すでに地球環境が待ったなしの危機的な状態でした。勉強を進める中で、もっと早くから待ったなしの状況であったとわかりました。それを知ったときに、それなのになぜ、ほとんど何も対策が取られていないのか不思議でした。
だけど、今からすればいい、と思って活動を続けてきましたが、それからも環境の対策が進んだようには思えませんでした。
もはや手遅れだなと未来が暗く思えましたが、私たち知っている者で地球に良いことをするしかないな、と思い直して環境活動を続けています。
未来がどうなるのかわかりません。良い結果が見えなくても、地球に良い生き方をしたい、そんな気持ちでした。
今、このブログを読ませていただき、『やっと前者を選んで解決の方向に向かうことになる、と。』のところでホッとした気持ちになりました。
諦めずに、環境活動を続けていきたいと思いました。

投稿: 水野奈美 | 2018年7月10日 (火) 21時20分

合掌総裁のブログをよみました!まとまらない心が纏まってきました。絶体、温暖化の影響なのに何でTVではハッキリ言わないのか?!と、不思議に思います。生長の家の生き方を皆に伝えていきたいです。もっともっと、人に伝える分かりやすい言葉を勉強します。静岡(津田寿美)

投稿: 津田寿美 | 2018年7月11日 (水) 10時06分

合掌 総裁先生のブログ拝読致しました。最近の気象は異常であり総裁先生が何十年かけて講習会においてもご教示してくださった現象であります。二年前にテレビ放送、「地球はもう後戻りできない」。と。これから私たちはどう生きればよいのか?と自問自答。地球に、自然界に配慮したに正しい生き方をしつつ日時計主義によって行じると言う生き方しかありません。地球規模での実践は50~60代から始めておりますが近年はより広く「物ものに非ず、」神様の命としていての思いの生活実践です。島根教区の新聞「大和島根」には今回の唐松模様が紹介されました。一人でも多くの人々に確実な文章で知って頂くためお伝えしてまいります。 再拝 足立冨代拝

投稿: 足立冨代 | 2018年7月31日 (火) 10時39分

合掌、ありがとうございます。
総裁先生のこうした投稿と、生長の家の運動に賛同し、感謝申し上げます。
ここのところ、立て続けての自然災害。先日の台風21号も25年に一度とのこと。実際には、それ以上だったと聞きました。現実には、環境破壊をストップするために、私達に出来ることはなんだろうと考えて、自分なりに努力はしているのですが、現状を見て、どうしたら良いのかと、途方にくれてしまいます。
総裁先生の書かれているように、政治も利害関係の中で、中々前に進められないのが現実で、政治だけでなく、皆が、今の生活を心地よくしていきたいという思いから、中々離れられないのが現実だと思います。そのために、生長の家を離れていく方もいるのかもしれないと思うと悲しいです。

実際には、温暖化が進む中、高齢者や小さい子どものいる家庭では、クーラーの温度を控えることは出来ても、使わないとまでは、脱水症をおこしかねず、命にかかわるとなると使わずにはいられないという悪循環になってしまい、お店など商売をしている人にとっても、客離れの原因となると、自分が生活が出来なくなってしまうので、やはりクーラーを使うことになる。自然破壊をしない生活をするためには、リスクが多く、中々浸透するに至らないのが現実ではないかと思います。
けれども、今、そんな生活を続けていたら、取り返しのつかないことになってしまう。
この危機的状況を、総裁先生の発信して下さっている現実を、多くの人に伝えていくことが、一番の得策なのでしょうか?

投稿: 梶山和美 | 2018年9月 8日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今こそ「対立から調和へ」の運動を | トップページ | 北海道大地震で考える »