« 一個の肉体 | トップページ | 真理を生活に表そう »

2016年3月11日 (金)

原発と決別し「大調和の神示」の教えを生きよう

 今日は午前10時から、山梨県北杜市の生長の家“森の中のオフィス”のイベントホールで、「神・自然・人間の大調和祈念祭」が行われた。同ホールでの参加者は、オフィスに勤務する職員だけだったが、祈念祭の様子はインターネットを通じて全世界に放映された。私は同祭の最後に概略、以下のような挨拶を行った-- 
 
-------------------------------- 
 皆さん、本日は「神・自然・人間の大調和祈念祭」にお集まりくださり、有難うございます。この御祭は、2011年3月11日に起きた東日本大震災と福島県の原子力発電所の事故をきっかけにして、新しく設けられた重要な御祭です。その意義については、すでに多くの方はご存じと思いますが、この場で改めて確認させてください。 
 
 先ほどは「黙祷」のあとで聖歌『水と森の歌』を皆さんと一緒に歌いましたが、この歌の歌詞を読むと、自然界のすべてのものは「ありがたい」と讃嘆する内容であることが分かります。特に強調されているのは、タイトルにある「水」と「森」の恩恵についてです。普通の考え方では、台風やハリケーン、大雨などは、人間の生活の障害になるから迷惑だと嫌われて当たり前ですが、作者の谷口清超先生は、もっと広い視点から、こう歌われている-- 
 
 大いなる 日のちから 
 限りなく照り むら雲となり 
 台風や ハリケーン  
 大雨となり 大河となりて 
 果てしなく どこまでも  
 水は流れて やむことなきか 
 ありがたきかな 
 
 つまり、ここには、太陽の温める力で地球の表面の大気に対流が起こり、それが一定の条件下では、台風やハリケーンとなる、という科学的な分析が入っています。それだけでなく、台風やハリケーンがもたらす大雨は、大河のように陸を流れて海へ入る。この水の流れが途絶えることがないのは、ありがたいことだと感謝の気持を述べています。「台風やハリケーンもありがたい水の流れの一つだ」ということで、これはなかなか簡単に言えることではない。テレビで気象予報士がそんなことを言えば、視聴者からきっと非難の電話がかかてくるでしょう。なぜなら、台風の被害に遭う人にとっては、台風は“悪”としてしか感じられないからです。それを「ありがたい」とは、トンデモないというわけです。しかし、生長の家は、そんな現象の表面的な姿に一喜一憂せず、背後にある神の御心--実相--を直視して本当のことを言うのです。 
 
 この聖歌のあとで、私たちは「四無量心を行ずる神想観」を実修しました。この神想観のポイントは、「すべての衆生」--つまり、人間や一部の動物--だけでなく、「地球のすべての生命と鉱物の一切」に対して--つまり、植物や菌類や石ころも含めた自然界全体に対して、慈悲喜捨の心を起こすことでした。これもなかなか普通の人はしないことです。私たち人間は普通、自分の好みを優先して、人を差別的に扱うことはもちろん、同じ哺乳動物であっても、イヌやネコをそれこそ“ネコかわいがり”する一方で、ブタやウシは残酷な飼い方をして殺し、舌鼓を打って食べます。こういう自己中心的で、自分の嗜好を中心にした執着心を野放しにしたまま、さらにはそれを経済発展の原動力として称揚しているのでは、人間と自然との調和を実現することは難しいでしょう。 
 
 そのことは、神想観の次に朗読された「自然と人間の大調和を観ずる祈り」の中にも、はっきり書かれていました-- 
 
“その実相を見ず、「個」が実在であり、世界の中心であると見るのは迷妄である。「個人の損得」を中心にすえるとき、人間は自然との大調和を見失うのである。自然界に不足を見出し、自然界を障害と見なし、自然界を自己の支配下に置こうとして、自然界の機構を自己目的に改変し利用することは、愚かなことである。自然の一部を敵視して破壊することは、恥ずべきことである。” 
 
 この一節は、私たちの現在の文明のことを批判しているのです。肉体的な個人を世界の中心に置いて、その個人が自然界からどれだけ快楽を得ることができるかで、ものの価値を決めようとする傾向が強い。私は今、個人の考え方だけを言っているのではなく、社会全体がそういう動きをしていて、それを“善”だと考えている点を問題にしているのです。都市とか都会というものは、人間が「自然界を障害と見なし、自然界を自己の支配下に置こうとして」建設されたものです。だから、森林を伐採して道路を通し、“害虫”や“害獣”は死滅させて、鉄筋コンクリートのビルを建てるのです。この考え方を徹底させていくと、原子力発電所の建設と、放射性物質の大量生産に結びつく、と私は考えます。 
 
 私は、生長の家講習会ではいつも、この“森の中のオフィス”の紹介ビデオを上映するのですが、その中では、5年前の3月11日を経験して、生長の家はその時、設計を進めていた「オフィスの建設計画を大幅に変更した」というナレーションが流れます。何のことか分かりますね? そうです。それは、当初、東京電力との電力の売買によって“炭素ゼロ”を目指していたものを、この時から考えを変えて、東京電力から電気をもらわないでも“炭素ゼロ”を実現する--つまり、電力自給を目指す方向に切り替えたのであります。その理由は、「原発によるエネルギーを使うべきでない」という判断があったからです。 
 
 原発の利用は、なぜいけないのでしょうか? それは、原子力発電という技術の基本にあるものの考え方が、「自然と人間の大調和」という私たちの運動の目的に反するからです。もっと言えば、生長の家の最も重要な神示である「大調和の神示」の教えに反するからです。どうしてそう言えるでしょう? それは、大量の放射性物質を排出せずに、原子力発電を行うことはできないからです。この放射性物資は、人間のみならず、すべての生物の設計図であるDNAを破壊することがよく知られています。にもかかわらず、そういう危険物質を大量生産してでも、人間にだけ有益な結果がもたらせると信じることは、事実上、「自然と人間の利害は相反する」と信じていることになる。その考え方は「大調和の神示」の否定であり、「神・自然・人間の大調和」の否定です。 
 
 『ニューヨークタイムズ』国際版に、3月7日付で、イギリスのオックスフォード大学で核エネルギーと環境学の研究をしているピーター・ウィン・カービー(Peter Wynn Kirby)という人が、福島第一原発の事故後の処理について論説を書いていました。それによると、福島県ではこれまで、政府による放射能除染のための大規模な作業が行われてきたが、削り取った表土などの汚染物質の廃棄場所と処理方法が決まっておらず、決まる見込みもたっていないと言っています。 
 
 カービー氏は、この「除染」という言葉は誤解を招きやすく、その作業は簡単に言えば“間違い”だと批判しています。福島県で実際に起こっていることは、「除染」ではなく、「汚染の移動(transcontamination)」だというのです。つまり、汚染物質はいったん集められ、袋に入れられてから、県内のある場所から他の場所に移され、さらに別の場所に移動されている、それだけだという意味です。いわゆる“仮仮置き場”から“仮置き場”へ移されている。環境省の職員によると、最高で3千万トンの汚染土壌は結局、福島第一原発の近くに設けられた、さらにもう一段階上の第3レベルの中間処理施設に収められるだろうといいます。しかし、その施設の建設は、地主から用地買収の同意が得られていないため、まだほとんど行われていないそうです。だから現在、汚染土壌などは、風呂の浴槽ぐらいの大きさの袋に詰められたまま、福島県内のあちこちに--道路脇や耕作放棄地などに放置されたままだといいます。昨年の10月半ば、富岡町では40個ぐらいの袋詰めの汚染土壌が小さな墓地の端に置かれていて、雑草に覆われているのを、カービー氏は見たそうです。 
 
 この袋は3年が寿命なので、定期的に詰め直す必要がある。そしてこの袋は、そこから出る放射線量にしたがって置き場を移動させられます。昨秋までには、1トンの袋にして900万個分の汚染廃棄物が出ていました。トラック1台に積めるのは10袋ぐらいですから、これらの汚染物質は、ゆっくりと福島県内を定期的に循環していることになります。カービー氏によると、放射性物質から現実的、また経済合理的に放射線を出させなくする方法は、ありません。だから、汚染土壌などは、取り除かれ、他のものから分離され、自然に崩壊するのを待つしかありません。ということは、そこから出る放射能の扱いには、基本的に2つの選択肢しかない--①汚染地域の放射線量が自然に減るのを待つ、②汚染物質を隔離する--です。 
 
 人口密度の高い日本では、福島県のような広大な土地を放棄するわけにはいかないでしょう。だから、最初の選択肢はありません。すると、汚染物質を除去して隔離しなければならないのですが、汚染物質を恒久的に安全に貯蔵しておく施設はまだ存在しないのです。そこで日本の政策決定者たちは、汚染物質を順繰りに県内を移動させていく方法を採用しているのです。しかしこれは時間稼ぎに過ぎず、首尾一貫した処理方針とは言えません。 
 
 こう述べた後、カービー氏は、2つの方法を提言しています。1つは、日本政府が汚染物質の最終貯蔵施設を作る地域を半ば強制的に決定するか、2番目は、福島第一原発跡の立入禁止地域を、巨大な汚染物質のごみ捨て場として、永久的に使う決定をすることです。 
 
 福島第一原発だけでも、これほどの問題があるのですが、原子力発電所からは、どんな原発も、稼働していれば常に大量の放射性廃棄物が出ます。そして、その処分についても同じ困難があるのです。日本は、人口に比べて土地が狭く、また、火山の噴火や地震が頻繁に起こる不安定な地殻の上にあります。そんなところには、将来にわたって絶対安全に放射性廃棄物を貯蔵することなど不可能です。 
 
 ということは、原子力発電を日本のエネルギー政策の中に組み入れる決定は間違いなのです。これは、核エネルギーの専門家が、科学的、技術的見地から言っていることですが、私たちはそれ以上に、「神・自然・人間の大調和」が実相世界の構図であるとの信仰上の観点からも、原子力発電という技術からの決別を声を大にして訴えなければなりません。 
 
 この“森の中のオフィス”は、それを理論や信仰告白として宣言するだけでなく、実生活上にも具体的に実践することを意図し、今日、見事に実現させていると言えます。どうか皆さん、人類が文明的な岐路に立つこの時代にあって、多くの人々に私たちの信仰と考え方を伝え、また私たちの実生活においても、「神・自然・人間の大調和」の実現に向かってライフスタイルを開発し、勇気をもって実践していこうではありませんか。 
 
 それでは、これをもって私の挨拶といたします。ご清聴、ありがとうございました。 
 
 谷口 雅宣

|

« 一個の肉体 | トップページ | 真理を生活に表そう »

地球環境問題」カテゴリの記事

宗教・哲学」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

合掌 御指導ありがとうございます、☀先生のお話を聴いてこれからの日本列島どうなるんだろう!?日本人どうなるのか?心配するより、兎に角、私に出来ることは人びとに、生長の家を伝え先生が教えてくださったことを覚えて知り合いに伝えていきます!ボヤポヤしてはいられませんね。それ神想観を行じ、毎日伝道に励みます。再拝、静岡教区津田寿美

投稿: 津田寿美 | 2016年3月18日 (金) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一個の肉体 | トップページ | 真理を生活に表そう »