« 人間と樹木 | トップページ | 肉体は神性表現の道具なり »

2014年9月 8日 (月)

天女山ヒルクライム

 日本全国の生長の家教化部や道場などにはすでに通知されているが、今年の10月下旬には、山梨県北杜市の生長の家“森の中のオフィス”を中心とした地域で、「自然の恵みフェスタ 2014」という行事が行われる。
 
  これは、簡単に言えば秋の収穫祭である。ただし、作物の収穫だけでなく、芸術的収穫なども含んだ一種の文化祭のようなものになる予定だ。この時期には、次年度の生長の家の運動を決める重要会議が予定されているため、全国の教化部長が当地に集まる。その機会をねらって、文化的行事を開催しようというわけだ。ちょうど10月28日は、前生長の家総裁、谷口清超先生の年祭に当たるため、清超先生の御遺徳を偲びつつ、ご生前に撮影された写真の展示会や地元の音楽家が参加する音楽会も開かれる。これらの“芸術系”のイベントは、国際本部が東京にあった時代にも「生光展」やチャリティーコンサートの形で行われてきたが、開催日はバラバラで必ずしも統一性がなかった。それを今回初めて一時期に集めて開催することで、“生長の家の文化祭”のようなものとなる。さらに今回は、生長の家の行事としては異例と思われるスポーツ・イベントも行われる予定だ。これは「天女山ヒルクライム」という自転車競技で、オフィスの近くにある天女山(標高1,529m)の山頂まで上るタイムを競うものだ。
 
 なぜスポーツ・イベントか?--という疑問を抱く読者もいると思うので、少し説明しよう。
 
 「自然の恵みフェスタ 2014」という行事は、以下の4つの目的で行われる--
 ①私たちの肉体を含めた自然の恵みを実感しつつ、豊かな環境と
  農作物の収穫を神様に感謝する。
 ②地域の人々などとの交流を通じて、日頃の感謝の気持を表す。
 ③生長の家が推奨するノーミート料理の意義とレシピを伝える。
 ④調理に炭や枝を利用するなどして生長の家の環境保全活動の一
  端を紹介する。
 
 これらのうち①が、スポーツと関係するものだ。ここにある「肉体も自然の恵みの一部」という考え方には、馴染みのない人がいるかもしれない。しかし、自然の恵みである農産物をいかに美味しく作っても、それを食べる肉体がなければ、「恵み」を体験することはできない。言い換えれば、私たちにとって農産物が恵みであるためには、肉体が必要なのである。当たり前といえば当たり前のことだが、普段はあまり意識しない事実である。生長の家では「肉体はナイ」と説くことがあるが、この教えを誤って理解する人もいる。それは、「肉体はナイ」のだから、肉体の健不健にこだわることなく、暴飲暴食をしたり、喫煙にふけり、睡眠時間を極端に削り、あるいは不規則でいい加減な食事をすることも、人類光明化運動のためには一向差し支えないと考える場合だ。このような考えは、「生長の家の食事」という神示を読めば、まったくの誤りであることが了解される。そこには、「食事は、自己に宿る神に供え物を献ずる最も厳粛な儀式である」と明記されているからだ。
 
 この「自己に宿る神」が活躍するための最も重要な“道具”が、肉体である。これを清浄健全に保つことは、だから私たち信仰者の義務であると言っていい。それは、「肉体の欲望に身を任せる」ことではない。この違いは、とても重要だ。「自己に宿る神」とは欲望のことではない。欲望は、1つのものが満たされたら次のものを要求し、次のものが満たされたら、さらにその次を要求するというように、際限なく“他から奪う”感情である。これに身を任せて食事をすれば、肉体は肥満し、成人病となり、うまく機能しなくなる。これに身を任せてセックスをすれば、体力は弱まり、人間関係は破壊され、反社会的と見なされる。では、肉体に属する欲望をできるだけ抑制し、無欲禁欲を目標として生きるべきかというと、それでは肉体は衰弱し、学習能力は低下し、子孫は生まれない。つまり、「自己に宿る神」は、私たちの肉体を通して活躍できなくなるのである。
 
 では、どうすればいいのか? これについては、『大自然讃歌』が明確な指針を与えてくれる--
 
 欲望は
 肉体維持発展のための動力にして、
 生物共通の“炎”なり、
 “生命の炎”なり。
 (…中略…)
 肉体は神性表現の道具に過ぎず、
 欲望もまた神性表現の目的にかなう限り、
 神の栄光支える“生命の炎”なり。
 (…中略…)
 されば汝らよ、
 欲望の正しき制御を忘るべからず。
 欲望を
 神性表現の目的に従属させよ。
 (…中略…)
 “生命の炎”を自在に統御し、
 自己の内なる神の目的に活用せよ。
 
 スポーツの良いところは、「肉体の欲望を制御しつつその機能を拡大する」という点だ。これを実現するためには、「肉体の欲望」を超えた目標--精神的目標をもたねばならない。肉体の欲望に振り回されるのではなく、より高度な目標のために肉体を振り回すのである。そうすると不思議なことに、肉体は最初はいやいやであっても、やがてその目標に向かって自分を再組織化しはじめる。そして、さらに訓練を続けていると、肉体は精神的目標の達成に積極的に協力するようになる。つまり、神性表現の道具として正しく機能し、機能拡大さえするようになる。このことが「自然の恵み」だと私は考える。人間の肉体は自然の状態で、「使う」ことで機能を拡大する。私たちの肉体は--筋肉や血管や骨や皮膚組織、そして脳細胞も--「使わない」のではむしろ機能が低下する。そういう性質と機能を自然に与えられていることは、「自然の恵み」の重要部分である。なぜなら、それは「努力すれば向上する」という約束が、自分の肉体に組み込まれていることを意味するからだ。スポーツは、この「自然の恵み」を実感しつつ感謝することにつながる。
 
 では、なぜ自転車競技か? これは、自転車でなければならないという意味ではない。また、自転車競技であっても、都会の中の同じ場所をグルグル周回するだけでは、「自然の恵み」はあまり感じられないだろう。それよりは、高原の空気を思う存分呼吸しながら、体に風を感じ、鳥の声を聞き、紅葉・黄葉を眺め、さらには自分の肉体の小ささ、微力さを思い知る……そういう体験は、登山やトレッキング、マラソンでも可能だ。が、自転車には実用性もある。競技が終わった後は、通勤、通学、買い物、サイクリングなどに使える。それは、“炭素ゼロ”のライフスタイルの一部となる。そんなこんなの理由から、今回の「天女山ヒルクライム」の自転車競技は開催されるのである。
 
Tennyosanhillclimb2014_2 「ヒルクライム」とは hill climb という英語から来た言葉だ。「丘を登る」という意味で、その反対に「丘を下る」のは「ダウンヒル(down hill)」だ。普通の山道では、上り坂があれば必ず下り坂もある。が、今回のコースには下り坂はない。ということは、自転車に乗る楽しみの1つである「風を切って坂を下る」快感は味わえない。いや、もっと正確に言えば、その快感は、競技が終了したあとで各人が味わうことになる。これを「過酷」と思うか「後楽」と感じるかは、参加者それぞれの判断に任せよう。出発点の甲斐大泉駅(標高 1,158m)から、終着点の天女山山頂(標高 1,529m)までは4.6km で、自転車で走る距離としては大したものではない。しかし、私の試走では40分強かかっている。私の半分の年齢のO氏の試走では、35分ほどだ。時間がかかる理由は、上り坂ばかりが続くからで、参加を考えている人は覚悟しておいてほしい。これだけの時間内に、標高差で400m弱を上る。スタート地点がすでに千メートルを超えているから、平地よりも空気が薄い中でのヒルクライムである。もちろん、「競走」など意識せずに、秋の山道を楽しむつもりの人は、競技の時間は2時間とたっぷりあるので、疲れたら自転車から降りて、天女山の自然を味わいながら、自転車を押しつつゆっくりと上ってほしい。
 
 谷口 雅宣 

|

« 人間と樹木 | トップページ | 肉体は神性表現の道具なり »

スポーツ」カテゴリの記事

地球環境問題」カテゴリの記事

宗教・哲学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

生長の家総裁・谷口雅宣先生

 合掌、ありがとうございます。

 この度の「天女山ヒルクライム」に、エントリーさせて頂きました。今改めて、その意義を深くお教えくださったことに感謝申し上げます。ありがとうございます。

 私は自転車はわりと好きでしたが、北見教区に赴任させて頂いてからは、通勤には使えないと断定していました。理由は、オホーツク圏北見教区の気候にありました。冬季が長く、極寒期に至ってはマイナス二桁の気温、積雪、路面凍結、寒風、等々二輪車には不適合な日々が存在するからでした。

 当ブログで、先生が自転車通勤(ジテツー)を始められた記事を拝読しても、心は動かず、北見地方は無理、と決めつけていました。その心に変化が生じたのは、「国際教修会」で学んでいく中で、ノーミートはすでにやっていたため、他に何かできることはないか?と考え始めたときでした。

 総裁先生が、8月23日(土)に「生長の家講習会」ご指導のため、北見教区にお越しになった際、ジテツーのお話をされた時、「もしかしてこれはジテツーの機縁が熟したのか?」という思いがわき起こりました。

 その数日後、とある教化部長から、「後藤教化部長も“SNI自転車部”に入って、一緒にジテツーしませんか?」と呼びかけられました。一度ならず二度までも話が来たら、これは神様が「今起て」と、仰ってるに違いないと“SNI自転車部”に入り、自転車購入を決意した次第です。そして、今回のヒルクライムにもエントリーと相成ったわけであります。

 本日(9月8日)、ジテツー三日目の感想は、「なぜ早く決断しなかったのか?」という思いです。まだ上り坂では、心臓も肺も足も悲鳴を上げていますが、登り切った後の達成感は半端ではありません。この感じはやったものでないと分からないものです。自動車通勤や、公的機関での通勤でも得られません。電気自動車は炭素ゼロに貢献していますが、自分の肉体を使った貢献は次元が別物だと分かりました。

 実は時々軽いジョギングをしておりましたが、それでも自転車で坂を登り切った達成感は別物だと断言できます。

 しかも、そのジテツーを通じ、地球環境問題への取り組みができ、神・自然・人間の大調和した新しい文明の構築の取り組みにもなり、燃料代は節約でき、健康に繋がり、ダイエットにもつながり、交通渋滞の緩和にも繋がる等々、メリット面がこれほど大きいものはあまり知りません。ジョギングでは膝に負担がかかる側面もありますし。(極寒期とか、悪天候の日は乗らない、と気を楽にしています)

 たかがジテツー、されどジテツー。講習会前の私が別人に思えます。

 この「天女山ヒルクライム」を通じ、一人でも多くの方がジテツーの利点に目覚められることを祈ります。

 総裁先生の今回の記事に、心の奥底から感動いたしました。再拝
 2014/09/08 17:36
 北見教区 後藤 富善拝

投稿: 後藤富善 | 2014年9月 8日 (月) 17時42分

総裁先生
合掌 ありがとうございます。
自然の恵みフェスタ、わくわくする企画ですね
大自然讃歌は観世音菩薩讃歌とともに日々読じゅさせていただいております。
有り難いことでございます。
一昨日、仕事で全盲のYさんと出雲市内を歩きましたが、市内を流れる小さな川の水音、スズメの囀り、蝉の鳴き声そして、道端に咲く花をそっと触ったりしながらの行程でした。
ここが出雲の自然の中ですから、全盲の方と一緒にこのように歩けますが、もしここが、渋谷のスクランブル交差点などであれば、ハンディを抱えた方と歩く介護者は緊張で、こんな悠長な介助はしていられないのかも…と思いました。
本当に肉体というのは、正しい目的を持って使えば、どんどん私じ機能が向上するものだと日々実感します。若くして病に倒れた方おが、半年くらい寝たきりでいますと、足の筋肉が衰えて細くなりますが、その方が意欲を出し、もう1度がんばろうとリハビリをする決意をして、立ち上がりや歩行訓練をすると、筋力もあがり、本来の機能が復元してきます。すると、細くなった足もまた筋肉がついてくるものなのですね。
肉体も自然の恵みなのですね。私自身は運動は得意でなく、大変苦手ですが、自分の2倍以上の体重の男性たちを車椅子に移乗したり、入浴介助することが、ものすごい運動です。
でも、それだからこうして元気でがんばれるのだと思っております。
総裁先生のご教示にございましたように、肉体を清浄健全に保つことが、私たち信仰者の義務であり、欲望を制御し、自分の日々の行いが他の人や自然界を犠牲にしてはいないか、今一度立ち返りまして、これからも総裁先生について行かせていただきたいと思います。
      再拝 島根教区 岡田 さおり

投稿: 岡田さおり | 2014年9月 9日 (火) 17時06分

合掌 有難うございます。

秋たけなわの自然の中での「天女山のヒルクライム」の自転車競技。かねてからの希望者の申し出をも叶えた“森の中のオフィス”ならではの素晴らしい企画ですね! 各参加者が天女に逢えるのを、楽しみにしていたりして。 皆さん、夢が叶って、喜んでおられると思います。そろそろ、開幕に向けて調整に入ったりして。 参加をされない方達にとっても、心躍る秋のイベントになる事でしょう。

総裁先生のタイム、若い方に引けを取らないのが 凄い! ですね。
                    再拝

投稿: 高野洋子 | 2014年9月 9日 (火) 18時00分

 昨日は素晴らしいご指導誠にありがとうございました。

 私は今回の参加促進で大いに得る所がございました。

 と申しますのは前回大して苦労しないで殆ど電話だけで目標20を達成していたので今回も多少多寡をくくって自主目標22にしましたがそれが参加促進活動の序盤で中々確定者が上がらずかなり焦っておりました。前回は正直県外の生長の家の人を多数呼んで目標達成出来た面がありましたがそれが今回、信じられない位不都合が重なって確定確認が出来ず。
 しかし、これは自分の努力と愛で新人を誘えという神のお導きと考えを切り替え、私のテニス友達や美術仲間併せて8人の人に声を掛けました。結果的にその中で行ってくれた人は一人だけでしたがそのお陰で大部、生長の家の話しを新しい人にする事が出来ました。それもこれも講習会の参加促進で自分に目標が与えられたからだと思います。
 で、大変嬉しい事に私の息子の友達が二人も来てくれました。その友達というのは生長の家は全く初めてですが私のFB友達で私の投稿をよく見てくれていて、たまに生長の家の事も書きますのでそれで来てくれたのだと思います。

 また、今回、周囲の人に講習会を誘う為にはいきなりでは駄目で普段からこれと思う人に普及誌を使って種まきをしておかないと駄目だという事を痛感しました。

 そういう意味で今回の講習会の参加促進運動では本当に多くの事を学ばせて頂きました。

投稿: 堀 浩二 | 2014年9月15日 (月) 09時00分

合掌ありがとうございます。

私のかつての教え子に自転車好きの青年がいて、Facebookで、今でも私とつながってくれています。

その教え子に、先生の本ブログ記事を紹介したところ、早速読んでくれまして、「解釈が今の時代に対応した斬新な切り口ですね、参考になります」という大変好意的な感想を、私に伝えてきてくれました。

その教え子は普段は神社で神職を務めていますが、休日には2時間耐久レースにも出場するなど、本格的に自転車を愛している青年なので、ご文章にも共感してくれたのだと思います。

私自身も運動は大好きなのですが、片腕では、天女山からの帰りのダウンヒルに少々危険を感じますので、今回のエントリーは控えさせていただいておりますが、ジョギング等で身体を鍛えていきます。

山中 優 拝


投稿: 山中 優 | 2014年10月 5日 (日) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間と樹木 | トップページ | 肉体は神性表現の道具なり »