« 自由と不自由 (3) | トップページ | 自由と不自由 (4) »

2014年5月30日 (金)

“自然エネルギー拡大運動”が始まる

 こんな表題を使うと「今ごろ何を?」と疑問に思う読者が多いかもしれない。生長の家はもう何年も前から、全国の教化部や道場にソーラーパネルを設置して自然エネルギーの利用を促進し、信徒の皆さんが同様の措置を講じるのを支援しようと、補助金の交付もしてきたからだ。また、長崎県西海市の生長の家総本山で行われる団体参拝練成会の際は、参加者が移動時に排出する温室効果ガスを自主的に相殺する措置も、当たり前のように行われてきた。その結果、日本全体でかなりのCO2削減効果が生まれている。が、今回の決定は、それではまだ不十分だとの認識にもとづく。
 
 ご存じのように、世界全体の温室効果ガスの排出量は減少するどころか、確実に増加してきている。このことについては、今年の春の全国幹部研鑽会でも述べたように、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPPC)が危機感をもって発表した通りだ。また、世界各地で異常気象や洪水被害などがかつてない規模やパターンで起こりつつある。このことにともない、世界の穀物生産量が頭打ちになっているため、食糧価格は高値で推移している。だから、世界人口の大半を占める貧しい人々の生活は圧迫され、エジプト、タイ、ブラジルを初め世界各地で市民の抗議活動が続いている。私たちはそれらの事態を家庭で、職場で、また旅行者として、間接的に見聞したり、あるいは稀には直接体験しながら、「どうしたらいいのか?」「個人では何もできない」などと感じてないだろうか? 
 
 生長の家では、私たちが使うエネルギーの総量を減らすとともに、エネルギーの種類を地球に有害なものから、地球と生物全般にもっと調和的なものへと転換することによって、これらの悪循環を止めるか、少なくとも被害の程度を抑えることができると考えている。「地球に有害なエネルギー」とは、もちろん化石燃料や原子力のことである。また、「地球と生物全般に調和的なエネルギー」とは、再生可能で循環型の自然エネルギーである。この転換を“地下資源”から“地上資源”への転換と呼ぶこともある。生長の家が国際本部を東京から北杜市に移転したのも、そのためであることは本欄等で繰り返し述べてきた。
 
 昨秋、その移転は完了したから、国際本部の職員は今、限りなく“炭素ゼロ”に近い生活をしていると言っていいだろう。が、全国の信徒の皆さんには、そういう生活への選択肢は、現状ではあまりないのではないか? もちろん、すでにいろいろな方法で「人から奪わない」で生きる生活を工夫している人々はいるだろう。ある人は、太陽光発電パネルを自宅の屋根に上げ、電気自動車や電動式自転車をそれに組み合わせ、また家庭菜園や自転車通勤、ウォーキングなどを行うことで、できる範囲で“炭素ゼロ”に近づこうとしている人も大勢いるに違いない。が、その一方で、温暖化による異常気象が進行し、その被害が誰の目にも明らかになってきている中で、「もっと何かできないか?」と考えている人々に、より分かりやすく、利用しやすい手段を提供しようと考え、この運動は考案された。
 
 前置きがずいぶん長くなってしまったが、簡単に言うと、この運動は、生長の家で独自のメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を建設することだ。それを“自然エネルギー拡大運動”と呼ぶのは、メガソーラーができた後も、太陽光以外でも、有効で有望なエネルギーが利用できるならば、その分野にも運動を拡大する余地を残している。メガソーラーの建設のためには、京都府城陽市久世奥山の標高230mの丘の上に、約3万6千㎡の土地をすでに取得した。ここは、生長の家宇治別格本山のすぐ近くだ。今後、全国の有志の信徒の皆さんから募金していただくことで、この土地に太陽光発電パネルが敷きつめられていくことになる。募金額も「1口1万円」と比較的少額であるから、自宅の屋根にパネルを上げたり、電気自動車を購入することに躊躇していた人にも利用していただけるのではないかと思う。募金への寄付は、生長の家の組織単位でも受け付けるから、組織の大きさによって、一人の寄付額をさらに下げることもできる。そして、寄付者の氏名(組織の場合は組織名)は、発電パネルの近くの銘板に記載されることになっている。
 
 募金期間は、第一期が今年の7月1日から12月31日まで。6月中に数回にわたって説明会が開催されるので、詳しい説明はその際、国際本部の環境共生部からあると思う。読者の皆さんには、ぜひ募金に参加していただきたい。
 
 谷口 雅宣

|

« 自由と不自由 (3) | トップページ | 自由と不自由 (4) »

地球環境問題」カテゴリの記事

宗教・哲学」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

総裁先生,すばらしい取り組みです。早速募金の申し出をさせていただきます!
「東日本大震災」の被災地では,続々とメガソーラーが設置されています。おそらく地域の面積や人口に比すると世界一の太陽光発電設置率だと思います。我が家ももちろん設置しておりますから,(震災時,太陽光発電が大活躍しました。)この夏「売電」した額の「十一募金」を決意させていただきます。

投稿: 佐々木 勇治 | 2014年6月 3日 (火) 21時02分

合掌 総裁先生 いつも素晴らしいご指導ありがとうございます。今回ご提唱の“自然エネルギー拡大運動”は、自ら太陽光発電装置の設置ができない方や、設置していたり、電気自動車を利用したりしてCO2排出削減に協力しておられる方にとっても、更に何か積極的な「CO2削減」の行動がしたいという願いを叶えることのできる、素晴らしいアイディアだと思います。かつて、ある友人である信徒の方から、「生長の家で森林を購入して積極的なCO2削減をしないのか?自治体でもメガソーラー設置だけでなく、CO2取引にも積極的なところもある。CO2取引は、山の手入れを推進することを後押しして森林が蘇って来る。」という意見を投げかけられたことがあります。彼からアイディアを聞いて、私もよい考えだと思っていましたが、他にも「待っていました」という方が多いのではないでしようか。
 この取組は、その方の「思い」に合致するように感じて、その方にもお知らせして、協力していただこうと思っております。その方の「嬉しそうな顔」が浮かんできます。生長の家の「ISO14001」の認証取得が宗教界の地球環境問題の取組を引き出してきたように、この取組が“自然エネルギー拡大”を更に推進する「一石」になること必定では、と嬉しく思う1人です。私は、そんなにたくさんの献資は出来ませんが、喜んで献資をさせていただき、献資を呼びかけたいと思っております。微微力ながら、“地球の病”を救う大きな人類光明化運動・国際平和信仰運動の手伝いをさせていただけることに心から感謝させていただいております。
 当教区では、来る7月13日に、前回と同じ三刀屋文化体育館アスパル(島根県雲南市三刀屋町)をメイン会場とする全四会場で、総裁先生ご夫妻に親しくご指導賜る「生長の家講習会」が開催されます。いま、できるだけ多くの方に聴講していただくべく、全組織会員で推進活動を展開中です。ありがたいご指導を心待ちにしております。さし向きはその講習会推進活動に集中しますが、それが終わりましたら、この献資の推進をさせていただきたいと思っております。再合掌 島根教区 石田 盛喜代

投稿: 石田 盛喜代 | 2014年6月 4日 (水) 07時11分

合掌 ありがとうございます。
是非、メガソーラーの実現に貢献させて頂きたいです。
地球環境の明るい未来を信じて、募金を進めて参ります。
再拝
平峰恵利花

投稿: erica | 2014年6月 4日 (水) 12時46分

合掌 ありがとうございます。
私も「自然エネルギー拡大運動」の趣旨に賛同しますと共に、皆さんにも呼びかけ、最大限のご協力をさせていただきます。
又、6月8日の生長の家講習会には、両総裁先生のお越しを感謝と喜びいっぱいでお待ちしています。
よろしくお願いいたします。再拝

投稿: 伊藤勇司 | 2014年6月 4日 (水) 16時26分

合掌 有難うございます。自宅を建てて13年になります。その間、2回、太陽光発電パネルのシュミレーションを作ってもらい、夫婦で検討しました。諸事情により設置はかないませんでした。一つの理由は、使用済みパネルの処理について主人が疑問を持ったことがあります。しかし、IPCCの発表によって公表された報告書にあるように、温暖化防止の取り組みに待ったなしである今日、現段階で出来ることをしなければいけないという思いにいたっています。私には4人の子供がおりますが、末っ子は、まだ13歳です。破壊された環境、資源の枯渇というツケを将来の世代に残し、また、原子力によって大量の放射性廃棄物を生み出し、何万年にもわたるその管理を将来の世代に押し付けたりする事は、とても忍びないことです。東日本大震災における原発事故を考えると、使用済みパネルの処理の問題より(すでにパネルのリサイクル技術も開発されていることでしょう)、原子力にたよるほうがはるかに危険だと思います。自然あっての人類であり、その逆ではないと思います。太陽光以外でも、有効かつ有望なエネルギーの分野にもこの拡大運動が広がる余地がある事もとても画期的なことだと思います。個人の他、単位組織ということは、教区の各組織、また単位組織(支部)からも寄付が出来るという事でしょうか。自分の出来る範囲で、喜んで寄付をさせて戴きたいと存じます。このような徳積みの機会を戴き総裁先生に心から感謝申し上げます。また、7月13日のご講習会で親しくご指導戴けます事、心よりお待ち申し上げております。再拝

投稿: 柳光貴代美 | 2014年6月 5日 (木) 06時54分

生長の家総裁 谷口雅宣先生
合掌ありがとうございます。
‟自然エネルギー拡大運動”募金の実施に感謝申しあげます。
とても利用しやすい募金額をご提示いただき、個人、組織で参加できることは大変嬉しいことでございます。教区の白鳩会におきましても、炭素ゼロに貢献できるこの活動に、是非ともご協力させていただきたいと存じます。自然エネルギーへの転換に具体的にかかわれる良い機会と思わせていただきました。
 6月8日の講習会に、私たち信徒は、総裁先生、白鳩会総裁先生を心よりお待ち申し上げております。  再拝    新潟越南教区 吉岡佳子

投稿: 吉岡佳子 | 2014年6月 6日 (金) 08時31分

生長の家総裁 谷口雅宣先生
合掌ありがとうございます。

"自然エネルギー拡大運動”募金の実施に感謝申しあげます。すばらしいですね。
福井教区でも 練成会や、研修会など 時あるごとに説明させて頂き、沢山の善き理解者を 集めたいと思います(^^)//

福井は 不名誉ながら「原発銀座」と言われています。
自宅や会社では、すでに太陽光発電設備は設置させていただいていますので、ぜひこの機会に参加したいと思います。
とっても 楽しみです。
ありがとうございます♪♪

投稿: 関本恵子 | 2014年6月 8日 (日) 11時30分

総裁先生ありがとうございます。
いつも先生の大きな包容力に
感動しております。
総裁先生から握手をしていただいた
この感動忘れません。
帰りの車の中からいつまでも
手を振って下さった先生ありがとうございます。

環境問題に取り組む長岡です。
長岡のアオーレで開催できたこと
長岡の人間にとって心より
感謝申しあげます。

4月事務局長が交代する
本部の職員が1名減になる等
ピンチの状態でありましたが
ピンチをチャンスに変えようと頑張って参りました。
次回の講習会には先生の期待にかなう
講習会が実現できるよう全力で頑張ります。

また、ブログ等で総裁先生のお考えを多くの方に伝える
ことをこれからも継続して参ります。
自然エネルギー拡大の募金には協力させていただきます。
総裁先生本当にありがとうございました。

投稿: 河内 千明 | 2014年6月 9日 (月) 04時21分

生長の家総裁 谷口雅宣先生
合掌ありがとうございます。
講習会でご指導いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
ご講話、質疑応答で、大変深い内容のお話でしたが、分かりやすくご指導いただき感謝致します。原発の事、エネルギーの問題等のお話しをしていただき、当教区には柏崎刈羽原発がありますから、身近で避けては通れない問題ですので、大変勉強になりました。人間と自然が調和する生き方を実践するには、このみ教えを、多くの方々にお知らせしなければと深く思わせていただきました。この講習会のご指導を基に、三正行を怠らず、日時計主義の生き方で、教区の白鳩会の運動を展開してまいります。今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。再拝      新潟越南教区 吉岡佳子

投稿: 吉岡佳子 | 2014年6月 9日 (月) 13時32分

合掌 ありがとうございます。生長の家総裁谷口雅宣先生、何時も素晴らしいご指導ありがとうございます。この度の“自然エネルギー拡大運動”への取り組みに賛同致します。生長の家は宗教団体として初めてISO14001を取得するなど、トップランナーとして、総裁先生ご先導の下教団のみならず、信徒個人的にも温暖化防止に取り組んでまいりました。しかし世界各地で異常気象が原因とみられる災害が頻発している中、北海道では今月初旬、観測史上初めて2日連続の猛暑日を記録するなど、私たちの予想をはるかに超える出来事が起こっています。このままでは地球がどうなるのか大変心が痛みます。私は日常生活の身近なことから温暖化防止に取り組んでまいりましたが、太陽光発電の設置などには至っておりません。これで良いのかとの思いがありましので、この度の総裁先生の呼びかけを有りがたく思い、自分の出来る範囲で微力ながら協力させて頂きます。
来る7月13日(土)の講習会には総裁先生、白鳩会総裁先生より親しくご指導いただけますことを心からお待ち申し上げます。開催までの残りの期間を明るく活発に推進致します。再拝 島根教区 水津英子

投稿: 水津英子 | 2014年6月 9日 (月) 20時24分

生長の家総裁 谷口雅宣先生
合掌有り難うございます。
昨日は、講習会にご指導賜りまして、誠にありがとうございました。講習会が新潟越南教区で開催出来ましたこと感謝で一杯でございます。越南教区が浄まりました。幸福になりました。会場内は神霊天降り、神様の智慧、愛、生命が溢れ、光明燦然と輝いていました。前日は、運営委員総出で、イスを並べ、ステージをつくったり、又、後片付けと汗だくになり、無限力を最大限発揮して
全員がいのちを顕した講習会でございました。とにかく、神想観を怠ること無く、神・自然・人間の大調和の姿をあらわす運動に全力を尽くします。生長の家の大神様は、総裁先生と通しまして、今、私たちに何を為すべきかをご教授下さいました。神様の運動に参加することが最高の幸せなのだといつも自分に言い聞かせていますと共に皆様にも解って頂けるまでお伝えさせていただきます。この度は本当にありがとうございました。再拝


投稿: 伊藤勇司 | 2014年6月 9日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自由と不自由 (3) | トップページ | 自由と不自由 (4) »