« クマさんと出会ったら? (2) | トップページ | 新年のご挨拶 »

2013年12月31日 (火)

本年を振り返って

 生長の家の歴史にとって本年--平成25年(2013年)は、大きな変化のあった年だった。最大の変化は、何といっても運動の本拠地である国際本部が、東京を離れて山梨県北杜市へ移転したことだった。この変化は、“森の中のオフィス”構想としてすでに10年前から予告され、構想が煮つまる過程でしだいに具体的な計画となっていったのだが、大きなプロジェクトの例に違わず、実際の行動にいたるまでには多くの紆余曲折があった。その過程では多少の混乱もあり、また誤解や行き違いもあったかもしれない。が、それらは、今日の“森の中のオフィス”の考え方や、そこでの執務形態の基礎を固めるよい学習となった。その間、世界中にいる大部分の信徒の方々は、「これ以上、自然破壊と地球温暖化に荷担しまい」という私たちの考えと、運動の向かっている方向を支持してくださり、私たちを信頼して、運動に積極的に協力して下さったばかりでなく、この構想全体に対して多くの讃辞さえ寄せて下さった。これらのことへの私の感謝の思いは、言葉を尽くしても尽くし切れないものである。信徒の皆さん、本当にありがとうございました。
 
 私は今、雪化粧した甲斐駒ヶ岳を望む自宅の部屋で、新年を迎える準備をほぼ終えて、午後の陽を体にいっぱい浴びながらこの文章を書いている。外気温は0℃近くではあるが、遮るもののない太陽の光の放射熱は、室内では暑いと感じるほどである。窓外では時おり強い風が吹いて、周囲の森がざわめく音がわずかに聞こえるものの、そのほかには何の音もない。約1週間前に降った雪は、家の周囲や道端に盛り上げられ、除雪できなかった分は氷結して土を隠しているが、日光の暖かさのおかげで、ゆっくりと汗をかくように周囲に融け出している。この道路の氷は4~5㎝の厚さに固まっていて、明け方の寒さの中では鋭いシャベルの先でも容易に砕けなかった。が、今は私が指一本動かさなくても、陽の光の下で溶け出している。
 
「問題が氷解する」という言葉がある。氷が解けるように、疑いや疑問がすっかり晴れることだ。それが起こるためには、説明や説得の努力をしなければならないことはもちろんだが、そうしてさえもなお、疑義を唱えたり抵抗が消えない状態の中では、信ずるところのものを、陽の光のような明るい心で、ただひたすら地道に繰り返して述べ続け、また実行していくことによって、疑問や抵抗も消えていくに違いない。
 
 私は、立正佼成会の庭野日鑛会長が“森の中のオフィス”の落慶に際して祝辞を寄せてくださったことを、大変感謝している。庭野会長は、そこでこう述べていられる--
 
「経済優先、人間中心の価値観が根強い社会の中で、“これ以上望まない”という節度を保ち、人と自然の調和を目指す生き方を貫くことは、深い宗教的信念ないし現状を変革する志気とも申すべきものがなければできないことです」。
 
 私はこの素晴らしい讃辞をいただいたことで、異なる教団の間にあっても、宗教家としての信念の共通するところは多く、それを高く掲げて前進し続けることで、宗教の違い、宗派の違いにかかわらず、世界は正しい方向に発展することができるとの確信を新たにしたのだった。
 
 民主党の失政により政権を獲得した安倍晋三内閣と自民党は今、従来の経済優先、人間中心の政策を次々と復活させ、原子力発電所さえ順次再稼働していく意図を明らかにしている。一国の政治には、特に民主主義国家においては、その国の国民の大多数の意思が反映していることは否めない。しかし、「すべての国民」の意思が反映しているわけでもない。特に、大企業中心・都会中心の政治経済体制は長い間、“戦後日本”を支配してきたから、その大きな流れにもどることで「従来どおり」の生活が回復できるとの考えに傾く人々は多いだろう。ところが、日本の内外の客観情勢は、戦後日本とはあらゆる点で異なっているのである。少子・高齢化は戦後日本には存在しなかった。中国、韓国などの東アジア諸国の経済発展は、戦後日本の知らない周辺環境である。北朝鮮支配者の世代交替と核武装化も未経験の環境である。“冷戦”が消えたということは、「東側・西側」という戦後世界を支配していた考え方の枠組みが崩壊しているということで、世界各国はより柔軟な友好関係、同盟関係を構築できるということを意味している。だから、日本がどんなことをしても、アメリカとの間に戦後数十年間のような“蜜月関係”が維持されていくという保証はないのである。
 
 そんな中で独断的に、安倍首相は二十数年ぶりに靖国神社を正式参拝した。中韓両国との関係がこれでさらに難しくなることは、明らかだ。アベノミクスに好意的だったアメリカでさえ、失望と不快感を表明した。しかし、同首相は「話せばわかる」という意味のことを言うだけである。また、「どんな国でも戦没者を尊敬し、礼節を尽くすのは当たり前だ」というのは分かるが、その「戦没者」の中に、戦争を起こし、植民地政策を遂行した張本人が含まれているということを無視し続けている。そんな施設に参拝して“礼節を尽くす”という行為が、海外から見れば戦争と植民地政策を正当化していることになるという簡単な外交的論理が、この首相にはまったく理解できないか、あるいは強引に無視することで国益が増進されるという奇妙な信念をもっているように見える。
 
 日本の政治はこのように昏迷を続けているが、私たち生長の家は信仰の純粋性を守るために政治運動をやめ、政治的取引きの中に埋没しまいと決めてから久しい。政治の世界の時々の浮沈に一喜一憂することなく、「人間・神の子」真理を高く掲げ続けながら、人間社会と自然とが共存共栄する神の御国の実現に向かって、日時計主義の明るい信仰をさらに多くの人々に弘めていこうではありませんか。
 
 本年一年、皆さま方の燃えるような求道と伝道の活動に心から感謝申し上げるとともに、新たな年に於ける皆さま方のご多幸、ご健勝を、心から祈念申し上げます。よい年をお迎えください。ありがとうございました。
 
 谷口 雅宣

|

« クマさんと出会ったら? (2) | トップページ | 新年のご挨拶 »

国際関係・国際政治」カテゴリの記事

地球環境問題」カテゴリの記事

宗教・哲学」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

総裁先生,1年間ご指導ありがとうございました。
『汝,人生の楽曲を正しく味わうべし。曲の最中に完結を急ぎて声上ぐるは愚かなり。曲は必ず完結するが故に,心静かに曲の進行と転調を楽しむべし。世界の実相,必ず完全なるが故に,創造神を信じ人生の変化と多様な進展を味わうべし。』
この「観世音菩薩讃歌」の一節のように,新しい時代の到来を喜びをもって迎える新年にしたいと思います。

投稿: 佐々木(宮城教区生教会) | 2013年12月31日 (火) 19時09分

 私は安倍政権になって以降の政策には失望するばかりで、本当に日本の行き末が案じられ、暗澹たる思いになっておりますが先生の最後の御文章

>政治の世界の時々の不沈に一喜一憂することなく、「人間・神の子」真理を高く掲げ続けながら、人間社会と自然とが共存共栄する神の御国の実現に向かって、日時計主義の明るい信仰をさらに多くの人々に弘めていこうではありませんか。

 に非常に励まされ勇気を頂きました。大変有り難うございました。

投稿: 堀 浩二 | 2013年12月31日 (火) 20時28分

合掌ありがとうございます
総裁先生、今年の終わりに本当に本当に素晴らしいご教示をいただき、また私たち信徒へお礼のお言葉をいただきましたこと、ただただもったいなく恐縮いたしますとともに、本年も総裁先生に中心帰一を貫いて参りましたことに、誇りを抱きました。日本はどこへ向かおうとしているのか、安倍首相の靖国参拝は安倍さん
に、好意的だった人たちさえも、何故今この時期に?と理解に苦しむ行為でした。
でも総裁先生がおっしゃいますように、私たちは政治の動向に一喜一憂するのではなく、正しい信仰心に基づいた日々の実践でこのみおしえを大々的に広めて全世界に推し進めていくほかないと改めて思いました。
総裁先生、1つだけお願いがございます。
今日、仕事で全盲のYさんのお宅に今年最後に伺いましたが、Yさんが生長の家の日訓を新しくされており、「これが点字で書かれていたらいいのになぁ」とぽつりと言われました。
大変勝手申し上げ、失礼は重々承知ですが、もし可能であれば、点字で書かれた日訓を作っていただけましたら、視覚障害者には、この上ない光となりますが、ご検討いただけませんでしょうか。
総裁先生におかれましては森の中でお迎えの初のお正月ですね。来年も一層、総裁先生に中心帰一致しまして、今居る場所で運動を展開させていただきたいと決意を新たにいたしております。再拝 島根教区 岡田さおり

投稿: 岡田さおり | 2013年12月31日 (火) 23時49分

谷口雅宣 先生

合掌ありがとうございます。安倍首相の靖国神社正式参拝には、私も大いに考えさせられました。

そこで、谷口雅春先生の「帰還同胞を迎えて」というご文章を読み直させていただきました。『大和の国 日本』(日本教文社)の142-152頁に掲載されたご文章です。この問題を考える上で、非常に重要ではないかと考えたからです。

このご文章の中で谷口雅春先生は、事情をよく知らされずに召集されて戦地に赴いた大多数の日本の兵隊と、戦争を始めた為政者や軍閥とを、厳密に区別しておられます。

前者は自らの肉体を犠牲にして同胞のため、愛のために自らを犠牲にした尊い魂であったのに対して、後者は「戦争を計画し、大量殺人を計画して物質的な領土の面積や、資源や、富を得ようとしてついに戦争を勃発せしめた」(142-143頁)人たちでした。

靖国神社参拝問題を考える上でも、この両者を甄別(けんべつ)しておくことが極めて重要だと思われました。それに関連して、昭和天皇が靖国神社を参拝されなくなったのはA級戦犯が合祀されて以降のことだった--という事実にも、思いを馳せました次第です。

「問題が氷解する」という表現にまつわる先生のお言葉に、深く静かな感動を覚えました。私もそのお言葉を胸に進んでゆく所存です。

山中 優 拝

投稿: 山中優 | 2014年1月 5日 (日) 21時58分

安倍総理の靖国神社参拝についてですが、安倍総理は参拝時に再び戦争はしないとメッセージを出していますが、中国や韓国は共産党一党独裁や国内世論のため意図的に無視していると思います。また米国側の対応も中国から金銭で動かされている議員がいるそうですから、そういった議員が働きかけたのではないかと僕は考えます。
そういう中国や韓国の対応に、総裁先生は諸外国との友好をあげて安倍総理を批判していますが、現在の中国や韓国には泥棒に追い銭という結果にしかならないと思います。また安倍総理の態度をただ否定するのではなく、オリンピックの時のように生長の家の考えから意見を述べた方がいいと思います。
そういう点から、安倍総理に伝えるメッセージは、知恵の言葉にある「悪と戦うな、ただ善をなせ。」ということではないでしょうか?
僕も、教化部に貼られていたこの言葉に救われた経験があります。
また、現在、中国の国民は環境問題で苦しんでいます。日本政府に対して、傍観者として一喜一憂するのではなく、環境汚染対策から協力することで両国の緊張を解きほぐしてはどうかと提案してみてはどうでしょうか?

投稿: 岡本隆詞 | 2014年1月 6日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クマさんと出会ったら? (2) | トップページ | 新年のご挨拶 »