« 宗教における都市と自然 (9) | トップページ | オリンピックの東京開催をどう考えるか »

2013年8月27日 (火)

正しい事実を伝えよう

 最近、生長の家講習会で行った先の地方の幹部の人が、私が講話などで話している地球環境の悪化の問題について、こんな感想を漏らした--「一般の人は、環境問題は自分と関係がないと思っているし、大都会はともかく、地方では自然が破壊されているわけではないので、私たちのメッセージを伝えるのは難しいんです」。私はそれを聞いて、そんな要素もあるかもしれないと感じたと同時に、この人が言う「一般の人」とは、本当はご本人のことではないのだろうか、と思った。
 
 人間というものは、周囲の世界のすべてをそのままに理解するのではなく、自分に関心のあるものだけを周囲から選んで認識し、それらに自分に都合のいい解釈を加えて自分独自の世界をつくって生きている。このことは心理学でも言われているし、仏教でも「唯心所現」「三界唯心」などという言葉で説かれている。だから、「関係がない」と思っていることは、目の前にあっても意識されないのだ。また、地球環境問題とは「地球規模の環境問題」という意味だから、問題が起こっていることに都会と田舎の別はないのである。たといある人に、北海道の自然が“豊か”に見え、自然がまったく破壊されていないように見えたとしても、別の人が--とりわけ、環境意識が高く、生態系の問題に敏感な人が見れば、エゾシカの異常繁殖やヒグマの都会への出没、セイタカアワダチソウの田畑への侵食、漁場の異変などが、“危険信号”として感じられるのである。そういう“異常事態”を一般の人々が感じない状態を「是」としているかぎり、私たちの運動のメッセージを伝えることはむずかしい。だから、私たちの運動を進めるためには、「個人の生活と環境問題は関係が深い」という正しい情報を、できるだけ卑近な例を挙げて伝える努力が大切なのである。
  
 幸か不幸か、最近のニュースはそういう具体例を数多く伝えてくれている。というよりは、ニュースが伝える前に、私たち自身の頭の上から“異常気象”が降りかかってくる。今夏は、全国で異常な高温が続き、また烈しい豪雨で各地に水害が起こっている。被害に遭った人はまことに気の毒だが、これらの現象は、昔から言われている「天災」とか「災害」とは少し性質が違うもので、人間の活動が引き起こした温暖化や気候変動の結果である。だから、「人災」と呼んでもそれほどの間違いではない。被害を免れた人間は、「自分は加害者になっていないか?」と深く反省してみる必要がある。そして、自分の生活を見直して、エネルギーや資源のムダ遣いや、温暖化ガスの排出が多ければ、それらをできるだけ少なくする努力をすることが宗教を語る人間の「社会的責任」と言えるだろう。

 異常気象が自然界にどんな変化を起こしているかを、最近の新聞記事から拾ってみよう--

 8月26日の『日本経済新聞』によると、地球温暖化を受けて、農産物の産地に異変が起きている。山形県を代表するサクランボの高級品種「佐藤錦」は、今では北海道富良野市で育ち、九州や四国が主要産地だったミカンは、新潟県佐渡島から出荷されるようになった。25日の『朝日新聞』は、「海が変」と題して、北海道沖にクロマグロが大量に現れたり、沖縄でサンゴが大量に死んでいる事実を伝えている。マグロの話は“良いこと”のように聞こえるかもしれないが、マグロがいる暖水域にはサケはいない。だから、北海道で今“特産”とされる秋サケは不漁ということになる。気象庁によると、日本周辺の10海域すべてで8月中旬の海水温は平年を上回っている。特に、日本海や西日本の太平洋側など5つの海域の水温上昇は大幅で、記録がそろう1985年以降では最高の温度になっているという。その影響で、和歌山県では今が旬のイワシが獲れず、来年春先に始まるカツオ漁の行方も心配されている。
 
 秋の味覚であるサンマも、今年は様子が違うという。8月24日の『日経』によると、サンマは例年だと店頭で比較的安く手に入る時期だが、今年は出足が遅い。理由は、「海水温の上昇で日本近海に魚群が少ないほか、遠隔地への出漁も燃料費高騰で減っているためだ」という。築地市場への入荷も、今年は8月に入って「ゼロ」だった日が24日現在で3日あり、都の担当者の表現では「おかしな年」らしい。だから、市場での取引は8月下旬になっても解凍サンマが主体であり、生サンマの取引価格(高値)は1キロ当たり5千円以上に暴騰し、前年同期の約5倍になっているという。燃料費の高騰は温暖化と無関係と考えがちだが、そうでもない。今はもう穀物を原料としたバイオエタノールが普通に使われるようになっているから、トウモロコシなどの不作があれば、軽油などの化石燃料の値段にも影響を与える。石油の値段はもちろん、原油の産地である中東あたりの政治状況とも関係しているが、それだけではないのである。

 私が最近訪れた函館市では、8月中旬の海水の表面温度が平年より約3℃も高い26~27℃だったため、名物のスルメイカに被害が出た。イカは、水温が23℃を超えると死んでしまうから、捕獲したイカが漁船のいけすで死んでしまう例が急増しているという(25日『日経』)。

 沖縄のサンゴの大量死の話を書いたが、サンゴの被害は気候変動のためだけでなく、人間の開発行為によっても世界的に起こっている。8月26日の『朝日』がそれを大きく取り上げているが、フィリピンでは観光開発によって海岸の浸食が起こっているという。これは、砂浜が縮小していく現象だ。その原因が、「白化現象」というサンゴの死滅と関係があるらしい。東京工業大学の灘岡和夫教授とフィリピン大学のミゲル・フォルテス教授によると、海水温の上昇や開発行為によって、島を取り巻くサンゴが弱り、サンゴ礁が縮小して、打ち寄せる波の緩衝帯としての役目を果たせなくなったからという。沖からの波が直接砂浜をえぐり取る一方、それを補うはずのサンゴの石灰成分が不足することで砂浜は縮小するのだという。
 
 サンゴ礁は、地上の森林が果たすのと同様の役割を海中でする。つまり、多種多様な海中生物の住処となると同時に、炭素を海中に固定するのである。生物多様性の維持と大気中への二酸化炭素排出を防止する。それを破壊することで、人類が利益を得ると考えることは、大変な間違いなのだ。海からサンゴ礁が減ることは、海洋生物が減り、地球温暖化を加速させることになる。それが分かっていない人が多いうちは、海の生物資源の枯渇と気温上昇は続いていく。だから、「一般の人々」がそういう事実に関心がなく、知らないという状態を私たちが容認している限り、地球温暖化と資源の枯渇はどんどん続いていくのである。無知は悲劇につながる。「知らずに犯した罪」は「知りながら犯した罪」より大きいとも言われる。宗教の悟りの中には、「正しい事実を知る」ことも含まれるのである。
 
 谷口 雅宣
 

|

« 宗教における都市と自然 (9) | トップページ | オリンピックの東京開催をどう考えるか »

地球環境問題」カテゴリの記事

宗教・哲学」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

総裁先生 

 合掌 ありがとうございます。

‘正しい事実を伝えよう’拝読させていただきました。

「無知は悲劇につながる」 すみませんという思いが涙になりました。

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

               再合掌

投稿: 山本 順子 | 2013年8月28日 (水) 07時57分

総裁先生

合掌ありがとうございます。
8/25、函館で開催された講習会での両先生のご講話は心に染みました。特に午後の総裁先生のご講話を拝聴し、自然豊かな北海道に住む私たち自身が、今まで以上に、もっと真剣に環境問題に取り組み、尚且つ、伝えていかなければならないと痛感しました。先生がおっしゃるように新聞等で明らかに異常気象の影響がつたえられています。
自然から多大な恩恵を受けている北海道の私たちだからこそ、もっと敏感でなければならないと思います。
“「正しい事実を知る」”ことを肝に銘じ、そして行動していきます。           感謝合掌 井下昌典 

投稿: 井下昌典 | 2013年8月28日 (水) 10時07分

谷口雅宣先生

 先生の仰る通り、この方の言う一般の人というのは自分の事なのでしょうね。昨今の異常気象を見れば、深刻な環境破壊が進行しているからだと感じるはずだと思います。
 先生が10年以上前から盛んに訴えて来られた事が現在、現実化して来てます。でも生長の家はそれに即し、運動を進め、今秋には森のオフィスも本格稼働という事で誠に有り難い限りです。

PS 私が地球温暖化の話を最初にお聞きしたのは青年会全国大会の時でした。お話下さったのは清超先生です。もう22年前の事です。その時、清超先生は
「炭酸ガスが増えて来ますと地球を覆う毛布の様になって、それが温室効果で地球温暖化が進む。そうすると極地の氷が溶けます。そうすると下の地面が黒いものだからそれがより熱を集めて地球温暖化が進みます」
 とご指導下さいました。

投稿: 堀 浩二 | 2013年8月28日 (水) 12時29分

 合掌、ありがとうございます。
 いつも私たちを正しい方向にお導きいただき心より感謝申し上げます。
 昨今、「異常気象」というコトバが頻繁に使われるようになりましたが、異常なのは気象(自然)ではなく、私たち人間の心が異常(irregular)化してるのではないかと感じています。生きるための筋道を見失うと大変なことになります。そのために大事なものが宗教心であると思っています。いつも丁寧にご指導いただき本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

投稿: 永田 良造 | 2013年8月28日 (水) 21時02分

総裁先生,ありがとうございます。
『個人の生活と環境問題は関係が深いという正しい情報』
を伝えていくことは喫緊の課題であると思います。
先日,東日本大震災の津波の被災地に設置されたメガソーラーの施設を見てきました。周囲にはまだ瓦礫が積まれている野球場ほどの広さの土地に太陽光発電パネルが見事に設置されているのを見て,この地方での環境問題への取り組みは「本気」なのだということを感じました。
ちなみにこの施設が稼働すると,一般家庭約600軒の1年分の電力が賄えるそうです。ここだけでなく,東北地方では太陽光発電の設置が急速に進んでいることは,復興の加速に繋がる明るい兆しです。

投稿: 佐々木(宮城教区生教会) | 2013年8月28日 (水) 22時53分

合掌
ありがとうございます。
神様の創られた美しい地球で、神の子を表現する
べく生きている事実。ただただ感謝です。
私たちが人間神の子の生活を実践することが
いかに大切かいつもご指導戴きありがとうございます。
自然に生かされ、愛されている喜びの生活。
まさしく、私たちが三正行を生活にまで高めていく
生長の家信徒の、本気の決意が「今」必要です。
神の子として、今日も元気に頑張ります。

投稿: 河内 千明 | 2013年8月29日 (木) 08時48分

合掌ありがとうございます。
昨今の異常気象と呼ばれるものは、「天災」という不可抗力なものではなくて、元を質せば人類が何世代にも亘って積み重ねてきた業の結果であるということですね。

ここで誤解してはいけないのは、文明を発展させてきた先人たちの偉業を否定しているわけでは決してないということですよね。

例えば、フロンガスは安定したガスだから安全ということでスプレーなどに採用してきた。
しかし、オゾン層を破壊することが判った為、このガスを使用しなくなった。

このように、調べてみると判ったことがある。判ったところから習慣を改めようと呼びかけていくそこがこの運動の目指すものだと理解しております。

今後ともご指導よろしくお願いします。

再拝

投稿: 玉西邦洋 | 2013年8月30日 (金) 19時42分

合掌 環境問題は田舎も都会も地球に隔たりはなく、何処にいても大変重視していかなけば 隣国で汚染された空気も世界中にひろがるわけですから「生長の家」環境方針・基本認識に基づく考えを私たちはしっかり心してお伝えしていく 使命があるとおもっております。  島根教区は9月8日に 山梨県の北杜にあります"森の中のオフィス"に見学する機会を有難くも与えて頂きました。その帰りに隣の県に住む息子夫婦にお土産を送ったことがきっかけとなり奇しくも 生長の家が取り組んでいる環境問題を話す結果となり環境に対してもともと 興味があるので資料を印刷し、白鳩№41、いのちの環№42を送ることとなりました。神様の御心にお任せして若い者も一人でも速く環境問題に本気で取り組んでくれることを祈ってやみません。
       感謝合掌  島根教区 足立冨代

投稿: 足立冨代 | 2013年9月12日 (木) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宗教における都市と自然 (9) | トップページ | オリンピックの東京開催をどう考えるか »