« 生長の家と自然 (2) | トップページ | 生長の家と自然 (3) »

2012年10月18日 (木)

『週刊文春』を買うなかれ!

 週刊誌がいいかげんな記事を書くことは読者も十分ご存じだろうが、10月25日号の『週刊文春』で生長の家に触れた記事のデタラメさには開いた口が塞がらなかった。今朝の新聞に載った同誌の広告の見出しを読んで、同誌を買おうと考えている人がもしいたとしたら、私は「お金と時間のムダ遣いは、やめた方がいいです」とご忠告申し上げたい。では、そんなツマラナイ記事のためにお前はなぜブログを書くのか? と訊かれるならば、「事実無根のデタラメを、事実だと認めるわけにはいかないから」とお答えするほかはない。
 
 同誌の記事の大要をひと言で表現すれば、「橋下大阪市長の“日本維新の会”の東京事務所の維持費を生長の家が負担する合意ができた」ということで、全くのデタラメである。同記事は、この資金提供の理由もまことしやかに書いているが、これまた全くのデタラメである。同記事によると、その理由は、生長の家総裁である私が「政治に未練を残していても不思議はない」からだと言う。アホらしくて、反論する気にもなれない。本欄の読者なら誰でも、私が今の日本の政治に何か希望や期待をしているなどと感じていられないだろうし、いわんや「生長の家が政治活動に復帰する」などということが、いかに現実的でないかをよくご存じである。私たちは、今のグチャグチャ状態の国政に見切りをつけて、信仰によって国民一人一人の自覚を深め、“神の御心”を生活に実践し、人々にそれを伝えることを通して社会を変革していく道を、従来の方針通りに力強く進んでいくだけである。
 
 ジャーナリズム出身の私として、この記事について最も解せないことは、この完全な“ガセネタ”(根拠のない情報)を橋下氏自身が記事の中で完全に否定し、生長の家の広報担当者も否定し、生長の家と橋下氏との間に立ったとされる中田宏・前横浜市長に訊いても「全面的に否定するコメントが事務所を通じて寄せられた」と書いているにもかかわらず、強引に記事に仕立て上げて出版するという態度である。ある事象について、その関係者全員が全面否定していることを事実だとして書くことがあるならば、その記事は“おとぎ話”か“空想物語”だと呼ぶべきだと私は思う。しかし、その場合でも、実在の人物を実名で登場させるというのは、いかにも想像力が枯渇していないだろうか……。

 谷口 雅宣

|

« 生長の家と自然 (2) | トップページ | 生長の家と自然 (3) »

ニュース」カテゴリの記事

宗教・哲学」カテゴリの記事

コメント

 週刊文春という週刊誌は以前から皇室、特に雅子妃に関してひどい記事が目立ちます。本当に週刊誌というのはいい加減なものだと思います。

投稿: 堀 浩二 | 2012年10月18日 (木) 11時54分

はい。買いません。

投稿: 岡本 幸子 | 2012年10月18日 (木) 14時33分

合掌ありがとうございます

環境の勉強をしていますが、同じ事に関しても、全く意見がちがうものが沢山あります。本を買って読んでも、本当にいろいろ。正反対の内容もざらにあります。何を、どう信じるか、判断に迷う時もあります。
環境の研修で、色々研究されている方が講話をされます。しばらく前、「環境の本を読んで、みなさんは、それを100%信じますか?」と問われました。「私は、まず疑います。本当か?と。そして、自分で納得のいくまで調べます。そして事実だとわかったことを、こうしてみなさんにお話します。」といわれました。
私も、多くの方に環境の話をするので、なんでも正しいと鵜呑みにせず、確認(調べる)の大切さを思いました。
本って、信じてしまいがちですから、正しいことを書いて欲しい(書くべき)と思います。
再拝

投稿: 水野奈美 | 2012年10月18日 (木) 15時46分

中田氏はツイッターでも事実無根の発言をされてます。
別の週刊誌でも、橋下市長のトンデモナイ記事が掲載されているそうですね。
見識を疑う行動にあきれてしまいます。

事実無根が独り歩きしないように、否定すべきは否定すべきだと思います。

早速の表明ありがとうございました。

投稿: 玉西邦洋 | 2012年10月18日 (木) 16時02分

安心いたしました。
と、ともに、すばやくここでご説明くださったことに、深く感謝いたします。

投稿: 池澤素樹 | 2012年10月18日 (木) 17時31分

総裁先生,合掌ありがとうございます。
はい。そのような週刊誌は買いません!(買ったことも,読んだこともありませんが)笑ってしまうような稚拙な記事ですね。また,あの大震災以来,一部(多くの)のマスコミに不信感を募らせたのは,被災地に住む者共通の傾向でもあります。
それにしましても,総裁先生にここまで書かせるマスコミには猛省してほしいものです。
再拝

投稿: 佐々木 | 2012年10月18日 (木) 19時13分

総裁先生
合掌ありがとうございます。
素早い対応、誠にありがとうございます。
全国の多くの信徒(私も含め)が、”こんなことある筈がない!”と思いながらも、「内容ぐらいは知っておかんとなあ・・・」「実際のところは?」など、いろんな思いを巡らせていたところだと思います。
それだけに、素早く先生が対応下さったことには、誠に有難く嬉しく思いました。
感謝申し上げます。
感謝合掌!!

投稿: 長尾 康之 | 2012年10月19日 (金) 04時21分

私も、迅速に御説明・否定下さった事に感謝致しております。

投稿: 川村 正明 | 2012年10月19日 (金) 11時31分

総裁先生 ありがとうございますsun

この記事は、橋下市長ネガティブキャンペーンを行う方に巻き込まれてしまった形だったんですね。
(ネットニュースで知った時の第一印象は、『えっ(*゜0゜)まさか維新の会に生長の家信徒の方がいた関係で』という印象でした。)

総裁先生の文章でガセネタとわかり安心いたしました。


けれど怒り心頭の総裁先生の文面が、総裁先生ネガティブキャンペーンをされる方にまた、色々ツッコミをされるのでは?
といらぬ心配をしてしまいました。すみません。

投稿: 本田 親司 | 2012年10月19日 (金) 14時33分

合掌ありがとうございます!僕も週刊誌を最寄り駅近くの本屋さんで立ち読みさせて頂きましたがそんなひどいデラタメな記事だと思いました。総裁先生は生長の家の教えをいろんな人に伝えてお考えになっているだけなのに!って思いました。僕は週刊雑誌のようなものは買う金がアホらしいので買いません。買うことなかれ!ですよね!先生のブログを読んで知りました。

投稿: 辻昭 | 2012年10月20日 (土) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生長の家と自然 (2) | トップページ | 生長の家と自然 (3) »