« 北極海の氷、最小になる (2) | トップページ | 生長の家と自然 »

2012年9月30日 (日)

北海道の漁獲に異変

 生長の家講習会のために北海道の北見市に来たが、台風17号の影響で北見空港からの羽田便がすべて欠航してしまった。そこでこのブログを書く時間ができたことは、ありがたい。実は、本欄で2回にわたり「北極海の氷、最小になる」を書きながら、気になっていたことがある。それは、日本周辺の漁業への影響についてだ。このテーマで最初に書いたとき、私はそれを「海流の変化にともなう漁場の激変」という言葉で表現した。そして、このことが起こる可能性については、「科学者が研究する気候変動のモデルの中」の1つのシミュレーションとして言及した。つまり、「今後起こるかもしれない可能性の1つ」として書いたのである。しかし、北海道に来てみて、それが実際に起こりつつあるのではないかとの危惧を抱くにいたった。

 今日(9月30日)の『北海道新聞』のトップ記事の主見出しは「秋の漁 異変次々」である。脇見出しは、「道沿岸 サバ、カジキ、ボラにフグ」と「残暑で高水温 サケは振るわず」だった。つまり、すでに秋に入っているこの地では、本来ならばあまり獲れない暖水を好む種類のサカナが次々と獲れ、例年なら獲れるはずのサケの収量が減っているというのである。特に顕著なのはサバの豊漁で、同紙によると「前年にほぼゼロだった水揚げ量は27日現在、6,640トンに上り、1978年(2万2,730トン)以降最多となっている」という。このため、市場でさばききれないと判断した道まき網漁業協会(釧路)は、1日200トンまでという初の水揚げ制限に乗り出したそうだ。これに対し、本来獲れるはずの秋サケは27日現在の累計漁獲量が3万579トンに留まっているという。この量は前年とほぼ同じで、前年は記録的不漁だったから、問題は深刻だ。

 『朝日新聞』もこの問題を今日の「北海道版」で取り上げ、「秋サケを中心に扱う釧路市内の加工業者の中には、パートを臨時に休ませるなどの対応を始めたところもある」と報じている。また、日本海側の石狩湾でも秋サケの漁獲は不調で、「今年の漁獲量は前年同期比の約6割ほど」という石狩漁協の数字を伝えている。さらに、この不漁の影響で、9月22~23日に開かれた「石狩さけまつり」では、例年の目玉行事だった秋サケの即売会が中止に追い込まれたという。そして、気象庁の次のような観測データと予測を掲げている:
 
「気象庁によると、道周辺海域の9月中旬の海面水温は22.5度と平年よりも4.6度高く、過去最高を記録。水温が高い状態は8月下旬から続き、とくに釧路沖では平年より5~7度高い海域も出ている。10月以降は、次第に平年並みに下がっていく見通しという」。

 問題は、この異常高温の原因が何であるかということだが、『朝日』は29日の第2社会面に載せた記事で「太平洋高気圧の勢力が9月以降も日本の東海上で維持。海に熱が蓄積され、海水が風でかき回されにくくなった」ことが原因だとの気象庁の分析を紹介している。しかし、「その太平洋高気圧の勢力が衰えない原因は?」ということになると、たぶん不明なのだろう。気象現象は非常に複雑で、第一線の科学者はスーパーコンピューターを駆使していくつもの気象モデルを走らせるのだが、それでも予測や原因究明にいたっていない。私のような素人は、単なる“直感的”な感想を述べるしかないが、「北極海の水温が上がれば、北海道周辺は暖かくなる」という因果関係に、何も不自然なところはないと思うのだ。
 
 谷口 雅宣
 

|

« 北極海の氷、最小になる (2) | トップページ | 生長の家と自然 »

地球環境問題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 北極海の氷を取り戻すことが必要であると思います。

 また、地球温暖化が進めば、2050年頃には魚が
2割近く小型化するという予測結果をカナダや米国の研究チームが9月30日付の英国の科学雑誌に発表したということを報道でみました。

 地球温暖化防止に真剣に取り組む必要性はますます
あると思いました。

投稿: 志村 宗春 | 2012年10月 1日 (月) 08時11分

合掌ありがとうございます

北極海の水温が上がれば、北海道周辺は暖かくなる」という因果関係に、何も不自然なところはないと思うのだ。

そうですね。部屋でストーブを焚けば温かくなります。

ただ温暖化とか、環境の異変は、勉強すればするほど、全てが密接に関わりあっていることに気がつきます。
北極海の水温上昇で北海道周辺が暖かい、と一言で言うけれども、実際はそんな単純なものではない。(雅宣先生はすでにご存知であると思います)
海水の温度上昇で海水濃度が変わり、海水濃度の変化によって、海流が変わり、海流の変化によって、空気、風(偏西風とか)の流れが変わり、空気の流れの変化で、大気の動きが変わって、大雨とか、旱魃とか、極端な現象が起きている。
本当に、神様が創られたそのままの世界が、いかに調和して素晴しかったかがわかります。こんな異常気象、異常現象が起こるまで、その素晴しさに気がつかなかったかと思うと残念でなりません。
自然が、そのままで大調和している。そのままの自然が、いかに素晴らしいか。たくさんの方に気がついてもらいたい、と思います。

投稿: 水野奈美 | 2012年10月 1日 (月) 12時29分

総裁先生、ありがとうございます。

私は以前、襟裳岬付近に10年間ほど住んでいたことがあります。
この頃に航空自衛隊の先輩として知り合った方がこの地域に住んでおられ、この方のご兄弟が昆布の漁師をされています。
このご縁により毎年今頃に昆布漁が終わるの見計らって、この美味しい昆布を購入しています。
この購入の際に、この元先輩と連絡をとり「今年の昆布漁と秋鮭(あきあじ)漁は、いかがでしたか?」と伺うのが毎年恒例となっています。
昨年はどちらも漁獲高が少なかったのですが、今年は昆布が昨年並みで秋鮭が不漁とのことでした。
この時期にしては海水温が高いことが原因とみられ、鮭が産卵ために日本沿岸へ近づいてくるのが遅れているのだろうということでした。

先生が仰るとおりに、北極海の水温上昇がオホーツク海に影響し、それがさらに北海道沿岸域に影響していることが、より具体的に現実化しているのだろうと私には感じられました。

感謝礼拝

投稿: 阿部裕一 | 2012年10月 3日 (水) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北極海の氷、最小になる (2) | トップページ | 生長の家と自然 »