« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

「コトバ」について

 今日は東京・原宿の生長の家本部会館において「生長の家代表者会議」が開催され、4月から始まる新年度の運動方針理解のために、7カ国から生長の家の幹部約800人が集まってディスカッションの時がもたれた。私は会議の最後に結語のスピーチをしたが、その内容そのもの発表は別の媒体に譲るとして、本欄では話した内容を補う意味で、生長の家で使われる「コトバ」という語の意味について少し書こうと思う。

  生長の家では「言葉の力」というものを大切にすることは、多くの信徒はよく知っている。これに関連して、新約聖書の『ヨハネによる福音書』の冒頭の有名な聖句が引用されることもある。そこには、こうある--

「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。」(1:1-3)

  また、聖経『甘露の法雨』では「神」の項に「心動き出でてコトバとなれば、一切現象展開して万物成る」とも書かれている。前者は天地創造に関連した表現で、後者は実相世界の成り立ちに関するもので、とても重要視されている。このように生長の家では、言葉に重要性を与えてきたので、あまり教えを知らない初心の人々の間には、誤解が生じる余地も出てきている。それはどういう誤解かというと「書かれた言葉は絶対である」と考えることだ。また、生長の家は「文書伝道」を重視してきたため数多くの書籍が刊行されており、そこに「書かれた言葉」を尊重するのはいいが、絶対視する傾向も一部で生まれてきているようだ。

 これは別に、生長の家に限られたことではなく、宗教一般に言えることだ。ご存じのように、宗教の世界には「聖典」「経典」「教典」などと呼ばれる数々の立派な書物があり、そこに書かれた文字によって宗教上の“真理”や“教義”が示されているという考えが昔から一般的に存在している。そのため、「聖典の言葉=絶対の真理」という単純な理解で宗教の教えを捉えている人が案外多いのである。しかし、実際にそういう教典や聖典を注意して読んでみると、同じ教典の中に一見相互に矛盾した表現や用語、論理などが散見される。この現象は、仏典や聖書、イスラームの『コーラン』にも共通しており、その教典が大部であればあるほど一見した“矛盾”や“不整合”は多く見られるのである。

 このようなことが起こる理由について、私はかつて『信仰による平和の道』の中で宗教上の「原理主義」が抱える問題に関連させて述べたことがある。が、その本も発行後すでに9年がたっていて、読んでいない人や、読んでも内容を忘れてしまった人もいると思うので、この場で再確認したいのである。宗教の書物の内容に矛盾撞着したように見える言語表記が散見される理由を簡単に言えば、それは宗教が扱う主題が“この世”を超えているのに対し,我々が日常的に使う言語は“この世”のものを主たる対象にしているからだ。“この世”の道具によって“この世ならぬもの〟を表現する――これが宗教的な言語表現に与えられた困難な使命である。私はこのことを、『信仰による平和の道』では次のように書いた:

「普通我々が使う言葉は、日常的に普通に存在する事物や人、それらの関係を表現するためのものである。それに対して、宗教で取り扱う重要なことの多くは、“神”や“仏”や“霊”というような日常生活とは少し次元の違うものである。言い換えれば、普通の言葉は日常の“俗事”を表現するためのものだが、宗教は“聖事”を取り扱うのである。しかし、何によって“聖事”を取り扱うかというと、それは言葉による以外にないから、“俗を扱う道具によって聖を説明する”という一種の“離れ技”を行うのである。これが、宗教の教典や聖典の使命である。」(p. 10)

 この困難な使命を一応達成して残っているのが、世界各地、各宗教の聖典であり、教典である。だから、そういう宗教的書物に記録された音声や文字表現が「重要である」ことは言を俟たない。しかし、その重要性は、あくまでもその文章が書かれた人・時・処においてのものであり、その文章を読む人や時代や場所が変われば、重要度に変化が生じてくる可能性があるのである。そのことを考慮せずに聖典に書かれた文章を文字通りに解釈し、それを“絶対の真理”だと考えると、大きな間違いを犯すことにもつながる。この「聖典の文字通りの解釈」が宗教上の原理主義の大きな特徴であるということを、私はもう何年も前からいろいろなところで述べてきた。だから、生長の家の考えでは、「書かれた言葉は絶対である」というのは間違いなのである。

 さて、このことを理解した上で、生長の家で説かれている「コトバの力」とは何かを考えてみよう。この話は講習会でもよくしているので大方の人は、すでにご存知だ。生長の家では言葉について、普通では使わない表記をすることがある。それは、「コトバ」と片仮名3文字で表記する場合だ。この表記についても講習会ではよく話していて、仏教的な表現を借りて「身・口・意」の3つの手段を使った表現のことだと説明する。つまり、何か自分の心中にあるものを表現する場合、私たちは身体を使い(身)、あるいは口から声を出して(口)、または心の中で想念を起こすことで(意)、それをしている。もちろんこの3つの手段をすべて同時に使うこともある。ということは、「コトバの力」とは「表現力」という意味であり、さらには、我々に身口意の表現を起こさせる元になる、一定の指向性をもった心中のエネルギーのことを指しているとも言える。

 谷口雅春先生は著書の中で、これを「波動」「振動」「想念」などの言葉に置き換えて説明されている。例えば、先に触れた聖経『甘露の法雨』の一節を説明している『新講「甘露の法雨」解釈』の中には、「コトバとは想念のこと」(p. 98)とはっきり書いてあるし、『ヨハネ伝講義』には、「 天地にミチていて、事物のハジメを成しているものが言(ことば)即ち、波動であり」( p.18)と書かれている。また、『真理』第4巻青年篇には、次のように記されている--

「これは宇宙に満つる霊の振動であり、生命の活動であります。……想念の波を起すということであります。……宇宙に満つる大生命の波動が想念即ちコトバであって、それがやがて形の世界にあらわれて来るのであります。だから事物の本質とは何かというと、此のコトバでありまして、形ではないのであります。」(p.185-187)

 生長の家の教えの特徴の1つは、このような意味での「コトバの力」の重視なのである。生長の家は、発祥の初めから「文書伝道」を特徴として発展してきたが、同時に「日時計主義」というものを高く掲げてきたことはご存じの通りである。日時計主義は「朗らかに笑って生きよう!」ということだから、ここには文字による表現だけでなく、笑顔になったり、声を出して笑うことも含まれている。つまり、「身・口・意の善業をすべて動員して真理を伝える」――講師や信徒は「生活の全面を通してみ教えを伝える」――それが我々の本来の運動なのである。そういう意味からも、私たちが現在行なっている「技能と芸術的感覚を生かした誌友会」や『日時計日記』の活用、肉食の削減、さらには二酸化炭素の排出削減などの活動が、みな「コトバの力の活用」であることが理解できると思うのである。我々の運動の原点は形に現れる前の「コトバの力」の活用であるから、形にとらわれてはいけない。ある1つの形が行き詰ったならば、同じコトバを使って別の形、別の表現に向かっていけばいいのである。この点が、原理主義を標榜している信仰とは大きく異なると言えるだろう。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (2)

2012年2月18日 (土)

『次世代への決断--宗教者が“脱原発”を決めた理由』

Nextgen2 昨日、表題の私の新刊書を受け取った。昨年3月の東日本大震災の後、私がブログ「小閑雑感」などに発表してきた震災や原発関連の文章をまとめ、さらに最近の生長の家全国幹部研鑽会などでの講話を加え、最後に「序章」を書き下ろして1冊にしたものだ。386ページと分厚い本になってしまったが、信仰をもつ者が大震災後の日本と原発事故後の世界を考える際、ぜひ参考にしていただきたいメッセージを含んでいる。本欄の読者の皆さまには、とりわけご一読をお願いします。
 
 谷口 雅宣
 
 以下、本書の「はしがき」を転載するーー
-------------------------------
はしがき

 2011年も終わろうとしている師走の朝に、本書の締めくくりとしてこの文章を書いている。この年は、とてつもなく大きな出来事が続けざまに起こったとの感想をもった人は、私だけではあるまい。

 1月早々から、大方の専門家の想像を超えて、中東と北アフリカの諸国で“アラブの春”と呼ばれる“民主革命”が次々と起こり、それが現在も続いている。「民主革命」と書くと聞こえはいいが、長期独裁政権が倒れた後に民主主義にスムーズに移行することは、歴史的にもごく稀だ。だから、エジプトを始め“アラブの春”を経験した国々では、政情不安や流血が今もなお続いている。三月には東日本大震災が起こり、大津波で破壊された原子力発電所は9カ月後の今、やっと応急処置をすませたところで、最終的な修復と無害化には最長四十年かかるとされている。7月には紀伊半島を台風12号が襲い、山々の斜面で「深層崩壊」と呼ばれる深い山肌の崩壊が起こるなど、深刻な洪水被害が出た。これらの大地震や洪水など“自然災害”によるこの年の犠牲者数は、日本の近代史の記録を塗り替えるものだった。

 このあと、東南アジアのタイでも長い大雨により大洪水が発生し、多くの人命が失われたのはもちろん、世界の製品供給が大きく混乱した。12月に入ってからも、台風21号の大雨によってフィリピンが甚大な被害をこうむっている。このほか、経済の分野では、ヨーロッパの金融危機が世界の投資家を震撼させており、国際政治では北朝鮮の金正日総書記の急死で、日本を含む東アジア情勢は緊迫している。

 地震や台風などによる大きな災害は、毎年のように起こる。だから、これらを“自然災害”と考え、半ば諦めて生きることもできるかもしれない。しかし、世界人口が70億人を超え、人類のエネルギー消費量が膨大になっている現在、地球温暖化など人間の活動による自然への影響は決して無視できない。このため、世界の指導者は人間の活動に一定の制限を加えることで、将来の気候の激変とそれにともなう食糧生産への悪影響を最小限に抑える必要性には気づいているだろう。
 
 しかし、必要に気づくことと、その必要に応じた対策を実行することとは別のことである。この12月に京都議定書に続く温暖化対策を話し合った国際会議においても、恐らくすべての参加国の代表者たちは対策の「必要性」を知っていたはずだ。にもかかわらず、今後の対策をどう実施するかについて、ほとんど実質的な合意ができなかった。温室効果ガスの排出削減が必要なことを全員が認めていても、それをどう実行するかの段階で、自国の利益に固執して合意に至らなかったのである。
 
 私はここに、喫煙家がタバコをやめる必要があることを知りながら、禁煙できないでいるのと似た関係を想起する。我々はよくこれを「中毒現象」と呼ぶが、仏教では「業」という言葉で説明される。ひと言でいえば、人間は“習慣の力”に強く影響されるということだ。繰り返して行われてきたことは、将来に向かっても同一方向に繰り返される力をもつのである。特に、その方向が自分の目先の利益にかなっているように見える時、習慣の力は我々の理性を曇らせ、問題の全体像を見えなくさせてしまう。
 
 この“習慣の力”がどんなに強力であるかを、私は最近の地球温暖化交渉の報道の中で感じただけでなく、各国のエネルギー政策、とりわけ原子力発電をめぐる態度に感じている。東日本大震災による東京電力福島第1原子力発電所の事故で、早々と“脱原発”を決めた国がいくつも出たが、その一方で、原発を新たに導入したり、原発への依存度を高める動きをしている国々もある。私は本書ではっきりと「脱原発」を訴えている。これは何も日本に限定したことではなく、人類の選択として原発の利用は間違いだと考えるからだ。ところが、原発を国策として推進してきた日本政府の態度は、事故後もきわめて曖昧である。国民に向かっては“脱原発”を志向するような言い方をしていても、産業界に対しては原発の輸出を奨励するような態度を示している。これでは二重基準(ダブルスタンダード)を使っていると言われても仕方がない。

 原子力発電が抱える問題には、国境はない。このことは、福島第1原発の事故で我々は充分に知ったことではなかったか。大気も海も世界の共有物であり、それが放射能で汚染すれば人類すべてが、否、生物界全体が被害を受けるのである。そういう可能性を含むものを海外へ輸出することで、日本国民の健康や日本の国土の安全が向上するはずがないのである。しかし、12月25日付の『日本経済新聞』は次のように報じている――

「日立製作所など原子力発電プラント大手が新設計画の相次ぐ海外での事業を拡大する。日立は東南アジアで原発専門家の育成を本格化する。東芝は子会社の米ウエスチングハウス(WH)と組みブラジル進出を検討、米国には2012年初めから技術者を派遣する。福島第1原発事故の影響で国内での原発新設は当面見込めない。各社は海外シフトを加速し、事業の継続と拡大につなげる。」

 ここに名前が出ている日本企業は、もちろん政府の一部門ではない。しかし、三菱重工とともに、これらの企業は自民党の長期政権下で、国策振興のために国内で先頭に立って原発の建設を進めてきた企業であり、かつ有力な経済団体の主要メンバーである。もちろん、行政機関との関係も深い。それらの巨大企業が国内の仕事場を失ったからといって、海外へ建設をシフトしても、原発の問題が消えるはずはないのである。否、技術力や政治の安定性、国際関係の影響などから考えても、原発の問題は輸出先でより深刻化する可能性が大きい。にもかかわらず、原発推進の動きが継続しているのは、人類全体の中での“習慣の力”すなわち「業力」の強さを表している。

 業力は一種盲目的な力であるが、人間には天与の宝である「理性」というものが存在する。喫煙には中毒症状をともなうが、それを理性によって振り払い、禁煙に成功した人の数は限りがない。私は、本書の読者が、人類のいま置かれている状況を理性によって正しく理解され、原発に依存する“エネルギー中毒”の生活から遠ざかる道へと、決然として歩み出されることを願ってやまない。それが、私たちの子や孫世代のための責任ある決断だと考える。そのような道の一つとして、本書では宗教的な立場から「自然の背後に人間以上の価値を認め、自然物に四無量心を行じる生き方」を提案している。

                            2011年12月26日    著者記す

| | コメント (14)

2012年2月11日 (土)

日本建国の理想を高く掲げて

 今日は澄み切った青空のもと、午前10時から東京・原宿の生長の家本部会館ホールにて「建国記念の日祝賀式」が挙行された。国歌斉唱、聖歌「実相を観ずる歌」の合唱、そして伊勢皇大神宮・橿原神宮遙拝に続き、磯部和男・生長の家理事長の式辞があり、私はそのあと概略以下のような話をした--

--------------------------------
 今日は日本国のお誕生日である「建国記念の日」であります。日本国のお誕生日、おめでとうございます。
 
 この「建国記念日」の意義については、私はここ数年、機関誌やブログを通していろいろ述べてきましたので、ここにおられる皆さんは恐らく、もう十分ご理解いただいていると思います。しかし、まだウロ覚えの方もいると思うので、簡単に復習してみましょう。意義は大体4~5つあります。①建国記念日は記紀の神話にもとづく、②神話にもとづく建国記念日は世界では希有な例である、③神話は日本民族の“理想”や“信念”を表している、④その“理想”や“信念”は現代の日本人の中にも生きている、⑤そこから学び生活に活かすことが、現代の我々の歩む道である、ということです。
 
 最初の第一項は、明白な事実なのであまり説明の必要はないでしょう。日本の最古の古典と言われる『古事記』や『日本書紀』の中に、神武天皇の建国物語が書いてあり、そこに日付も明記されている。それにもとづいて決まったのが今日の「建国記念の日」です。ここで重要なのは、今日は「建国の日」ではなく「建国記念の日」だということです。日本国が歴史的に誕生した日は、考古学などでいろいろ研究が進んでいますが、二千年以上も前の古い時代なのでよく分かっていません。今後も判明するかどうか定かでありません。しかし、建国があったことは事実でありますから、それを記念して祝うことはまったく問題ないどころか、日本国民なら積極的にすべきことです。世界のどんな国の人々も、自国の誕生日を盛大に祝っています。日本の場合は、お隣の韓国と同じように、国の始まりが神話によるほど古いので、建国当時の事実の確定ができない。したがって、神話に書かれた建国の期日をそのまま使って、それを「記念日」として祝っているのです。それが第2項で言っている「希有な例」という意味です。建国が神話にもとづくほど古いというのは、世界でも珍しいことなので、誇るべきことでもあります。
 
 次に第3項の“理想”と“信念”という面ですが、世界の多くの民族は、「神話」と呼ばれるものをもっています。それらの神話は古くからの伝承の1つですから、文化的、宗教的、また心理学的に重要な意味をもっています。それらは、各民族の独自の側面を表していると同時に、世界の多くの神話の中には共通のパターンや特徴があります。精神分析学者のカール・ユングは、そういう神話は民族の集合的無意識を表現しているといい、また人類共通のパターンがあると唱えました。日本の神話もその例に違わず、他の国や地域にある神話と共通しているとともに、日本独自の特徴をも兼ね備えています。建国神話の中でその特徴を言えば、「国の統治者は力が強い人でも、権謀術数に長けた人でもなく、神の御心にしたがい、他の人々から尊敬され、自然界の加護を受ける、あるいは自然と調和した生き方をする人物である」ということを申し上げてきました。それが日本建国の理想だということです。
 
 4番目に指摘したのは、そういう神話に表現された国の統治者の理想像や民族の信念というものは、古代にはあったが現代は失われているというように時間の制約を受けるものではなく、現代の日本人の心の中にも生き続けているということでした。だから、5番目として、現代の我々もその日本建国の理想と民族の信念にもとづいた生き方をすべきであるということを申し上げました。そういう意味で、現在生長の家が進めている“自然と共に伸びる運動”というのは、日本建国の理想に沿った正しい運動である。そういうことも申し上げました。
 
 昨年の建国記念日には、これらの話に加えて、世界の神話にはあまり見られない、日本の神話の特徴とも言える点を1つ紹介しました。それは日本神話においては、女性は男性と同等の地位をもっているということです。その時私は「男尊女尊」という言葉を使いました。日本民族の心を表す神話の中では、男性と女性はどちらも重要な役割を与えられているのです。そのことを最も明らかに示すのは、天皇家の祖先を「太陽神」としていて、その太陽神は日本においては「天照大神」という女性であるということです。世界の主な神話の中では、太陽神は男性として描かれているのですが、日本神話ではそれが女性である。そこから国の統治者が出ることが正統だと日本人は古来、ずっと考えてきたのです。このことは、しかし日本人は男性を低く扱ってきたという意味ではありません。日本の神話の中では、男女の両性が相互にうまくバランスされて物語が展開されているのです。このことから、日本人の考え方は「男尊女尊」だと私は申し上げました。
 
 世界の多くの民族では太陽は男性として描かれてきたのに、日本では女性として描かれたということは、しかし、大昔の出来事などではなく、現在の私たちの心の中でもそう感じられているのです。これも前に申し上げた通りです。その際、実例として谷口雅春先生の著書の名前と、谷口清超先生の作詞された聖歌「日の輝くように」の歌詞を紹介しました。今日は、その時に紹介した雅春先生の著書『女は愛の太陽だ』をここへもってきました。この題名を見れば、雅春先生の心の中では「太陽」は「女性」として捉えられていたことが明らかですね。「女は愛の太陽」なのであり、男はそうではないということですから……。では、その「愛の太陽」とは何を意味するのでしょうか。そのことを今日はこの御著書から学びたいのであります。
 
 谷口雅春先生は、この御著書の中で「神の愛」とは四無量心のことだと明確に説かれています。そして、人間は神の子ですから、我々が実践すべき愛は四無量心だと言われます。つまり、愛の太陽である女性が表現すべき愛も、煩悩の愛ではなく、四無量心を旨とせよということです。愛する対象に執着して、引きずられるような愛は真の愛ではないから、女性が表現する愛も「神の愛」すなわち仏の四無量心でなければならないということです。これはもちろん、男性は四無量心を行じるなという意味ではありません。“男性の愛”とか“女性の愛”があるのではなく、神の愛--仏の四無量心があるということです。これを目標として私たちは、男性も女性も生きるべきだということです。
 
 四無量心の話は、ここ数年の講習会でも何回もしてきているので、皆さんもよくご存じと思います。「慈悲喜捨」の4つの漢字で表される愛の諸相の中でも、“高級な愛”の部類に属するものです。この4つの仏の無量の心の中で最も実践が難しいのが、4番目の「捨徳」です。これについて、谷口雅春先生は『女は愛の太陽だ』の中で、次のように説かれています--
 
「四無量心の四番目は、慈悲喜捨の最後の徳即ち捨徳である。それは、どんなに煩悩の激情が起こっていても、“我何を為すべきか”の神智の導きによって、断ち切るべきものは断ち切り、放つべきものは放ち去り、捨離すべきものは捨離するのである。それは一見冷酷に見える場合があるけれども、煩悩を勇敢に截ち切ることによって、永く続くべき煩労及び苦悩からその人が救われるのであるから、それこそが本当の仏心であり、神愛であり、聖愛であるのである。
 真の愛は叡智に導かれた愛でなければならないのである。愛は煩悩に従わず、智慧に従う。截ち断るべきものは截ち断り、捨離すべきものは捨離する。猫が猫の仔を舐めるような愛撫が必ずしも真の愛ではないのである。真の愛は峻厳なものである。それは法則の如く峻厳である。斬るべきは斬り、批つべきは批つ。しかし相手の性を知り、相手の美点を見のがすことなく、明らかに観て、褒むべき点は容赦なく称揚するのであり、それによって相手の、人性に共通なる“称められたい、認められたい、愛されたい”願いを満足せしめつつ、いやしくも、愛に狎れて、長幼の秩序を失い、尊敬すべきものを尊敬せざるような過ちを犯さしめないようにするのが本当の愛であるのである。」(pp.126-127)
 
 生長の家は今、“自然と共に伸びる”運動を推進していますが、これは「自然を愛する」と言い換えてもいいのですが、その表現だと「愛」という言葉を「執着する」ことだと誤解する人がいるので、そのような表現は使いませんでした。単に「自然を愛する」のでは、自然界の中にある、人間にとって心地よいもの、便利なもの、有益なものだけに執着し、それを自分の身近に取っておくことだと解釈する人がいて、例えば、自然界からカカオの実と砂糖と牛乳だけを採ってきて集め、それを人間だけの目的--バレンタインデーの贈物ーーにすることでも「自然を愛する」ことを意味してしまう。これを大々的にやれば、森林を破壊し、輸入のためにCO2を多く排出することになるのは、皆さんもご存じの通りです。私は今、バレンタインデーにチョコレートのプレゼントをするなと言っているのではありません。商業主義に乗せられて自然破壊に荷担するような節度のない生き方はやめよう、というのです。“義理チョコ”や“友チョコ”を大量に買ってバラ撒くのは、煩悩優先の生き方です。そういうかつての資源やエネルギーを無駄遣いする生き方から離れて、自然をそのままの状態で愛し、褒め、不必要に奪わない生き方の中に、宗教的な“神の愛”の実践がある。それを目指して生きていこうというのであります。
 
 日本建国の理想の中に「自然と調和した生き方をする」ことが含まれていると申し上げましたが、私たちは「男尊女尊」の生き方と共に自然からむやみに奪わない生活を実践し、日本建国の理想を高く掲げ、その実現に貢献していこうではありませんか。そのことが同時に、地球温暖化問題の緩和や解決につながるのです。建国記念の日に際して所感を述べさせていただきました。ご清聴、ありがとうございました。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (4)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »