« 薪ストーブのこと | トップページ | “竜蛇を定める”大切さ »

2011年12月26日 (月)

現代の“知恵の木の実”

 しばらく本欄から遠ざかっていたが、来春に出版が予定されている新刊書の原稿書きなどで余裕があまりなかった。その間、大きな出来事はいくつかあったが、本欄の主題にふさわしくないなどと考えながら、つい“筆無精”してしまった。しかし、人と自然との関係を考えさせられる話題として、ウイルスの開発に関わる最近の出来事には言及しておいた方がいいと思い、キーボードを叩いている。

 「ウイルスの開発」と言っても、コンピューター・ウイルスのことではない。本物の生きたウイルスを人間が作る話である。日本のメディアではあまり大きく取り上げられなかったが、12月22日付の『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』が第1面で報じたことだ。有名な科学誌『Science』と『Nature』に対して、アメリカ政府への諮問機関がウイルス研究の一部情報を公表しないように働きかけているらしい。学問の自由、表現の自由を重んじるアメリカ社会では、かつてないことだというのでニュースになっている。

 その記事によると、問題となっている研究は、アメリカとオランダで行われた「A(H5N1)」という鳥インフルエンザ・ウイルスの研究で、科学者たちは毒性が高く、かつ感染力がきわめて高い種類のウイルスを作成したらしい。フェレットというイタチの一種を使って作成されたインフルエンザ・ウイルスで、通常は人から人への感染は起こらないが、感染した場合、致死性はきわめて高いという。このウイルスは1997年に発見され、その後約600人が感染して半数以上が死亡した。これまでのほとんどの症例は、鳥を媒介としてアジア地域で起こっている。

 この諮問機関とは、アメリカの国家保健研究所(National Institute of Health)の傘下にある「生物安全保障のための国家科学諮問委員会」(National Science Advisory Board for Biosecurity)で、研究の結論部分は公表されるべきだが、「実験と遺伝子変異の詳しいデータは、実験を再現可能とするため公開すべきでない」としている。これに対して、『Science』誌のブルース・アルバーツ編集長は、一部の情報の公開を控える用意はあるとしつつも、「正当な理由でそれを必要とする科学者に対しては、非公開の情報も得られる制度を政府が作るならば…」との条件を付けているという。

 しかし、科学者の側も、この技術が生物兵器製造などの間違った目的に使われる危険性が現実にあることを了解している。アルバーツ博士は、「この研究でわかったのは、このウイルスをきわめて危険な状態に変化させることが比較的容易だということで、そうなると、誰も気づかないうちにエーロゾル(煤霧質)などに混入させて空気中にバラまくこともできるだろう」と言っている。この状態になれば、ウイルスは咳やクシャミによって人々に次々と感染していくことになる。

 この研究に関わっているのは、オランダのロッテルダム市にあるエラスムス医療センターと米ウィスコンシン大学のマディソン校で、双方ともアメリカのNIHから助成を受けている。研究の目的は、どのような遺伝的変化がウイルスの感染力を決めるかを突き止めることだという。それが分かれば、自然界にあるウイルスの遺伝的変異を観察して危険な大流行の兆候を事前に察知し、対策を講じたり、場合によっては治療に役立てることも可能になるからだ。

 これに対し、同諮問機関の委員であり、米陸軍の生物防衛研究所(defensive biological lab)の前所長、デービッド・フランツ博士(David R. Franz)は、今回の答申についてこう語るーー「私の懸念は、大変な損害をもたらすような知識が素人やテロリストの手に渡ったらどうなるかということです」。同博士は、「今後、我々が直面する事態に対処するための情報を、最良の、責任ある科学者だけがもつ」べきだと強調している。しかし、インターネットが発達した今日の社会で、情報の流れを規制することはなかなか難しい。事実、今回問題となっている研究でもオランダのものは、すでに今年9月にウイルス学の学会で発表されており、また研究論文も審査のために複数の科学者の手に渡っているという。

 科学的知識や技術は、人類の生存を助け、人間社会を豊かにする目的で探求される。しかし、その同じ知識や技術は、客観性をもち再現可能であるというそのことにより、悪意をもった人によって目的外の使い方をされる可能性が常に存在する。「“知恵の木の実”を食べた人間が楽園から追放される」という神話が、現在もなおリアリティーをもっているゆえんである。

谷口  雅宣

|

« 薪ストーブのこと | トップページ | “竜蛇を定める”大切さ »

国際関係・国際政治」カテゴリの記事

生物学」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

私達人類は、開発と失敗をたくさん経験してきた。そこで学んできた。人間は愚かだと思いたくない。この研究が、必ずや、良い方向に使われることを願います。

投稿: 水野 | 2011年12月27日 (火) 21時13分

谷口雅宣先生

こういった話題に触れるにつけ、私が連想するのは、旧約聖書の“知恵の木の実”の神話もさることながら、『プロメテウス』などのギリシャ悲劇の神話です。

ニーチェが『悲劇の誕生』で描いたところによると、ギリシャ悲劇を貫いている世界観においては、「人類がそのあずかりうる最高至善のものを手に入れるについては、冒瀆を犯さざるを得ない。従ってまたその結果を受け取らざるを得ない」と考えられているのですが、そこには「能動的な罪をプロメテウス的な徳と見る」という見方があり、それは「人間の罪を是認するとともに、その罪によってひき起こされた苦悩も是認するものだ」というのです…! その苦悩に雄々しく堪えるところに高貴な英雄精神の表れがあるというのが、ニーチェの主張です(山之内 靖『ニーチェとヴェーバー』未来社、50頁)。

自然界に手を加えるべく様々な科学技術を追求してやまない人間行動の奥底には、こうしたギリシャ神話で描かれている悲劇的な英雄精神を是とする考え方が潜んでいるような気がしてなりません。だとすれば、そうした潜在意識を転換し、自然界と人類との間を和解させることが、生長の家の目指す方向なのだろうと思っております。

山中優 拝

投稿: 山中優 | 2011年12月28日 (水) 11時12分

合掌有り難うございます。
以前、「人口を減らすために、世界を陰から牛耳る闇の組織がエイズウィルスを上空から撒き散らしている」という話を耳にしたことがあります。ホントかどうか判らないから聞き流していましたが、今回の記事を読ませていただき、強ちそういうこともあり得るのかもしれない、と思いました。

世界では、私たちの知らないところで人類を脅かす可能性のあることがいくらでも潜んでいることと思います。そんな中にあって今すぐ自分にできることといえば、世界平和への強烈な祈りのもと行動する、くらいしか思いつきません。「吾動けば宇宙動く」くらいの信念を持ち、祈りの力を結集すれば、世界に何らかの影響を与えられるに違いない、と信じたいです。

投稿: 前川 淳子 | 2012年1月18日 (水) 13時51分

前川さん、

>>以前、「人口を減らすために、世界を陰から牛耳る闇の組織がエイズウィルスを上空から撒き散らしている」という話を耳にしたことがあります。ホントかどうか判らないから聞き流していましたが、<<

 今回も聞き流してくださっていいと思います。そういう話は「陰謀説」という種類のもので、デタラメであることがほとんどです。私が論じているのはそういうことではなく、「善意」からも大きな間違いは起こりえるということです。陰謀説は「悪意」がなければ成り立ちません。

投稿: 谷口 | 2012年1月18日 (水) 14時11分

合掌有り難うございます。

確かに論点を見誤っていました。大変失礼しました。
善意から発したことが悪果を生むことに繋がるなんて、私はその「善意」というのが実は神様から催してくるところの善意ではないからではないか?と感じます。これが「善」なんだと信じたものが、よくよくみていくとどこかホントウでないところがあるということでは?と‥。

投稿: 前川 淳子 | 2012年1月19日 (木) 23時40分

前川さん、

>>善意から発したことが悪果を生むことに繋がるなんて、私はその「善意」というのが実は神様から催してくるところの善意ではないからではないか?と感じます。<<

 これはなかなか良い点を指摘されていますね。人間は他人に対して「良かれ」と思っていろいろなことをすることがありますが、それらをすべて「善意から発した」と言っていいかどうか……これは難しい点だと思います。「子供が喜ぶから」という理由で、母親が甘い物ばかりを子に与えていても、必ずしも良い結果は生まれません。今の世界経済は、「欲望満足は善だ」との前提のもとに動いている面が強いので、そこのところが失敗していると私は考えます。

投稿: 谷口 | 2012年1月20日 (金) 15時39分

合掌有り難うございます。

度々失礼します。
このブログにおけるやりとりは、“現代版禅問答”という感じがして仕方ありません。雅宣先生から出される公案を、読者が真剣に自分の頭で考え、その上で正しい導きを得る‥
こういうスタイルはおそらく他ではあり得ないことと思います。


パソコンや携帯というツールを通していつでもどこでも平等にどんな人にでもこのように考える機会が与えられるなんて、20年前には考えられなかったことだと思います。


20〜30代の頃は学んだ真理を咀嚼するという余裕がありませんでした(信仰から程遠い心境の時期もありましたし。)が、40代に入って少し考える余裕が出てきたように感じます。

この恩恵に感謝し、さらなるご指導を仰ぎつつ日々精進していきたいと思います。有り難うございます。


投稿: 前川 淳子 | 2012年1月22日 (日) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薪ストーブのこと | トップページ | “竜蛇を定める”大切さ »