« 森はカラマツ色 | トップページ | 難産だった「ダーバン合意」 »

2011年11月22日 (火)

すべての中に“光”はある

 今日は午前10時から、長崎県西海市にある生長の家総本山で「谷口雅春大聖師御生誕日記念式典」が厳かに執り行われた。私は祭文を奏上したほか、概略以下のような言葉を述べた:
 
----------------------
 皆さん、本日は「谷口雅春大聖師御生誕日記念式典」に大勢お集まりくださり、ありがとうございます。
 
 谷口雅春先生は昭和60年6月に満91歳で昇天されましたが、まだこの世にいらっしいましたならば、今日で118歳のご誕生日を迎えることになります。肉体はお亡くなりになってすでに四半世紀たちましたが、私たちは「400冊」とも言われるご著書によって、今でも先生のお心に接することができる。これは誠にありがたいことであります。先生の最後のご著作は『碧巌録解釈』という上下2分冊の本であります。この本の後篇の最後にある「『碧巌録』終講の辞」というのが、先生の絶筆であります。
 
 この『碧巌録解釈』の後篇に収められた第86則「人人(にんにん)光明」という公案から、今日は学びたいのであります。この「本則」の中に、「作麼生(そもさん)か是れ諸人の光明」という言葉が出てきます。これは、雲門和尚という禅宗の偉い坊さんがある日、説教壇に立って並み居る学僧の前で問いかけた言葉です--「人には皆、光明が宿っているというが、これはどうだ? 何か言うことはあるか?」と訊いたのであります。しかし、学僧たちは何も言えないでいる。そこで和尚自らがこう言った--「厨庫(づく)三門」「好事も無きに如かず」。厨房があり三門(山門)がある。寺には僧達の食事をつくる厨房があって、それは敷地の脇の目立たないところにある。これに対して三門は正面のよく見える所に、目立つように建てられる。寺院には、そのどれもが必要であるから、それぞれが自分の特長はこうで、他より自分は素晴らしいなどと主張しない方がいい--そういう意味のことを谷口雅春先生は、解説文の中で書いておられます。それを読みます。
 
「好事などといって自分の特色を自己宣伝みたいに振り回されると、鼻持ちならぬことになるから、そんな特色など無い方がましである。当り前が当り前に整っているだけでそれで、各自それぞれの個性ある光が輝いているのである。茶碗は飯を盛れば、それで茶碗相応の光を輝かしているのであり、椀は味噌汁を淹れるだけで、椀相応の光を発しているのである。別にこれらの物は光を発しようと分別擬議し工夫して光っているのではないのである。寺院でいうならば正面から参詣すれば仏殿三門があり、その背後には眠るための寝堂があり、日常生活に便するための方丈がある。これらが皆、それぞれ、その物の光である。別に光ろうとして光っているのではない。此処では“厨庫三門”とあるが、厨庫のことを日本の寺院では庫裡(くり)と称している。台所ことである。山門のように高く聳えてはいないけれども、台所があるので僧院の美味しい食事が整えられるのである」。(同書、pp. 794-795 朗読)
 
 このあと「頌」(じゅ)というのが続きます。頌とは、本則で示された真理の讃辞のようなものです。それを『碧巌録』を編纂した重顕禅師が付け加えているのです。
 
「頌に云く。自照孤明を列す。君がために一線を通ず。花謝して樹に影無し。看る時誰か見ざらん。見不見。倒まに牛に騎って仏殿に入る」。

 この「頌」に対する先生の解釈を読みます--
 
「すべての生物は皆それぞれ自己の個性ある光を備えていて、その光は他の者が模倣出来るものではないからそれを孤明というのである。各自はその孤明ある独自の光を発揮していて自己を照しているのである。自己の光を、自己が見れば、自分が列聖の一人であって、誰にも劣る者ではないとわかるのであるが、肉体の瞳をもって光を見ようと思っても、その聖(とうと)い光は肉眼には見えないのである。そして自分が尊い“神の子”であるとうことが却って見えず、肉屋にぶらさがっている牛肉の肉塊の一片のようにしか、自分には“自分の実相”が見えないのである」。

 少しとばして796ページのおしまいの方へ行きます--
 
「春が来たって桜花爛漫、夏が来たって夾竹桃が紅白の絢爛とした花をつけると、それを観賞する人は外面的な花の美のみに心を捉えられて、その樹木の幹の中を流れている“生命の流れ”を視ようとする人はいないのである。ところが、秋雨来たって花謝って散り、冬来って悉く落葉し、幹も枝も真っ裸になって、それに冬の日が照っている、どこにも影はない花のかげりも葉のかげりもない。それでも枯れた木と、枯れないで一陽来復の春が来たったときに再び爛漫とした花を咲かせようと、黙々として樹木の根幹には、種々の個性ある樹木それぞれの生命の尊い営みが行われているのである。恐らく、斯ういう時には、花爛漫の時には看なかった“樹の生命”を誰でも見ることが出来るのである」。(同書、pp.796-797)
 
 このようにして雅春大聖師の解釈を学んでみると、私たちの普段の“ものの見方”が浅薄であることがよく分かります。例えば今、総本山の境内では木々が美しく紅葉していますが、私たちはその中でもっとも目につく、紅葉が美しい木の下へ行って、写真を撮ったり絵を描いたりしがちです。しかしそれは、「人人光明」「自照孤明」の真理を忘れているのではないか? むしろ枯れたようになった木の前に立って、そこに流れる見えざる生命を見る「見不見」をすべきではないか? そういう問いかけがここにはある。皆さんも今回、この大祭と式典に参列されたのですから、このあと、ご自分で枯れたようになった木の前に立って何が見えるか、そこで心が何を感じるかを確かめてみてください。きっと新しい発見があるはずです。
 
 この記念式典では、このあと本部褒賞の授与があります。そこで表彰される方々は皆、生長の家の光明化運動に永年にわたって素晴らしい活躍をされた人たちです。生長の家本部は、それを認め、絶大な感謝の気持を込めて表彰させていただきます。それはそれで素晴らしいことです。しかし、表彰されなかった人々は素晴らしくないかといったら、決してそうではありません。「人人光明」「自照孤明」ですから、私たちが触れるすべての人々は、それぞれの個性を通した光明が輝いているのです。それが見えないのは、私たちの側に一種の“偏見”があるかもしれない。自分勝手の“色メガネ”をかけているからかもしれない。「厨庫三門」「好事も無きに如かず」です。

 これと同じことは、自然界を見るときにも言えます。私のブログの文章を集めた『小閑雑感』の19巻目が最近出ましたが、その中の「キノコ採りで考える」という文章に、自然界の3大生物群--動物、植物、菌類ーーの間の微妙で重要な関係が書いてあります。そこを紹介いたします。

「日本菌学会会長を永く務めた生物学者の今関六也氏は、生態系の中での菌類の役割について『日本のきのこ』という本の中で興味深い話を書いている。それによると、地球の生態系は、無機物でできた環境界と有機物による生物界から成っているが、キノコを含む菌類は、その中で有機物を無機物に変換する2つの重要な流れの1つを担っているという。もう1つの流れは、動物が担っているが、動物による有機物から無機物への分解能力には限りがあるので、菌類がそれを補っている。これに対して植物は、光合成を使って無機物を有機物に変換するとともに、菌類と動物とによる有機物を分解して無機物に変換する。この双方向の流れがバランスよく働いているために、生物の繁栄に必要な稀少量の無機物が無限に循環する生態系が成り立っているというのである。そして、今関氏は次のように言う--
 
“生物の出現は35億年前といわれるが、35億年の長い生命の歴史は、植物・動物・菌の共同生活によって築かれ、その永い歴史を通して生物は進化に進化を重ね、ついに人類は誕生した。人類が今日あるのは、35億年の生命の歴史のおかげであり、この歴史を築いた三つの生物群の一糸乱れぬ共同生活を続ける限り、人類の永遠?の繁栄も約束されるはずである”。」

 こういう事実を知ってみると「すべてが一体である」「自然界は神の命、仏の命の表れである」という生長の家の教えが、より深く理解されると思うのであります。私たちは、表面の派手な出来事に目を眩まされてはいけない。本当にあるものは肉眼や感覚を超えている。このことは、人と人との関係においても、人と自然との関係においても言えることです。すべての中に“光”はあるのです。私たちは雅春大聖師の教えをさらに深く学びつつ、その上に立って、現代喫緊の課題である自然と人間との調和する世界の実現に向かって、これからも勇気と信念をもって力強く進んでまいりたいと思うのであります。
 
 谷口雅春大聖師御生誕日に当たって、所感を述べさせていただきました。ご清聴、ありがとうございました。

 谷口 雅宣 

|

« 森はカラマツ色 | トップページ | 難産だった「ダーバン合意」 »

宗教・哲学」カテゴリの記事

生物学」カテゴリの記事

自然と人間」カテゴリの記事

コメント

≪表彰されなかった人々は素晴らしくないかといったら、決してそうではありません。「人人光明」「自照孤明」ですから、私たちが触れるすべての人々は、それぞれの個性を通した光明が輝いているのです。≫

≪私たちは、表面の派手な出来事に目を眩まされてはいけない。本当にあるものは肉眼や感覚を超えている。このことは、人と人との関係においても、人と自然との関係においても言えることです。すべての中に“光”はあるのです。≫

 というお言葉に感動致しました。

 勇気が湧いてきたかんじです。

 私は、現在、契約社員としてコールセンターで11月30日まで働いておりますが、その後の安定して給与を得られる仕事を探しております。

 現象的には、まだ職は得られておりませんが、

 自分の神性を見つめ、必ず職は得られるという信念でガンバリます。

投稿: 志村 宗春 | 2011年11月22日 (火) 20時39分

合掌、ありがとうございます。
大聖師谷口雅春先生のお誕生日である本日を心から寿ぎまつります。
あれからもう四半世紀が過ぎるのですね。大聖師の御心は着実に実現しつつあると私は感じております。

先日「生活科」という科目の授業で「冬をさがそう」という活動を行いました。子供たちは枯葉やミノムシ、遠くの山々の雪景色などに目を向けていましたが、私はサクラやドウダンの木の芽に注目させました。もうすでに芽が出ていて、春の準備をしているのです。植物は寒いほどその個体内に糖分をつくりだして寒さによる凍結を防ごうとします。その糖分が春の開花のときに役立つのですね。また、タンポポの葉が地面にへばりつくように広がっている「ロゼット」にも注目させました。これもまた太陽光を「全身に」受けるための植物の知恵だということを知って、子供たちは感動していました。
こんな幼い子供でも、自然の大いなる知恵に接すると、その偉大さに心を惹かれるのだということをあらためて感じました。
私たちも、もっともっと自然から学ぶことがたくさんあり、そこから光を見出す努力をしなければならないと思ったことでした。
                                              再拝

投稿: 佐々木(生教会) | 2011年11月22日 (火) 22時10分

志村さん、
 人生には上昇もあり、下降もあります。栄枯盛衰は現象世界の常態です。しかし、その背後で噴出しようとしている生命は皆、光であり、神の命です。正しい噴出の仕方が分かれば、きっと上昇に転じることでしょう。信念をもって前進してください。

佐々木さん、
 すごくいい話だと思います。タンポポのロゼットの話は、知りませんでした。一つ賢くなりました。感謝、合掌。 

投稿: 谷口 | 2011年11月22日 (火) 22時54分

記念式典、おめでとうございます

菌類がすぐそばの「木」と助け合って生きていることを数年前に知りました。お互いになくてはならない存在であると言う事を。目に見えないこんな世界まで、繋がっているのかと、驚きました。
地球上のすべてがつながって生きている、無駄なものはなにもない、と言う思いを再認識しました。そして、このバランスを崩している私達人間の行動に、もっと多くの人が気づいて欲しいと思いました。
秋のきのこのシーズンは、この話にもってこいでした。

投稿: 水野奈美 | 2011年11月23日 (水) 13時24分

合拝ありがとうございます。

いつも拝見させて頂いております。初めてコメントさせていただきます。

人も自然も、本来完全に調和して生かし合うのですね。環境問題は人がその本来の役割を実践出来ていれば無いはずなのでしょうか。それとも人も自然の一部であるならば地球環境問題や放射能汚染等々も自然現象の一つで、今まで多くの生物種がさまざまな理由で滅んでいったように、我々が活動し変化していく環境によって滅んでいくものもまた同じことではないのかな・・と思うことがあります。だからといって環境問題を肯定するわけでも、改善取り組みを止めるわけでもないのですが、ふとそんな風に考えるときがあります。

秋季大祭は奉仕員として場内係を務めさせて頂きました。22日の祭典中倒れられた方がおられましたが、意識もはっきりされていて安心しました。雅宣先生、純子先生をはじめ、場内の皆様の見守りのお力を強く感じました。

長々とコメント失礼しました。こんな駄文ですけれども読んで頂ければとっても幸せです。


投稿: 堀(別格本山勤務) | 2011年11月23日 (水) 15時48分

 谷口 雅宣先生

 合掌ありがとうございます。

 ご指導ありがとうございます。

 正しい噴出の仕方を理解し実行し・信念をもって前進することと致します。

 志村 宗春拝

投稿: 志村 宗春 | 2011年11月23日 (水) 22時14分

雅宣先生、有難うございます。本部褒賞の前にこの谷口雅春大聖師の解釈を学ばせて頂いた事を心から感謝し、また嬉しく思います。私たちはみんな生かされているんですね。生かしあっているんですね、拝みあっている、感謝しあっているんですね。それぞれの役割、使命を頂いて生かされているのですね。みんな、天地万物一切、なくてはならない尊い存在ですね。雅宣先生からこの解釈を褒賞の前に頂いて、ますます雅宣先生、生長の家の素晴らしさに心打たれました。みんなひとつにつながっているのですね。有難うございます。

投稿: 有馬真由美 | 2011年12月 7日 (水) 19時15分

( ̄▽ ̄) 合掌、ありがとうございます。碧巌録解釈の後篇に収められた第86則「人人(にんにん)光明」の解釈をして頂きありがとございました。私も有馬真由美さんのコメントと同じです。人人光明なるが故に生きとし生けるものと、拝みあって、感謝しあって,それぞれの役割、使命を大切に最善に尊敬し合ったと思えた時自分のこころも嬉しいのは、すべてが一体であるからですね。人と人との関係,人と動物との関係,人と自然との関係、全部意味深く愛深い思いが、人々の心となり人類の前向きな行動となり進化につながって行く事は常に人類光明化を意味していますね。心温まるメッセージはさすが生長の家! 再拝、東ゆきえ

投稿: 東ゆきえ | 2011年12月 8日 (木) 15時40分

合掌、ありがとうございます。
私はラクトバチルスという乳酸菌の一種を活用し、ブドウとブルーベリーを栽培していますが、その力にはすばらしいものがあり、毎年おいしい果物が出来ています。
先生の記事を読んでなるほどと納得しました。堆肥などの有機物を乳酸菌が分解し、それを果樹が吸収して有機物を生産していることがよくわかりました。生物群の一糸乱れぬ共生関係によって、永遠の繁栄がもたらされている、全てが大調和していて、光に満ち溢れているんだということを、再認識して、谷口雅春先生のお説きになった真理をさらに力強く伝道して行こうと思います。
                合掌再拝

投稿: 持田正悦 | 2011年12月29日 (木) 19時27分

持田さん、
 興味ある実例を教えてくださり、ありがとうございます。

 過日、贈ってださったブルーベリー・ジャムは、おいしくいただいています。北杜市へ移転後は、ブルーベリーも栽培したいと思っています。その節は、よろしくご教示ください。

投稿: 谷口 | 2011年12月30日 (金) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森はカラマツ色 | トップページ | 難産だった「ダーバン合意」 »