2011年9月19日

新ブログはじめました

 9月14日に本欄の“内的事情”のようなものを書き、読者からのフィードバックをお願いしたが、たくさんの貴重なご意見をいただき心から感謝します。その中に本欄、もしくは本欄に近いものを今後も継続してほしいとの意見が多かったことが、大いに励みになっている。しかし、“十年一日”はやはり私の性格に合わないので、新しい名前のもと、新しい考え方で、別のブログをはじめることにした。
 
 新ブログは「唐松模様」である。左のブログ名をクリックしてください。
 
 読者諸賢には、今後はどうか新ブログを本欄と変わらずご愛顧お願い申し上げます。なお、簡単な近況報告や“雑感”“雑談”のたぐいはフェイスブック「生長の家総裁」で継続するつもりである。こちらの方も、よろしく。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (2)

2011年9月15日

フェイスブックへの招待

 本欄で私はこれまで何回か、このアメリカのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を読者に紹介してきた。また、英語でよければ、ここに開設している私のページに登録してほしいとのお願いもした。そのおかげで現在、世界中で1200人以上の人が登録してくれている。しかし、英語でのコミュニケーションが苦手の人も多いだろうということで、このほど日本語専用の「生長の家総裁」のページを開設した。ここでは、本欄に書くような難しい議論はできるだけ避けて、私の妻のブログのような気軽な近況報告や、スナップ写真等を主体にした情報交換を行おうと思っている。本欄の継続は、前回書いたように一種の“暗礁”に乗り上げているから、その船が救出されるまででも、こちらの私のページをご愛顧いただけると有り難い。

 ただし、本欄に比べて、フェイスブックへの登録は少しだけ煩雑である点を、お赦しねがいたい。というのは、フェイスブックは“個人”を大切にするアメリカのサービスであり、そのために「実名登録」が原則であるからだ。また、SNSは個人相互のコミュニケーションのためのものだから、単に「他人の情報を読む」だけというのは基本的にできない。フェイスブックへの登録は、まず自分個人のページを作成したあと、そのページを一種の“自己紹介”の情報として示すことで、他人との関係を結ぶ。「私はこういう者ですが、あなたとお話ししたい」という感じである。この要望を「友達申請」とか「友人申請」といい、この申請を相手が承認して初めて、相互の情報交換がフルにできることになる。ただし、例外的に、この手続きを踏まないでも読み書きができるページがある。
 
 それは、有名人とか企業などの名の通った登録者が、コミュニケーションや市場調査目的で開設するページで、このページの情報を読んだり、そこへ何かを書き込みたい場合は、「いいね!」(英語モードでは「Like!」)というボタン(通常、画面の最上段左寄りにある)をクリックするだけでいい。私の「生長の家総裁」というページは、この特別の場合のものとして作ってある。しかし、その場合でも、自分のページは事前にきちんと作成しておかねばならない。その方法をすべてここでは説明できないが、まずは自分の「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、次に出てくる画面の要求にしたがって、自分自身の情報を入力していけばいい。また、自分の顔写真をケータイやデジカメで撮り、パソコン内に取り込んでおいてほしい。これを登録することが、フェイスブック(顔の本)の特徴であり、本人確認の有力手段となる。入力情報は、必須のものと任意のものがあるから、すべてを入力する必要はない。メッセージは、ほとんどすべてが日本語で表示されるから心配ない。
 
 このようにして自分のページを作成し終わったら、上記の私のページへ進み、画面上方の「いいね!」をクリックすれば、私とのコミュニケ-ションが可能になる。それだけでなく、私のページに登録したすべての人とのコミュニケーションも可能となる。それでは皆さん、フェイスブックでお会いしましょう。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (0)

2011年7月22日

フェースブックへどうぞ……

 妻のブログに、本欄の読者から私の安否を心配するコメントがあった。2週間もブログを更新していないので、健康上の問題が発生したか……と気遣ってくださったようだ。しかし、妻も書いているように、私はすこぶる元気です。ただし、ここ数日の激しい気温の変化も影響して、ややカゼ気味というのが正直なところだ。ブログを更新していない理由は、ドイツとイギリスでの行事の準備に奔走し、余裕を失っているからである。
 
 これまで本欄では、できるだけきちんとしたメッセージを書きたいと思っていたので、“軽い話題”や“つぶやき”の類いは書くのを避けていた。そして、そういうものは専らフェースブックの私のファンページに書いてきた。だから、私の動静に興味がある方はフェースブックに登録して、ファンページの「いいね」欄(日本語モードの場合)または「Like」(英語モードの場合)欄をクリックしてもらいたい。すると、“ファン”の一人となって、私のつぶやきやスナップ写真などが見れるし、コメントも書き込める。

 私は26日に日本を発つが、海外へ出た際も、フェースブックの方が気軽に書き込めるので、たぶん本欄ではなく、そちらへの書き込みが多くなると思う。フェースブックは、自分のメールアドレスとパスワードを登録すれば誰でもメンバーになれるし、世界中の人々との交流ができるから、本欄の読者にもお勧めする。私のページは、いちおう英語で書くことになっているが、ポ語の人、スペイン語の人、そして日本語の人もいる。国際色豊かなので、居ながらにして海外旅行の気分が味わえる。

 それでは、フェースブックでお会いしましょう……。
 (新規登録の方は「こちら」へ)
 
 谷口 雅宣

| | コメント (2)

2011年6月13日

太陽光で生活する (2)

Solarpanel_s  前回この題で本欄を書いてから、早いものでもう1カ月たった。その間、昨日までの段階では、この方面での進歩はLED電球を買い増したぐらいだった。が、今日は“飛躍的進歩”があった。注文していた太陽光発電パネルが届いたからだ。と言っても、屋根に搭載するあの大型のパネルではなく、ポータブル式の軽量パネルである。私が自宅屋根の太陽光パネルから“自立モード”で電気を取り出し、それを保存しておくための蓄電池を買ったことは、「太陽光でパソコンを使う」というシリーズの中ですでに書いた。この電池にためた電気は、私の主要な仕事の道具であるPCを、すべて“炭素ゼロ”化するのが当初の目的だった。そして、この目的はほぼ達成している。その上に太陽光発電パネルを買った理由は、次の2つである:
 
 ①今夏の電力不足に対応する、
 ②山荘での省エネ
 
 福島第1原発の事故の影響で、今夏首都圏では電力の15%使用削減が求められている。私の家では、夏場のエアコン使用をやめてすでに久しい。本部の私の執務室でも、来客時などを除いてエアコンはほとんど使用せず、もっぱら扇風機の世話になってきた。だから、電力の使用を削減する余地はあまり残っていない。そこで考えたのは、太陽エネルギーで扇風機を回すことだった。また、ポータブル式の太陽光パネルならば、大泉町の山荘へ行った際にも使える。山荘の日照条件は大変よいから、太陽光パネルを持ち込めば、パソコンを動かすためだけでなく、いろいろの用途に使えると考えたのである。
 
 そこで、以前紹介した蓄電池を入手した後の5月8日に、同じ注文先である太陽工房にパネルを発注した。それが、今ごろ届いたのだ。その理由は、大震災の被災地からの注文が多く、そちらを優先するというメーカー側の意図に従ったからだ。同社からは、「被災地の皆様より、弊社の生産能力を上回るご注文をお受けしたうえ、増産に伴う部品納品の遅れにより発送が遅くなり、ご不便、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません」というメールが届いた。被災地支援は望むところだから、この程度の遅延は問題ではない。
 
 さて、使用状況を報告しよう。まずパネルの大きさや重さだが、段ボール箱に入って届けられたものは、片手でつかんで楽々と持ち上げられる。重さは約2kg。思っていたより軽量だった。外寸は 420mm×594mmで、厚さはパネル部分が約5mm だから、結構コンパクトである。これに長さ3mの防水、防塵の電気出力用のケーブルがついている。その先端を、蓄電池の箱から出ている外部端子に差し込めばすぐに使える。最大出力は、30.5Wである。このパネルの値段は、消費税込みで39,800円。
 
 今日は一日中曇り空だったが、執務室のベランダの芝生の上にパネルを置いて充電した。充電中に、畜電池の100V用端子に電気スタンドを差し込んで使ってみたが、問題なく使える。しかし、さらにテレビを併用しようとしたら、それはできなかった。スタンドの21W程度の蛍光形の電球は光っているが、テレビは映像が映らない。電力不足である。テレビ単独の使用は問題ない。フル充電後に、テレビが電池だけでどのくらい使えるかを調べてみた。約20分は見られたが、その後は画面が点いたり消えたりの状態になった。執務室のテレビは、2008年製のシャープのAQUOSの「LC-20D30」で、定格消費電力は「72W」とある。自宅のテレビは「55W」だから電池だけで30分は見られるだろう。扇風機は40W台だから、長くて1時間か。しかし、昼間は発電しながらの使用だから、使用時間はもっと伸びるだろう。正確なデータは、もっと暑くなってから実際に使ってみて報告しよう。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (0)

2011年5月13日

太陽光で生活する

 本欄で書き次いでいる「太陽光でパソコンを使う」というシリーズをアップグレードする時期に来たようだ。というのは、通常のパソコン使用だけならば、太陽光のみをエネルギー源とする試みは今のところ成功しているからだ。

 読者の参考のために、この「通常使用」の様子についてまとめてみるーー

 私は朝6時半ごろから、自宅の太陽光発電装置を“自立モード”に切り替えて、自分のノートパソコンに充電する。通常の使用では、私のパソコンのリチウムイオン電池の残量は半分ほど残っている。それに朝から“太陽充電”すると、曇りの日でも約2時間でフルチャージされる。この際、補助機として使っているアイポッドタッチや通信端末(EMobile D25HW)の電池の残量が少ない場合、それらも同時に充電する。こうしてパソコン関連の機器をすべて“満タン”にして仕事場へ行く。

 仕事場では、パソコンをACアダプターにつながずに電池だけで使用し、使っていない時には、小まめに休眠モードにするか、シャットダウンする。私のパソコンでの仕事の大半は文章書きだが、雑誌やブログ用の書き下ろしの原稿は、下書きをパソコンでやらずに原稿用紙に書く。また、紙に書いている原稿が、文の挿入や削除、訂正等で読みにくくなってきたときは、それを機会にアイポッドやポメラでの入力(電子化)を始める。もちろん締め切りが迫っている時は、パソコンに入力することになるだろう。その方が、早く仕上がるからだ。また、講話やスピーチの録音から起こした書き下ろしでない文章は、たいてい編集部からメールで届くから、これもパソコン上で仕上げることになる。

 補助機の電源が乾電池の場合は、予め交換用に必要な数をそろえておき、前に本欄で紹介したソーラー充電器で昼間充電しておく。また、仕上げた原稿の印刷はできるだけ避け、職場の電力使用量も減らしたい。

 こんなパソコンの使い方で、私はここ数週間、自分のパソコンを太陽光エネルギーだけで動かしてきた。しかし、これではまだ“炭素ゼロ”で文章を書いているとは言えない。なぜなら、パソコンは太陽光で動いていても、そのパソコンを置いたデスクや、参考書を拡げたテーブルなどは、電燈によって照らされているからだ。これらの電力も太陽から得ようと考えると結局、自分の生活全般で電力を太陽光から得なければ、という話になる。

Led_lightstand  これは流石に簡単でない。しかし、全部の“炭素ゼロ化”ではなく、一部を太陽光に置き換えるのならば、そんなに難しくない。ということで、LEDの電気スタンドというのを買った。また、わが家の白熱電球はほとんど省エネタイプの電球(電球形蛍光管)に変わっているが、さらに電力消費量の少ないLED電球に替えようと思い、とりあえず1個を買った。前者は「Twinbird」というブランドのLED Desk Light(LE-H615)という製品であり、後者はパナソニックの「エバーレッズ」シリーズのLED電球(LDA7D-G)である。電気スタンドは、渋谷駅東口のビックカメラで“売り上げ第1位”となっていたもの。LED電球は、5月12日付の『日本経済新聞』で東芝の「ライテック」シリーズと共に“人気商品”として評価されていたものだ。値段は、前者が約1万円、後者は約3,500円だ。
 
Led_lightbulve  LED電球は高価に見えるが、電力消費量は普通の白熱電球の6分の1で、寿命は約40倍と言われているから、計算すると白熱電球より安価である。また、LEDの電気スタンドは通常の電球で「40W」ぐらいの明るさで消費電力が少ない。ということは、“太陽充電”したバッテリーを使って夜間使用すれば、結構長く使えるのではないか。これらの方法で、どれだけ“炭素ゼロ”に近づけるか楽しみである。

谷口 雅宣

| | コメント (5)

2011年4月27日

太陽光でパソコンを使う (4)

Nimh_battery   前回の本欄の段階から、今日は一歩進んだ。というのは、太陽光発電による電気を蓄電するための充電池が届いたからだ。これは、読者の久都間氏から紹介された太陽工房の製品で、「バイオレッタソーラーギア VS12-B07NH」の電池格納部と、そこへ充電するためのAC充電器である。これに蓄電すれば、家庭用コンセントの100VとシガーライターソケットのDC12V、USBのDC5Vの3種類の電源が使える。問題は、フル充電でPCなどがどのくらいの時間使えるかである。

 太陽工房のサイトの説明では、ノートパソコンが最長4時間、携帯電話による通話が最長60時間使えるという。充電時間の目安は約5時間で、最大出力は120W(DC12V出力時)。繰返し使用回数は500サイクルという。まあ、これで私の当初の目的--PCの使用をすべて太陽光で賄う--は達成されそうである。ただ気になるのは、充電時間が「5時間」と長い点だ。太陽光発電は安定していないから、曇りの日などもっと時間がかかるだろうし、雨天の日は使えない可能性がある。これらの点は、今後実際に試してから報告しよう。
 
 今日は夕方、自宅で30分充電してから、60Wの白熱球のついた電気スタンドを使ってみた。この「30分」の充電時間は短いようだが、付属しているバッテリー・チェッカーで測ったところ「フル充電」を示したので、前もって充電してあったのだろう。電気スタンドは1時間10分光っていたが、その後は、切れたあとしばらくしてまた点き、数秒で消え、しばらくたってまた点き、また消え……を繰り返し、消える間隔が長くなっていく。この程度なら、停電時の非常灯用の電源としても、用を果たすだろう。
 
 充電池は容量が84Wh(12V/7Ah)。オレンジ色のポリプロピレン樹脂製の頑丈な箱に入っていて、そのサイズは235×111×192mm(幅×奥行き×高さ)で、弁当箱より一回り大きいという感じだ。重量は約2.5kg。意外とコンパクトだ。値段は、AC充電器込みで3万600円だった。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (11)

2011年4月26日

太陽光でパソコンを使う (3)

 このテーマで私のささやかな“節電策”を書いたら、読者からの反応が案外多かった。ということで、少し細かい点を補足しよう。私の当面の目標は、1日約9時間を使うパソコンでの仕事をすべて“炭素ゼロ”にすることだ。が、長期的には、すべての使用エネルギーを“炭素ゼロ”化したい。前回のこのテーマのブログで、私はパソコンでの文章作成に“補助機”を使うと書いたのが、わかりにくかったようだ。そこで今回は、これらの“補助機”の実物を写真で示すことにする。

Myassistants  写真にはキーボードが2つ写っているが、上の小さい方は文具メーカーのキングジム製の「ポメラ」という機械だ。これはキーボードが折りたたみ式なので、背広の内ポケットに入る(ただし、やや重い)。このポメラの左側にあるのが、アップル社の「アイポッドタッチ」である。アイフォンと同じ手の中に入るサイズだから、携帯には非常に便利だ。このアイフォンの下に置かれた大きめのキーボードは、アップル社製のパソコン用無線キーボードだ。私はこれで、アイポッドタッチに文章を入力する。標準サイズのキーボードで、しかもコードがないから使いやすいが、その代わりに持ち運びに不満が残る。だから、私はこれを自分の執務室に置いておき、文章の下書きに使っている。これらの“補助機”を動かすための電池も、写真に入れた。大きい方(単3)がアップルのキーボード用で、小さい方(単4)はポメラ用で、いずれも充電式である。

Solarcharger  問題は、これらの電池を“炭素ゼロ”でどうやって充電するかだが、これには2つの方法を使っている。1つは、自宅の太陽光発電装置から入れる方法で、もう1つは携帯用のソーラー充電器を使う方法だ。この後者の充電器の写真も掲げた。私の執務室にはベランダがあって、日照条件はきわめて良好だから重宝している。この充電器は中国製で、11種類の電池に対応している。箱には「CE」というロゴと「MODEL ES879」という型番が入っているだけで、製品名がない。妻が数年前、通信販売で入手したものだが、これまであまり使っていなかった。日本語の取扱説明書には「エコテック」という川崎市の会社名が入っている。

 このほか、写真にないもので、アイポッドタッチ用に折りたたみ式キーボードを自宅で使っている。これは、旅行先でも使える優れもので、先日の長崎への旅の往復でも、航空機や自動車の中で使った。大きさは、折りたたんだ時のポメラのサイズだから、服のポケットに入る。

 このほか、すでに太陽光発電装置を導入ずみの人のためには、自立発電をするための具体的な方法が、上記のエコテックのサイトにはメーカー別に掲げてある。読者の参考になれば幸いである。

谷口 雅宣

| | コメント (5)

2011年4月25日

太陽光でパソコンを使う (2)

 4月23~24日には長崎県西海市の生長の家総本山へ行ったので、パソコン使用時の“炭素ゼロ化”はかなわなかった。羽田空港から長崎へ飛び、長崎空港から本山の公邸まで車に揺られ、さらに夕食後にも机に向かう。この間にパソコンに向かう時間は案外長い。だから就寝時には、私のパソコンの電気残量はほとんどゼロになっていた。宿泊した公邸の屋根には、太陽光発電装置がない。ということは、公邸の電灯線から充電する以外に方法はない。
 
しかし考えてみれば、同本山の温故資料館脇の斜面には160kwh、また練成道場の屋根には50kwhという大規模の太陽光発電装置があり、日照があるかぎり発電を続けているのだから、“炭素ゼロ”の方法はあるはずなのだ。問題は、それらの装置で生み出した電気が直接、電力会社に流れている点だ。これが何かの形で貯めてあれば、そこからの給電で次の日の使用量は悠々まかなえる。これは、今後の課題として、当面は旅行のある日の”炭素ゼロ”は望めそうもない。

そこで、せめて旅行のない日における“炭素ゼロ化”を考えた。これは、1日を通じてのパソコンの使用時間を短縮できれば可能である。そのためには、パソコンを使う仕事の一部を別の方法に置き換えるというのが、現実的な選択だろう。私の場合、パソコンを使う仕事で時間を最も費やすのは、文章の作成である。だから、パソコンを使わずに文章を書く時間を設けることで、“炭素ゼロ化”に近づくことができる。

このためには、昔やっていたように、原稿用紙に文章を書くことが考えられる。しかし、今の社会では編集・出版はほとんどコンピューター化しているから、一度紙に書いた原稿は、誰かがどこかでコンピューター用のファイルに変換しなければならない。この作業に電力が使われるから結局、原稿用紙の使用は“炭素ゼロ”にはならない。

こうして私がたどりついた苦肉の策は、文章作成にパソコン以外の“補助機”を使う方法だった。本欄の永年の読者なら記憶にあると思うが、私は事務所や自宅以外で文章を書くときのために、パソコンとデーター互換性のある“入力補助機”を買ったことがある。また、いわゆる「携帯用多機能端末」のアイポッドタッチ(iPod touch)を使っている。この2つを文章作成に使えば、その分、パソコンの使用時間は削減される。ただし、こういう“ガジェット”もそれぞれ電気で動くから、それらのバッテリーも太陽光で充電する必要がある。

そんなこんなで今、私は「太陽光だけでパソコンを動かす」ことを目指して、次のような方策を採っている:

①朝の2~3時間で、パソコンと補助機のバッテリーを満タンにする
②文章作成の下書き用としては、補助機の方を主に使い、仕上げにパソコンを使う

  この2つの方法では、“炭素ゼロ化”は不完全だ。私は、生長の家の講習会などでもパソコンを多用するから、その仕事のために別のパソコンを動かすことがある。そうなると、太陽光だけでパソコンの仕事ができる日とできない日ができてしまう。そこで今、検討しているのは、太陽光発電で得た電気をいったん蓄電池に保管することだ。こうしておけば、太陽が沈んでから電気が不足した場合でも、蓄電池の電気を使うことができる。実は、本欄の読者の1人が、この方法が可能だと教えてくださった。実現した暁には、またご報告しよう。

谷口 雅宣

| | コメント (3)

2011年4月22日

太陽光でパソコンを使う

 依然として続く福島第一原発の事故と、「今夏に首都圏は電力不足!」というマスメディアの大合唱を聞き、また昨日見た映画の内容に刺激されたことも手伝って、自分の生活の中で、もっと積極的に“炭素ゼロ”を実現できないかを考え始めた。

 私はすでに10年ぐらい前から太陽光発電装置を自宅屋根につけてCO2の削減をしている。また、仕事ではグリーン電力や排出権制度を使い、さらに公用車は最近、ハイブリッド車から電気自動車に乗り換えて、少しでも“炭素ゼロ”に近づこうと心がけている。しかし、グリーン電力や排出権の購入というのは、主としてお金の受け取り先を変更するだけだから、「CO2を削減している」という実感があまり湧いて来ないのである。これに加え、東京電力という会社の仕事がどれほどヒドかったかが明らかになってくるにつれて、そこから毎日電力を買い、また太陽光による電力を売っている自分が、何か情けなく感じられるのである。

 そんな時、今回の震災で停電になっても、太陽光発電装置のおかげで昼間は電気が使えた人の話を聞いた。そうなると、私も自宅の屋根の上の装置をもっと有効に利用したい、と考えるようになったのである。
 
 そこでまず、その発電装置を設置したときにもらった取扱説明書を探し出して調べてみた。すると、わが家の装置にも「自立発電」のモードがあるだけでなく、すでに壁に100Vの端子が設置されていて、そこから発電した電気を直接利用できることを確認した。自立モードへの切り替え方法もごく簡単で、スイッチを2箇所操作するだけだった。そうなると、次にはどの程度の電気製品が使えるかを調べたくなった。

Owllamp  今日はあいにく薄曇りの天気で、発電状況はよくなかった。午前8時ごろにメーターを見たら「0.3」と出ていたから、恐らく「0.3Kw/h」の発電量だ。普通の電気スタンドを端子に差し込んでみたが、電球は反応しない。が、夜間の足元照明などに使うフクロウの形の小さなランプ(1/4W)を試してみると、幸いにもボーッと点灯した。これに励まされた私は次に、毎日使っているノートパソコンをACアダプター経由で繋いでみた。ダメかなと思っていたが、充電中を示す橙色のランプがちゃんと点いたではないか。これで「一気に可能性が開けた」と思った。
 
Mypc_2011  何の可能性かというと、「自分で使うパソコンの電力の100%を、太陽光から得る」という可能性だ。それができたら、私は仕事の中で、自分と最も密接に関わる部分を“炭素ゼロ化”--つまり、電力会社の世話にならずに行えるかもしれないのである。「エネルギー自給」からはほど遠いが、少なくとも「情けない」という気持からは解放されそうだと考えたのである。
 
 ということで、実際にどこまでこれができるかの実験をした。まず今日は、朝の数時間を使ってパソコンへの“太陽光充電”をした。私のパソコンはパナソニック製のレッツノートの「CF-J9」という機種で、バッテリーのもちが長い。カタログデータでは、通常の使用で「7.5時間」ということになっている。私は仕事場では1日7時間ぐらいパソコンを使っていて、帰宅してからも2時間使うことは珍しくない。この時間を工夫して短縮すれば、朝1回の“太陽光充電”だけでパソコンの使用電力のすべてがまかなえるかもしれない。今、そのための方法を考えている。
 
 谷口 雅宣

| | コメント (10)

2011年4月 3日

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」

 私のフェイスブックのファンページで、読者の一人が今回の被災者支援のビデオがあることを教えてくれた。中国の有志の制作のようだ。ジャッキー・チェン、ジュディ・オングなどの顔が見える。

 見てみると、これは「被災者支援」の意図だけでなく、「日本人支援」と彼らの日本人理解の双方がよく表現されていると思う。思わず胸が熱くなった。読者にも見ていただきたいと考え、ここに紹介する。

 谷口 雅宣

| | コメント (8)

より以前の記事一覧