« “第一言語”を大切にしよう | トップページ | アメリカの2つの出来事 »

2010年9月 8日

電子ブックを提供します

 昨今は「電子ブック」「電子書籍」「電子本」などと呼ばれるものが脚光を浴びていて、私も本欄でしばしば注目してきた。この分野はアメリカのネット販売大手「アマゾン・ドット・コム」が「Kindle」という端末を携えて先行し、ソニーが「Reader」をもって後追いをしていたが、今年、アップル社が電子端末「iPad」を発売し、画面の美しさと操作性で人気を博してから、一気に普及しはじめた。また最近では、同社の携帯電話「iPhone」や電子端末「iPod touch」でも電子本が読めるようになったため、生長の家でも普及誌の一部を電子化してサイト上で公開しはじめている。
 
 かつて私も、自分のサイトで短篇小説や短い講話をいくつか電子ファイル(PDF形式)として公開していたが、ブログを書き始めてからは、忙しさもあって、その分野は縮小していた。しかし、世の中が書籍の電子化の方向に一斉に動き出し、日本でも大手印刷会社や書店、出版社などが集まって、日本版の電子本の規格を今秋にも出すという。そんな流れの中で、読者の中にも「iPhone」や「Kindle」を使って文章を読む人が増えてきているのではないかと思う。そこで、私の文章や祈りの言葉なども、需要があるなら提供しようと考えた。

 電子本のファイルの形式は、国内では様々なものが出回っていて統一性がない。が、世界的に最も標準的な形式となっている Adobe社の「PDF」ならば、パソコンも含めて、ほとんどの電子端末で利用可能と思う。そんなことを考えて、私のサイトにも電子本をダウンロードできる場所「電子ブック、あります!」を新設することにした。そこに掲げた電子本の数はまだ少ないが、だんだん内容を充実させていきたいと考えている。

 現在のところ、このサイトの構成は以下の通り--

 ①スピーチ/あいさつ (2篇)
 ②祈りの言葉 (49篇)
 ③短篇小説 (4篇)
 ④その他 (1篇)

 「祈りの言葉」の数が群を抜いて多いが、これは単行本の『日々の祈り』に収録された49篇を1篇ずつバラして電子本化したものだ。好きな祈りを iPhone などに納めて、誌友会や電車の中など、どこでも利用していただけたら幸いである。なお、iPhone と iPod touch の利用者は、電子本を読むためには iTunes のサイトからアプリをダウンロードしておく必要がある。無料で使いやすいものとしては「iBooks」や「Stanza」がお勧めである。また、電子本を使っていただいた感想も、聞かせてほしい。
 
 谷口 雅宣

|

« “第一言語”を大切にしよう | トップページ | アメリカの2つの出来事 »

コメント

合掌ありがとうございます。
電子ブックの提供(しかも無料!!)、心より感謝申し上げます。

私はiPhoneを利用しておりますので、
先生のブログも最近ではiPhoneで見ることが多くなっております。

今回の電子ブックも早速ダウンロードさせていただき、iBooksにて拝読させていただきました。
縦書きで文章が左に進んでいくのに対して、
ページめくりが右にめくるようになっており、実際の本とは逆なので少し違和感を感じました。

と、ここまで書いて色々調べましたが、
iBooksやStanzaはまだ右綴じ縦書きの文章めくりには対応していないようですね。

諦めてもう一回読んでみると、だんだん慣れてまいりました。
フォントの大きさも丁度良いようです。

先進的な取り組みに感謝申し上げます。
再拝

投稿: 古谷伸 | 2010年9月 9日 10:09

谷口雅宣先生

電子ブックのご提供、誠にありがとうございました! さっそくパソコンで全部ダウンロードし、Kindle にも入れさせていただきました。縦書きがキレイに表示され、ページ繰りもスムーズです。

ただ、日々の祈りのなかで、いくつかのものが「ページが見つかりません」と表示され、ダウンロードできないものがありました。

その不具合が生じている祈りの言葉はどれかについては、「電子ブック、あります!」のコメント欄にて、逐一ご報告させていただきましたので、ご対応いただければ幸甚に存じます。

山中優 拝

投稿: 山中優 | 2010年9月 9日 11:03

総裁先生、

iPhoneで電子ブック読ませていただきました。祈りの言葉をiBooksで、小説をFileApp Proと言うファイル閲覧ソフトで読みました。

iBooksではスクロールが右から左と、通常の縦書き文書の逆ですが、慣れればさほど違和感は感じません。FileApp Proは上から下へと縦にスクロースします。

どちらもすっきりして読みやすいです。50代に入り、老眼が出てきて小さな字は画面を近づけないと読めなくなってしまいましたが、総裁先生の文書は字も大きくそのまま良く読めます。

私もWORD文書をPDFにしてみましたが、中々読み易いモノになりません。総裁先生はどのソフトをお使いですか?

投稿: 近藤 静夫 | 2010年9月 9日 14:32

合掌、ありがとうございます。
富山県教化部の後藤富善です。

今回の電子ブックのご提供に感激致しました。
それで早速、愛用のiPod touch、iPadにダウンロードさせて頂きました。iPodの画面上でもしっかり拝読できる文字の大きさと、配列でした。加えてフリガナまでもくっきりと読む事ができ、計算された行間にも感動です。

また、iPadの画面上に映した場合、視力が衰えた方でも余裕で拝読できると確信しました。

ポケットサイズで、総裁先生のご著書を拝読できるようになり、毎日が一層楽しみに満ちたものになりそうです。

私は、iPad上では「i文庫HD」というアプリを使って拝読致しました。それでは、普通に書籍を読む様にページをめくる事が出来ます。また、iPod上では、「GoodReader」を使用しています。それは、ページを上に繰り上げて行く感じなので、横書きも、縦書きも全く違和感はありません。

とりあえずご参考まで。

ありがとうございました。

投稿: 後藤 富善 | 2010年9月 9日 21:26

古谷さん、
 さっそく、感想を聞かせていただきありがとうございます。「縦書き、右綴じ」は、早く対応してもらいたいと思っています。この点は、国産のフォーマットには負けるかもしれません。

山中さん、
 「ページが見つかりません」のエラーには、対応しました。教えてくださってありがとうございます。

近藤さん、

>>私もWORD文書をPDFにしてみましたが、中々読み易いモノになりません。総裁先生はどのソフトをお使いですか?<<

 特別なソフトは使っていません。Word 2003 にアクロバットを組み込んでいるだけです。ただ、文字の大きさは36ポイントに設定しています。

投稿: 谷口 | 2010年9月 9日 22:28

後藤さん、

 電子ブックの感想、ありがとうございます。
「i文庫HD」というのは初耳ですが、iPad 専用のソフトですか? それともiPod touch や iPhoneでも使えるのでしょうか? 縦書きPDF が、右綴じ、左開きで読めるのですね?

投稿: 谷口 | 2010年9月 9日 22:41

谷口雅宣先生

合掌、ありがとうございます。
質問にお答えさせて頂きます。
現在、app storeには、「i文庫」と、「i文庫HD」があり、お尋ねの「HD」の方はiPad専用です。本来は、著作権の切れた多数の書籍を電子書籍化して閲覧出来るアプリなのですが、ダウンロードしたPDF資料等も表示できるものです。

先ほど再確認致しましたが、iPod touch上では「i文庫」でPDF資料を反映する事は出来ませんでした。以前、一時的に可能になったように思っていましたが記憶違いかも知れません。

iPod touchでは、ここ最近「GoodReader」ばかり使用しています。データがかなり重くても、サクサク表示するので、価格(115円)以上のお買得感があります。

iPadでは、「i文庫HD」は右綴じ、左綴じの方向を指定したり、表紙を制限枠内で自分の好みの画像に設定したりが可能なので、使い勝手は「iBooks」に近いものがあります。ただ今のところ、ブックマークは出来ますが、マーカーは付けられません。

また、新しい情報が入ったらご報告致します。
後藤富善拝

投稿: 後藤 富善 | 2010年9月 9日 23:52

iPhoneユーザーです。

喜び勇んでダウンロードしようとしてみたところ、どれを開いても何度やっても2ページ目でフリーズ。。。
iBooks入ってるんですが。 
古谷さんか近藤さん、ダウンロード方法、ご教授下さい。

投稿: 服部照子 | 2010年9月10日 10:33

総裁先生 合掌ありがとうございます。
宇治別格本山出向の廣尾茂です。
実は数年前からいわゆる自炊しています。聖典、普及誌機関誌を約500冊pdf化してレッツノ-トに保存して栃木・北見教区駐在時は誌友会で使用して好評でした。アドビリーダーの検索機能は便利です。たとえは
癌を検索しますとこの500冊から探してくれるぱかりかその本のそのペーシ゚に飛んでいけます・電子書籍としても使用しています。出講時はテキストとして使っています。このように一人て゜自炊していましたのて゜このサイトはありがたいと感じました。     再拝

投稿: 廣尾 茂 | 2010年9月10日 19:20

服部さん、

リンク先のpdfファイルを選択すれば、「iBooksで開く」ボタンが出てタップすればiBooksに取り込みます。

iPhone 3GS, iOS 4.1 です。

後できることは、パソコンでダウンロードしiPhone宛に添付メールで送ってみてはどうでしょうか?

投稿: 近藤静夫 | 2010年9月10日 20:06

近藤さん、ありがとうございました。

自宅WiFi環境でやってみたら、すぐダウンロードできました。
本部だとフリーズだったのは何故⁈…(笑)

投稿: 服部照子 | 2010年9月11日 00:12

服部さん、

最初は3G(携帯用電波網)でダウンロードされたのですね。もともとWiFiより転送速度が遅いし、電波状態によりさらに遅くなったり切れたりしますのでそのせいかも知れません。

投稿: 近藤静夫 | 2010年9月11日 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “第一言語”を大切にしよう | トップページ | アメリカの2つの出来事 »