« 二つの祭 | トップページ | 飢餓人口が減少 »

2010年9月12日

ミカンが割れる

 今年の夏は第1級の“異常気象”であったことが報告されていることは、読者もご存じだろう。本欄では8月20日9月5日にこの件に触れたが、9月に入って、新聞各社はそれらをまとめて報道している。
 
 9月2日『日本経済新聞』--気象庁はこの夏(6~8月)の日本の平均気温が、平年より1.64℃高く、1898年の統計開始以来、過去最高を記録したと発表。
 9月4日『福島民報』--今夏の高温の原因について、気象庁の「異常気象分析検討会」が3日、見解をまとめ、今回の高温を30年に1度程度しか発生しないと定義される「異常気象」と位置付けた。
 同日『日経』--気象庁は3日、異常気象分析検討会を開き、春に終息したエルニーニョ現象と夏に発生したラニーニャ現象の相乗作用が一因とする検討結果を発表した。今後1週間は35℃以上の“猛暑日”となる地域がまだある見込み。
 9月10日『日経』--気象庁は9日、8月の日本周辺海域の平均海面水温が、平年を1.2℃上回る27.5℃となり、85年に統計を始めてから最も高かったと発表した。

 というわけで、世界各地でも通常では起こらない気象と、それに伴う被害が起こっていることはすでに報告ずみだ。日本では、熱中症による高齢者の死亡数が問題にされたが、4日付の『福島民報』には、家畜の死亡数まで掲げてあったのが印象に残った。それによると、農林水産省のまとめでは、7月初めから8月15日までで、全国で熱射病などで死んだり、廃棄された家畜は、乳牛が959頭、肉牛は235頭、ブタ657頭、ブロイラー28万9千羽、採卵用ニワトリ13万6千羽だったという。これに、口蹄疫による殺処分の頭数を加えて考えると、今年は家畜にとっても大変な年であることが分かる。
 
Mtimg091210  私の家の庭でも被害が生じている。といっても、これはミカンの話だ。高温が続き降雨量が少ないため、春に実を結んだミカンが割れて、地に落ちる現象が起こっている。こんなことは初めての経験だ。私はブルーベリーの木の根が深くなく、水分を必要とすることは知っていたから、東京にいる間はほとんど毎朝、バケツ2杯の水を与えていたが、ミカンは盲点だった。色づく途中の直径3~4cmのものの皮がパックリと破れ、やがて地に落ちる。その様子は何とも痛ましい。ところが、隣に立っているユズの方は、どうやら無事のようだ。全国のミカン農家の人たちは、きっと水やりに苦労されているのだ--そんなことを考えながら、皮の破れたミカンを描いた。
 
 谷口 雅宣

|

« 二つの祭 | トップページ | 飢餓人口が減少 »

コメント

会社の私の居る事務所は、非常に暑い。まるでサウナです。毎年、その暑さに耐えてきたのですが、この夏は、耐えきれず、事務所を飛び出しました。「焼け死ぬ」と思いました。
また、私の家は山間部であるので、夏でも日没後は寒い時があるくらいで、過ごし安いのです。ところが、夜になっても暑くて、頭の中は「???」一体、どうなってしまったのでしょうか。山で夜暑いなんて聞いたことありません。まさに、予測不能の異常気象です。 まだ、しばらく暑いですが。

投稿: 水野奈美 | 2010年9月13日 19:57

this year of intense heat was necessary to use air conditioning, a new shop to be more ecological, and output of water from air conditioning installed a bucket to use the water for our garden on the balcony and to freshen up the street. I thought this was also a way to revive the water coming out of the air conditioning. Thank you.

投稿: Antonio Chromeck | 2010年9月13日 23:20

合掌有難うございます。以前お庭のみかんが どっさり 獲れたと満面の笑顔で御紹介下さった事を思い出し 無残に落ちてしまったみかんが「あついよう~ いたいよう~」と悲鳴をあげているようで 痛々しい感じがします。青柿は落ちても可愛らしく思えますのに、、、。我が家でも畑ならぬ庭に植えている野采(ゴーヤ きゅうり なす おくら 南瓜ツルムラサキ)等に せっせとお水をあげています。お米のとぎ汁 野菜を洗った水 食器をゆすいだ水 全部大きなバケツにためておいて。北尾巳代次先生にお聞きした{野菜作りの名人さんが 水をやる時には まあ一杯おあがり まあ一杯おあがり}と言ってやってあるお話を 思い出しながら、、、。そういえば 純子先生もブルーべリのジャムを作られたお話の中で 雨が少なくて実のつきが例年に比べ 少量だったとおっしゃってありました。私達は今こそ四無量心をしっかり行じていかなければ!と思いを新たにしました。桝谷拝。
 

投稿: 桝谷栄子 | 2010年9月14日 00:11

水野さん、
 そんなにスゴイ暑さですか! 事務所を飛び出しても、外はもっと熱いのでは…(笑)
 今日は、東京は雨が降って涼しくなり、ありがたい思いでいっぱいです。

Antonio,
Thanks for your feedback. I don't know where you live in Japan but in Tokyo you need to bring a jacket or sweater with you even in this heat. That is because it is usually too cold in the shops and buildings due to the overcooling.

桝谷さん、
 今夏の日本は雨不足ですが、水不足ではないので、ありがたいです。でも、水源地に雨が降らずに困っている地域は大変だと思います。

投稿: 谷口 | 2010年9月14日 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二つの祭 | トップページ | 飢餓人口が減少 »