« 本欄が書籍に (10) | トップページ | ネット時代の運動を考える »

2010年8月 2日

ネット社会の情報力

 生長の家の組織の将来の可能性について最近、考える機会があった。
 その1つの要素は、インターネット社会の拡大である。例えば、7月31日の『産経新聞』は、中国人民解放軍がこのほど「情報保障基地」なるものを総参謀部の直属で発足させ、軍としてのインターネット戦略を統合・指揮することになった、と伝えている。この情報が中国軍の機関紙に発表された--というところがポイントである。つまり、通常は秘密にしていてかまわない性質のものを、あえて公表したのである。その理由は恐らく、これにより、今年1月末に発覚した米グーグル社などへの中国からのサイバー攻撃に関連して、事実上「中国もサイバー部門をきちんと管理する」ことを表明したことになるからだ。(この件について、私は本欄の1月28日から3回書いた。)
 
 これに関連し『産経』は、中国軍による情報発信規制が6月中旬から始まっていることを、香港の英字紙が報じたことを伝えている。その内容は、「230万の全軍人を対象に、休日や一時帰省中を含め、ホームページの開設や、ブログ、チャットの使用を禁止し、海外サイトへのアクセスも原則的に認めない」という厳しいものだ。これらは、中国が国を挙げてインターネットを経由した情報の出入りを規制し、管理する方向に動き始めたことを示しているのだろう。
 
 それと対照的なのが、アメリカの事情である。今日の『朝日新聞』は、最近起こったアフガニスタン戦線での機密情報漏洩の経緯について書いている。漏れた情報の詳細について私は知らないが、『朝日』には「米国のアフガニスタン戦争に関する約9万2千件もの機密情報」だと書いてある。具体的には、「米軍秘密部隊が、誤った攻撃で市民を殺害」したことや、「CIAが軍事活動を拡大し、空爆も実施」したこと、「01~08年にアフガン諜報機関の予算を支出し、事実上の下部組織として利用」したこと、「パキスタンの情報機関がタリバーンに接触し、過激派組織を育成」したことなどだ。これらの機密情報を誰が漏らしたのかが、アメリカでは今後問題になるだろう。しかし、機密情報を掲載したサイトを閉鎖させるという話には、恐らくならない。なぜなら、それはジャーナリズムの存在意義を否定することになるからだ。
 
 上記した1月の事件の際に、ヒラリー・クリントン米国務長官が中国に対して行った演説の中に、次のような件がある--
 
「情報の自由は、世界の進歩の基盤となる平和と安全を支えるものである。歴史的にみると、情報へのアクセスの非対称性は、国家間紛争の主因の一つだ。深刻な見解の相違や物騒な事件に直面したとき、その問題をめぐって対立する立場の人々が、同じひとまとまりの事実と意見を入手する手段を持つのは、決定的に重要なことなのだ」。

 この考えのもとに、中国国民のインターネットへの自由なアクセスを求めたアメリカが、自国に都合の悪い情報を漏洩したという理由で、“情報の自由”を制限することなどできないだろう。もちろん、政府の職員が機密漏洩を行うことは規制できる。しかし、それは別の理由だ。今回の機密情報を掲載したサイトはアメリカ政府とは関係がない、独立した団体だ。そこが、米英などの大手メディアと協力して行った一種の“調査報道”なのである。このような情報伝達のルートが日ごとに強化されつつあるのが、現代のネット社会である。生長の家の組織の内部でも、この流れを止めることなどできないだろう。だから、間違った情報がある程度発信されることは不可避である。その場合、そういうニセ情報を消したり、規制したりするよりも、正しい情報を迅速に、効果的に、かつ大々的に発信することの方が有効になってくるだろう。
 
 組織運動の中での“情報力”の重要性が増大していくのである。
 
 谷口 雅宣

|

« 本欄が書籍に (10) | トップページ | ネット時代の運動を考える »

コメント

 今日、一般社会において情報の氾濫が人々の判断や行動に及ぼす影響は計り知れないように思います。情報の入手が、書物や新聞、テレビ、ラジオであった時代からインターネット時代に移り益々エスカレートしています。そこで、雅宣先生が述べられているとおり「そういうニセ情報を消したり、規制したりするよりも、正しい情報を迅速に、効果的に、かつ大々的に発信することの方が有効になってくるだろう。」ということを実感している次第です。したがって、私達信徒と致しましては、真理を見極め、それを正しく伝えていくことが急務だと肝に銘じております。ありがとうございます。

投稿: 君子蘭 | 2010年8月 3日 21:06

総裁先生、
小閑雑感がスマートフォン表示されたのですね。iPhoneで見ていますが、とても見やすくなりました。ブログをモバイルフォン対応にするにはどのようにすればいいのでしょうか?

近藤静夫

投稿: 近藤静夫 | 2010年8月 4日 07:34

近藤さん、

>>小閑雑感がスマートフォン表示されたのですね

 そうなんです。突然に……。これは私が対応したのではなく、ココログでやったみたいです。たぶん、ココログへアクセスした機種を判読して、自動的にiPhone 表示をするみたいです。私のiPod touch でも、見やすくなりました。

君子蘭さん、
 コメント、ありがとうございます。
 ただ、本欄へのコメントは、皆さんには本名でお願いしているので、よろしく。

投稿: 谷口 | 2010年8月 4日 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本欄が書籍に (10) | トップページ | ネット時代の運動を考える »