« 微生物の偉大な力 | トップページ | 『創世記』の天地創造 (5) »

2010年7月18日

雄大なり、長野の空

 今日は、梅雨明け後の目の醒めるような晴天の下、松本市の長野県松本文化会館において生長の家講習会が開催された。参集してくださった受講者の数は、前回を128人(8%)上回る1,706人だった。長野教区の幹部・信徒の方々が協力して、熱心に推進してくださった努力と信仰の証である。心から感謝申し上げます。また、他教区からも参加者も案外多かったのではないかと思う。この感想は、質問者の中に川崎市からの参加者がいたり、会場で新潟越南教区の幹部の方の姿を見たし、帰途、松本駅で岐阜県からの参加者に挨拶されたことなどから得た。「連休中」というのは、講習会の開催に不向きと考える人もいるようだが、必ずしもそうではないかもしれない。普通の日曜日よりも、人々は自由に動き回れるから、「この機会に他県の講習会へ行こう」と思う人もいるのではないだろうか。
 
Naganoclouds1  今回、長野県へ行って印象深かったことの1つは、「空が大きい」ということだった。ビルが林立する東京では、目に入る空は限られているので、「空が大きい」という当り前の事実に気がつくことが少ない。ところが今回、梅雨明け宣言の直後ということもあり、長野の空の青は目に染み入るように鮮やかだった。それだけはでない。その青い空を背景にして、白い積乱雲がモクモクと湧いていて、その形が、緑の山々の頂の盛り上がりと好一対をなしていた。私はそれを見て、「山があるから雲が湧く」という、これまた当り前の事実に改めて感じ入ったのだ。

Naganoclouds2  広い青空に浮かぶ雲は、いつまで見ていても飽きない。多様な形が、見る人の想像力を掻き立てるし、光の当たり具合によって様々な色に変化する。私は、宿舎の窓や帰途の列車の窓からそれらをデジカメに納めた。そのうちの2枚を、ここに掲げる。自然界には、芸術が溢れているではないか!
 
 谷口 雅宣

|

« 微生物の偉大な力 | トップページ | 『創世記』の天地創造 (5) »

コメント

合掌有難うございます。素晴らしい夏空の写真有難うございます。本当にモクモクと雲は湧きあがるのですね。積乱雲の事を入道雲とはよくいったものだと思います。先生の写真を拡大してようく見ますと 空の青さが下の方は薄い空色でだんだん上の方に行くに従って 濃い青に変わっていて自然の妙に感嘆します。今年の梅雨は とても雨がひどく 梅雨が明けた模様と聞いた時は 正直ホットしました。{くーもうはあ わあきー ひかり あふるる~~}高校野球の夏がやって来ました。学童保育の現場も 夏はエイッと気合を入れて 乗り切らなければ なりません。でもこどもたちと過ごす暑い夏 どんな思い出を作ってあげようか? とワクワクする夏でもあります。夏空の写真に元気を戴きました。有難うございました。桝谷拝

投稿: 桝谷栄子 | 2010年7月19日 00:32

初めてコメントさせて頂きます。
長野の講習会との事で、黙っていられませんでした。 今年の3月に友人一家が長野へ引っ越しており、それまでは毎回、地元・釧路での講習会に来て下さっていて、前回も特に環境問題に関心が深く、「良い内容だった!」と感想を述べてくれました。奥さんは共産党の方でしたが、普及誌も喜んで受け取ってくれていました。住んでいる地域は変わっても、次回はきちんとお誘いしよう!と改めて思いました。
ありがとうございます。

投稿: 加藤珠美 | 2010年7月19日 01:25

合掌 ありがとうございます!

自然って本当にすばらしいです!☆

ご講習会もありがとうございました。
              
                 再拝

投稿: kao | 2010年7月19日 08:03

桝谷さん、
 コメント、ありがとうございます。

 九州では豪雨が大変だったと聞いていますが、皆さん、無事でしょうか? 福岡辺りはさほどでもないのでしょうか?

加藤さん、
 書き込み、ありがとうございます。

 ええと、長野教区の方ですか? それとも、釧路の方ですか? 昨日の講習会に来てくださったのは、あなたですか、それともお友達ですか? とにかく、ありがとうございました。

投稿: 谷口 | 2010年7月19日 17:47

合掌 ありがとうございます 昨日は長野教区講習会にて指導いただきありがとうございました。 息子、地元誌友さん達11人で一緒に参加させていただきました。 前回の長野教区講習会も参加させていただきましたが、長野教区の講習会は土地柄のせいもあるのかゆったりして落ち着いて受講する事が出来ました。  総裁先生の新しいご指導の部分もよく理解できました。  総裁先生のブログ内の、松本駅で岐阜県の信徒さんに会い……の所は、今日地元である集まりの中で、昨日参加された方の娘さんからその話しを聞き、あっ彼女の話してくれた事が総裁先生のブログにある  驚きました。  そしてその駅で握手していただいた方々は最高の喜びであった事と私まで嬉しくなりました。 11月は我が教区岐阜県の講習会です。 私達はメイン会場ではないので、総裁先生、純子先生にはモニターを通してしかお会い出来ないので、昨日直接指導いただけて本当に嬉しかったです。ありがとうございますm(__)m          再拝

投稿: 岐阜のアップルパイ | 2010年7月19日 20:58

合掌 ありがとうございます。
昨日は勢いづいてしまい、独りよがりのコメント失礼致しました。
私は釧路教区で、友人一家がこの春、長野へ引っ越した(奥さんの実家が長野)のでした。 総裁先生が長野の事を書いていらっしゃったので、つい嬉しくなってしまい、失礼致しました。

投稿: 加藤珠美 | 2010年7月19日 21:32

合掌有難うございます。いつも私達信徒の事を お心にかけていただきまして 本当に有難うございます。福岡の方は 道路の冠水 西鉄大牟田線の運休 都市高速の通行止め JRの部分運休等ありましたが 人命にかかわる程の事はなくお蔭様で 皆無事でした。有難うございました。私は14日雨がひどかったので いつもはチャリで 駅まで行くのですが 主人が送ってくれました。平尾駅に着き ホームに上がると 大橋駅までしか運行しませんとの表示。壮年の誌友会で春日原まで行く予定でした。主人は町内会長で 家を出る時に防災の連絡で 樋井川の水位が上がっているので 見廻りの依頼があり 取って返してました。凄い雨だからと30分位早めに出て来ましたが ワアーどうしよう!と一瞬パ二クリました。「兎に角リーダーさんに連絡を」とTELすると ああ神様!何と有難い事に 彼女の二人の大学生を 電車が不通なので 大橋駅まで送って行くところだと言うのです。駅で丁度{甘露の法雨}を1巻あげた時に 彼女が到着して めでたしメデタシでした。常に吾らをお守り下さる神様 有難うございます。桝谷拝

投稿: 桝谷栄子 | 2010年7月19日 23:20

合掌、ありがとうございます。
こちらも今年のゲリラ豪雨は酷い災害でした。
八百津町では土砂災害があり、3人亡くなってしまいましたが、黙祷式では
管首相が来て頂いてくれました。
また隣の可児市ではまだ行方不明が2人ともいるので、早く探し出して欲しいと思っております。
谷口先生のところの被害はどうでしたか?
私はこの被害を真摯に受け止め、心よりご冥福をお祈り致します。
この前、親が多治見の個人指導に受けに行ってきました。
私のためにやってくれる母親にも感謝しました。

投稿: 玉木和也 | 2010年7月20日 17:54

桝谷さん、
 そうですか……。大分被害があったのですね。でも、人命にかかわることがなくてよかったです。

玉木さん、
 岐阜県の方ですか? 山崩れの現場の映像が、まだ記憶に残っています。東京23区内では、雨もそれほど降らず、ほとんど大きな被害はなかったと思います。ありがとうございます。

投稿: 谷口 | 2010年7月20日 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 微生物の偉大な力 | トップページ | 『創世記』の天地創造 (5) »