« アバターもエクボ | トップページ | “テロとの戦争”の組織的失敗 »

2010年1月 8日

ブラジル生長の家がISO14001を取得

 ラテン・アメリカ教化総長の向芳夫氏から、嬉しい知らせがメールで送られてきた。まずは読者に読んでいただきたい:
 
---------------------------------------
     ISO-14001取得の報告

 合掌、ありがとうございます。
 常にブラジル国及び及びラ米諸国の生長の家人類光明化運動・国際平和信仰運動の御指導賜りますことを心より感謝申し上げます。
 去る4日火曜日に2010年度ブラジル伝道本部の仕事始めの朝礼があり、理事長の挨拶で、暮れに電話でブラジル伝道本部、別館、及びイビウーナ南米練成道場にISO14001の認証が与えられたとの通知があったと報告されました。従って今年から職員一同、尚一層ISO取得団体であることを自覚するようにとの言葉がありました。
 午後にはメールで別紙のような「CERTIFICATE」(証書)が送られて来ましたので、先ずはご報告申し上げげます。
近いうちにRINA社から、本証書が授与されることになっております。

 先ずは取り急ぎ報告と致します。
---------------------------------------

Iso14001_snibrazil  メールに添付されてきた証書(画像参照)によると、認証取得の対象となったのは、サンパウロ市にあるブラジル伝道本部の本館と別館、それから同市郊外にあるイビウーナ練成道場での教義研修会、練成会、イベント、宣伝活動、書籍や雑誌の頒布活動である。今後この動きは、日本国土の21倍の大きさをもつブラジル全土に、着実に拡がっていくに違いない。

 これによって、生長の家は日本に続いてブラジルでも、環境経営の国際基準に適合した団体として認定されたことになる。恐らく宗教団体としては、ラテン・アメリカで初の快挙ではないか。ブラジル伝道本部の関係者とブラジル信徒の皆さんのご努力と熱意に心から感謝し、地球の反対側から津波のような拍手の嵐を送りたい。ブラジルの皆さん、ありがとうございました。
 
 谷口 雅宣

|

« アバターもエクボ | トップページ | “テロとの戦争”の組織的失敗 »

コメント

総裁
谷口 雅宣 先生
ブラジル伝道本部における、ISO-14001取得につきご紹介くださいまして、有り難うございました。心よりお喜び申し上げます。
アメリカ合衆国においては、来る1月10日(日本時間11日)に、新年はじめての理事会が開かれます。ウエダ理事長と昨夜、その事前打ち合わせを行いました。実は、ISO-14001取得へ向けての新年の取り組みが話題の一つでございました。
打ち合わせ終了直後、当職は、総裁先生のブログを拝見して、ブラジル伝道本部の快挙を知り、嬉しくてなりませんでした。そこで、喜びを分かち合いたいと思い、理事長に知らせましたところ、早速、下記内容のメールが届きました。
Dear Bishop Teshigawara,

Thank you very much for sharing this news with us. I am very happy
for Brazil. Amerika mo ganbari masunode yoroshiku onegai itashimasu!

Gassho,
Akemi
10日の理事会において、出席者皆でブラジル伝道本部の快挙を讃え、拍手をお送りしたいと思います。そして、アメリカ合衆国伝道本部においても、早期取得をめざし、新年も明るく努力する事を誓い合いたいと思います。
ご指導を、宜しく御願い申し上げます。

           アメリカ合衆国教化総長
   勅使川原 淑子 拝


投稿: 勅使川原 淑子 | 2010年1月 9日 18:23

谷口 雅宣 先生

 常日頃よりご指導、ご愛念を頂いております事、心より感謝申し上げます。
 ブラジル伝道本部におけるISO-14001取得のニュースを知り、心躍るような気持ちでございます。この事をきっかけとして、ラテンアメリカ諸国において、温暖化防止の為の取り組みに一層の弾みがつくことを念願しております。
 さて、総裁先生はすでにご承知かとは存じますが、東大教授の山本良一氏が昨年末に発表した『残された時間―温暖化地獄は回避できるか?』(ダイヤモンド社)という本の234頁に総裁先生の事、そして生長の家の“炭素ゼロ”運動の事が紹介されていました。
 その項目の最後には、『宗教界が環境マネジメントや炭素ゼロ運動の先頭に立つことは「低炭素社会」づくり運動にとって百万の援軍を得たことになるだろう。“温暖化地獄”からの脱出には、宗教界の力がぜひとも必要である。』と締めくくられていました。
 生長の家の“炭素ゼロ”運動が、専門家から高い評価を受けている事を知り、大いに勇気を頂きました。これからも“自然と共に伸びる運動”に、全国の青年会員と共に心を合わせて邁進致します。
                        再拝
              生長の家青年会
                 会 長 竹村 正広    
       

投稿: 竹村 正広 | 2010年1月16日 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アバターもエクボ | トップページ | “テロとの戦争”の組織的失敗 »