« グラフィティー作家のこと | トップページ | サンパウロからベレンへ »

2009年8月 2日

国際教修会でのスナップ

 もうすでに一部で紹介されているが、8月1~2日にサンパウロ市のフンシャル劇場で開催された「生長の家国際教修会」の会場風景をお届けする:

At the SNI Special Conference for World Peace (1) on Twitpic

At the SNI Special Conference for World Peace (2) on Twitpic

At the SNI Special Conference for World Peace (3) on Twitpic

At the SNI Special Conference for World Peace (4) on Twitpic

 谷口 雅宣

|

« グラフィティー作家のこと | トップページ | サンパウロからベレンへ »

コメント

結婚後間もなくブラジルに移住して半世紀、今日、09年8月20日、偶然にもこのサイトを開いて、初めて谷口雅宣師の、実相と真理、原理主義などの相違につき、優しいご講話を伺い感動を新たにしました。更に、サンパウロやベレンでの様子を写真で拝見しました。人々は皆立派な宗教心を護持しながら、何故、何故、何故世界中の争いが収まらないのか。身体の具合で出歩く機会も少なく遠去かっていましたが、久し振りに新鮮な空気に触れたように気分が爽快になりました。有難うございました。合掌。   堀内 登

投稿: n.horiuchi | 2009年8月21日 00:48

堀内さん、

 本欄にようこそ! 私の講話を聴いてくださったのですか。ありがとうございます。宗教を巻き込んだ紛争の多くは、基本的には政治的対立だと私は考えます。その対立抗争の中に、宗教的シンボルを取り入れることで、政治家は自らの立場を有利にすることができます。これを許すことをやめねばならないと思います。

投稿: 谷口 | 2009年8月21日 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グラフィティー作家のこと | トップページ | サンパウロからベレンへ »