« 7月2日の「産経抄」 | トップページ | 生長の家総本山で“炭素ゼロ”を実現 »

2009年7月 5日

室蘭にて

 今日は室蘭市文化センターと苫小牧市民会館の2会場を使って、室蘭教区での生長の家講習会が開催された。室蘭地方は朝から霧がかかっていたが、雨は降らず、講習会終了時には青空が輝く好天になっていた。両会場で合計2,289人の人々が受講してくださった。前回より大幅に減少したのは残念だが、一日和やかな雰囲気で講習会が行われたことは誠にありがたかった。熱意をもって推進活動を展開してくださった教区幹部の皆さまには、この場を借りて心から御礼申し上げます。
 
 前日の夕方、妻と2人で室蘭市内を散策した。同じ教区の苫小牧市では人口は増えているそうだが、ここは人口減少なのか、宿舎付近の商店街は相変わらずの“シャッター通り”だった。が、大型ショッピングセンターまで足を延ばすと、結構人々が集まっていて、にぎわいを見せている。そこで少し驚いたのは、センター内にパチンコ店ができていたのはまだいいが、隣接して保育所がある。「なぜ?」と思ったが、妻がすぐに回答を教えてくれた。小さい子供のいる若い奥さんたちが、心おきなくパチンコやスロットマシンを使えるようにという店側の“配慮”だろう、というのだ。

Murobento  が、ここにも良い点はある。それは新鮮な食材が豊富に、しかも安価にあることだ。ものの値段に詳しい妻の言うことには、東京の値段の半分ぐらいだそうだ。例えば弁当では、冷やし中華が150円、とんかつ弁当は280円、ハンバーグ弁当、チキンカツ弁当は398円……など。妻は、地元産の採れたてのホワイト・アスパラが安い(168円)と言って購入した。私はそれを絵封筒に描いて、午後の講話の時間に皆さんにご披露した。
 
Chikyumis2  講習会後には、地球岬に立ち寄った。広大な海が展望できるため「地球が丸いことが分かる」という意味の名前だそうだが、あいにく霧が出ていて海は見えず、その代り、雲の上に浮かんだような幻想的な雰囲気を楽しむことができた。自然の変化を肌で直接感じることができるのは、ありがたいことである。
 
 谷口 雅宣

|

« 7月2日の「産経抄」 | トップページ | 生長の家総本山で“炭素ゼロ”を実現 »

コメント

ありがとうございます。室蘭の講習会お疲れ様でした!

地球岬のお写真よかったです。

お弁当あれで280円すごいですね!もうちょっとするかもしれませんが函館もああいうのあります!

函館に来られたらほっけを買われてはいかがでしょうか。鮭かししゃもをいいですよ。

お好きでしたらですが。( ̄▽ ̄)


投稿: 奥田 健介 | 2009年7月 6日 01:32

昨日の講習会、終日ご指導ありがとうございました。
幸運なことに間近で聴講することができ(役得です!)
とてもうれしかったです。
先生の地球岬の写真は、私が幾度となく見ている岬と違いとても荘厳な雰囲気に満ちていて驚きました。
私ももっと右脳的な見方の訓練をしたいと思います。
先生、本当にありがとうございました。

投稿: 小田 知伸 | 2009年7月 6日 15:51

小田さん、

 講習会では、ご苦労さまでした。
 室蘭は、地球岬だけでなく、景勝地が数多くありうらやましいです。大いに“右脳的生活”をやってください。

投稿: 谷口 | 2009年7月 6日 23:40

講習会ご指導心より感謝申し上げます。
御講話は大変わかりやすい例えが多く、月と人間の話をされたあと、小学校で月が本当は丸いと習ったから皆さんそう信じますね。では人間は神の子だと言われたらそう信じてください。との真っ直ぐなお言葉に感動しました。
室蘭に来て一年半ですが、室蘭の自然の美しさにいつも感動しています。
実は質問の一つは主人のものでした。主人の感想をお伝えします。
善悪の判断を犯罪者でもしているということがわかり、生長の家をより深く理解できた、罪を犯す前に人間は神の子であるということを気付く機会を与えることが生長の家の一つの使命であると感じたとのことです。わかりやすくご回答いただいたことをこの場をお借りしてお礼を申し上げます。感謝合掌

投稿: 林利恵子 | 2009年7月 7日 08:28

林さん、

 講習会の感想、ありがとうございました。
 そうですか、ご主人の質問だったのですね。よろしくお伝えください。

投稿: 谷口 | 2009年7月 7日 12:34

主人に伝えました。
「前から疑問に思っていたのでよかったです。」とのことです。
ありがとうございます。

投稿: 林利恵子 | 2009年7月 7日 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月2日の「産経抄」 | トップページ | 生長の家総本山で“炭素ゼロ”を実現 »