« ツイッターは“諸刃の剣”? | トップページ | 天女山を歩く »

2009年6月24日

山荘閑話

 1カ月半ぶりに山梨県大泉町の山荘に来た。妻のブログの読者はすでにご存じだろうが、近くの「まきば公園」というところへ行き、レストランで昼食をいただいた。そこは南東向きの緩やかな斜面の中腹にあり、ヒツジや馬が放し飼いにしてある牧場が見える。そういう環境だと野生のシカも警戒心をゆるめるのか、食事中に500メートルほど先の森の蔭から親子らしい3頭が姿を現し、草を食む様子が眺められた。
 
Sheepeat  食後にヒツジと交流をもとうと思い、躊躇する妻を尻目に柵に入って行った。ヒツジたちも食事中で、近づいてくる人間にはほとんど注意を向けず、ボリボリボソボソ……という音を立てながら、ただひたすら牧草を食べていた。妻は、ヒツジを撮影する私の写真を公開しているが、私はそのカメラから覗いたヒツジの写真をここに掲げる。顔の黒いヒツジの群れの中に1頭だけ、顔の白いやや大型のヒツジがいて、私たちはその役割が何であるかを想像したが、結局よく分からなかった。
 
 田舎へ行くとうれしいのは、新鮮で豊富な野菜や果物が安く手に入ることだ。スモモ、モモ、デラウエア(ブドウ)、皮付きのベビーコーンなどを買った。半分は東京で消費する予定だ。食べるだけでなく、そういう食材の外観の美しさも味わいたい。山荘に帰ってから、PC画のスケッチをした。
 
Vegita2  山荘では、アリの行列に驚いた。体長5ミリほどの小型だから恐ろしくはないが、風呂場の壁に黒い線を引いたように往来しているのは、何となく不気味である。入浴前に排除するかとも思ったが、そのままにした。ただし、妻はアリが出てくる穴を塞ぐことを主張したので、それもいいかもしれないと思った。彼らの反応を見たかったからである。アリは「社会性動物」の典型として生物学者がよく研究対象にする。私は生物学者ではないので彼らの生態をよく知らないが、隊列を作るときには仲間の“体臭”をたどっていくと聞いていたので、出入口をふさがれた彼らがどうするか、興味があった。体臭の原因は「蟻酸」という物質で、アリに鼻を近づけるとその臭いがする。
 
 浴室の板壁にアリが入る穴と出る穴が1つずつあって、その間の数メートルを彼らは往来していた。彼らの通り道に湯船の縁がかかっていたので、風呂に浸かりながら、行き場を失った彼らの行動がよく観察できた。2カ所の穴は、セロテープでふさいだ。が、彼らは何事もなかったように同じ道を歩き、穴がないことを知ると、来た道を帰っていくのである。しかし、来た道の終点もセロテープでふさがれているので、そこからまた元来た道を引き返す。そういう歩行を続けているうちに、浴室が温まって湿度が上がってきたことと関係するのか、ときどき立ち止まって触覚をなめるような行為を始めた。が、不思議なことに、道から外れることがない。「別のルートをたどれば外へ出られるかもしれない」とは思わないようである。そして、20分もたつと、道の隅の方に何匹もが黒々と集まって動かなくなってしまった。
 
 人間だったら、こんなことには決してならないだろう。人の後に従っていくのは確かに「安全」なことが多いが、“異常事態”を感知したら、パニックに陥って無秩序な行動に出る人が多いことは、よく知られている。その際は、社会性が一時的に失われて個人性が表面に出るのかもしれない。アリはその点、社会性を維持したまま、異常事態を切り抜けてきたのだろう。その理由は、人間とアリの脳の機能の違いによるに違いない……そんなことを考えながら、私は風呂から上がったのである。
 
 谷口 雅宣

|

« ツイッターは“諸刃の剣”? | トップページ | 天女山を歩く »

コメント

合掌有難うございます。雅宣先生 羊さんや 蟻さんの 愉快なブログ有難うございます。アリさんの出入り口を セロテープ で ふさいだ。という箇所では思わずふきだしてしまいました。さわやかな笑いをいただいて 今日の暑さを乗り切ります。感謝! 再拝桝谷 

投稿: 桝谷栄子 | 2009年6月26日 08:08

桝谷さん、

 セロテープを使うというのが誰のアイディアか書きませんでしたが、かわいらしいでしょう? 妻は、虫ぎらいなのです。

投稿: 谷口 | 2009年6月26日 23:29

総裁先生
ありがとうございます
先生、蟻くらいなんです。スズメバチだったら大変ですよ。キイロスズメバチやコガタスズメバチならともかく、オオスズメバチなら刺されたら一発で実相世界に否応なく旅立ちですよ。(経験者は語る)でもシロアリでない事を祈ります。この頃オオスズメバチも木の根下に巣を作る事もなく軒下に作る事が多くなり、キイロスズメバチやコガタスズメバチと勘違いする人もいるそうですから気をつけてください。(それでも怖い)私も抗体があるので怖いですよ(過去に三回刺されてその時に医者からは奇跡の生還と言われ、後一回刺されると必ず死ぬと警告を受けています。)ですから気をつけてください。

投稿: 直井誠 | 2009年6月27日 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツイッターは“諸刃の剣”? | トップページ | 天女山を歩く »