« “ミニブログ”が燃えている | トップページ | 特大シュークリーム »

2009年5月25日

自然エネルギーは無限?

 夕食時に帰宅した私に向かって、妻がやや紅潮した顔で今日の英語のレッスンで学んだことを教えてくれた。ニュース記事等をもとにしたヒアリングと読解、ディスカッションの教室だが、まずカナダ人の先生が作ったクイズを生徒みんなでやったところ、彼女は全問正解だったというのである。そのクイズとは、地球上で得られる自然エネルギーの量と、現在、地球全体で人類が消費しているエネルギー量を比較して、どのエネルギーがどのくらいの量かを当てるものだという。ここでいう自然エネルギーとは、①水力、②風力、③太陽光、④地熱、の4種類で、これらの利用可能量と、人類全体のエネルギー消費量(⑤)がそれぞれどれほどか、というのである。

Squares  もちろん、専門家でもなければそれらの数字をすべて覚えていないから、5つのエネルギーの数値が概数で示されている。だから、それら5つの数字が、それぞれどのエネルギーに当てはまるかを言えばいいのである。エネルギーの単位は「ワット(W)」であるが、量が大きいので、「1兆ワット」を意味する「テラワット(TW)」の単位で表記する。すると、ここに掲げた図のように、それぞれのエネルギーは「86,000」「870」「32」「15」「7.2」のうちいずれかに当てはまるという。図の中の「 a~e」の四角にエネルギーの名前を記入せよ--こういう問題である。
 
 エネルギー量の見当をつけるために、例を挙げると、1960年代から1990年代にかけて製造された最も強力なレーザー照射装置の出力が、だいたい「数TW」だという。ただし、照射は、何10億分の1秒しか続かなかった。また、雷が生み出すエネルギー量は最大で「1TW」ほどだが、この場合も3万分の1秒の間だけだという。読者は、どの箱にどのエネルギーが入るか分かるだろうか? 頭をひねって挑戦してみてほしい。
 
 1つヒントを言おう。私はかつて(5~6年以上前に)太陽光発電に関する専門家の本を読み、「現在、日本全体で消費するエネルギー量を太陽光発電だけから得ようとして、発電パネルを敷き詰めていくと、四国の3分の1ほどの面積があればいい」ということを知った。そして、「なんだ、それならエネルギーの自給はできる」と驚いたものだ。このクイズの解答を知ったときも、この時と同じような驚きを感じたのである。
 
 谷口 雅宣

|

« “ミニブログ”が燃えている | トップページ | 特大シュークリーム »

コメント

a-2、b-4、c-1、d-5、e-3
"世界不思議発見"不思議てはないのですがちょっと頭をひねった直感ですから全く当てにはなりません(泣)、頭の体操で~す(笑)。

投稿: 尾窪勝磨 | 2009年5月26日 11:16

a:4,b:1,c:2,d:3,e:5
勘です。わかりません。

投稿: 岡本 淳子 | 2009年5月27日 21:07

a.4, b.1, c.2, d.5, e.3 ?
とてもためになるクイズですね。
是非とも正解を知りたいのですが。

投稿: 梶原範恵 | 2009年5月28日 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “ミニブログ”が燃えている | トップページ | 特大シュークリーム »