« 温暖化時代に陸地が隆起 | トップページ | “若者撃退器”を足立区が導入? »

2009年5月20日

自動車は“環境性能”重視へ

 アメリカにオバマ政権が生まれたことで、同国内はもちろん世界各地で様々な変化が起こっているが、今後の自動車の開発競争は“環境性能”をめぐるという方向に決まったようだ。本欄等で何年も前からそれを訴えてきた私としては、うれしい限りだ。この分野で世界をリードしてきた日本の自動車産業にとっても、歓迎すべきことだろう。これはアメリカ時間の19日、米政府が発表した自動車の燃費規制の強化策によるもので、19~20日付の新聞各紙が伝えている。
 
 それによると、今回の規制強化策は、すでに決定していた米政府の燃費基準強化策の実施を、当初予定の2020年から2016年に4年繰り上げるというもの。この燃費強化により、2016年以降、同国で販売される自動車は、1リットル当り「15.1km」以上でなければならないことになる。現行は「10.6km」以上だから、業界にはかなり大幅な燃費向上が求められることになる。また、20日の『日本経済新聞』の説明によると、新政策では、この“最低基準”とは別に“目標値”として「16.5km」が求められているが、この数字は、現在のホンダの新型ハイブリッド車「インサイト」の燃費に相当するという。つまり、日本の先端的自動車の環境性能は、アメリカより7年も進んでいるということだ。
 
 しかし、同じ『日経』の別の記事では、トヨタとホンダのハイブリッド車の燃費が比較されていて、そこではトヨタの「旧型プリウス」の最高燃費が「35.5km」、「新型プリウス」が「38km」、ホンダの「インサイト」は「30km」になっている。ということは、アメリカでの燃費基準は「最高燃費」ではなく、別の数字(平均燃費?)によるものらしい。また、この新規制は2016年に突然始まるのではなく、2012年から現行の基準を毎年5%ずつ引き上げることで実施するというから、アメリカの自動車業界は、“待ったなし”の厳しい転換を迫られることになる。
 
 20日付の『ヘラルド・トリビューン』紙によると、米政府のこのような厳しい規制に対して、自動車業界は猛然と反発していると思いきや、「これは我々が求めてきた全国一律の基準であり、実施への時間的余裕も製品開発計画上、無理がないものだ」と歓迎しているというから、驚いた。同記事の分析では、米業界のこのような方針転換は、政治的状況の変化と業界の脆弱な経済体質によるものらしい。つまり、業界寄りの共和党政権が倒れたうえ、老舗のクライスラーの破産に加え、最大手のGMも、政府から大量の資金援助を受けてなお合理化を進めなければならない状況だから、“牙”を抜かれてしまったのだ。

 このような経緯を考えてみると、今回の経済危機は必ずしも“悪い結果”だけを生み出しているのではないことが分かる。困難は時として人間を苦しめることがあるが、その困難を乗り越えることで、新しい可能性に向かって飛躍するものもいる。私は、日本の自動車メーカーがさらに優れた環境性能を実現してほしいと願っているが、それと同時に、アメリカの自動車業界の中から、そのような“ヒーロー”が必ず頭をもたげてくると期待している。
 
 谷口 雅宣

|

« 温暖化時代に陸地が隆起 | トップページ | “若者撃退器”を足立区が導入? »

コメント

谷口雅宣先生

 本当に嬉しい素晴らしい時代になるのですね。アメリカが燃費1リットル当り「15.1km」以上という事を義務づけるとは。そしてそれをアメリカの自動車会社が受け入れるとは・・・。こんな時代が本当に来たのですね。だから、先生も再三御指摘の様に昨年のリーマンショックはあながち悪い事ではなくて人類が本当の方向性を見出すきっかけになったのですね。

 ところで私は14年間乗っていたトヨタのカリブをこの度、乗り換えて、トヨタ、プリウスを購入致しました。(納車は8月とも9月とも言われています。)もちろん今春発売の最新型です。実際、実物を見ないで契約してしまい、多少の不安があったのですが一昨日の5/18に全国で一斉に店頭に出まして、早速ディーラーで実物を確認しましたが今回のプリウス最新型はデザインも中々洗練されていて所謂格好いいものでして、安心しました。
 今までのプリウスはデザインがいまいちでしたから。

投稿: 堀 浩二 | 2009年5月21日 00:55

堀さん、

 そうですか……ついにプリウスに乗り換えましたか。それは良かったですね。私は、依然としてハイブリッドの小型SUVの登場を待っています。もう1年くらいかかるのでしょうか?

投稿: 谷口 | 2009年5月21日 10:36

生長の家 総裁 谷口雅宣先生
ありがとうございます

それはガソリン自動車やディーゼルに限ってではと思います。
手前味噌ではありますが、私は職業柄、LPG自動車を運転していますが、LPGタンクを満杯にすると東京から名古屋まで走る事ができますしタンク容量も700l積む事ができます。しかもリッター価格がガソリンの半値以下の49円で供給しています、ただしガススタンドは少ないですね。あと24時間営業も難しいですね、これさえ克服すれば普及すると思います。あとは『栄える会名誉会長』が絡んでいる「バイオエタノール」ですね。

投稿: 直井誠 | 2009年5月21日 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温暖化時代に陸地が隆起 | トップページ | “若者撃退器”を足立区が導入? »