« 夜桜を見る | トップページ | タケノコを掘る »

2009年4月10日

天皇皇后両陛下のご結婚50年をお祝いして

 昭和34年に天皇皇后両陛下がご結婚されてから、今日でちょうど50年目になるというので、朝からメディアにはお祝いの言葉と映像が続いていた。大東亜戦争後の厳しい時代から高度経済成長時代、公害の深刻化、沖縄の本土復帰、冷戦の終了など、変化多い半世紀を、数々のご苦労やご努力を表に出されずに、我々国民のために明るく公務を全うされてきた両陛下に心から感謝申し上げ、お二人の固い絆をお祝い申し上げます。天皇皇后両陛下、ご結婚50年誠におめでとうございます。

 今日の新聞各紙は、この日のために8日に行われた記者会見で両陛下が述べられたお言葉を伝えているが、その中で私の心に強く響いたポイントが2つある。1つは、天皇陛下が日本国憲法で規定された「象徴天皇制」を高く評価されている点だ。『朝日新聞』によると、陛下のご発言は次の通りである--
 
「(前略)私は即位以来、昭和天皇をはじめ過去の天皇の歩んできた道にたびたび思いを致し、また、日本国憲法にある、天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であるという規定に心を致しつつ、国民の期待に応えられるよう願ってきました。象徴とはどうあるべきかということは、いつも私の念頭を離れず、その望ましいあり方を求めて今日に至っています」

 このあとに陛下が話されたことは、私にとって驚きだった--
 
「なお大日本帝国憲法下の天皇のあり方と、日本国憲法下の天皇のあり方を比べれば、日本国憲法下の天皇のあり方の方が、天皇の長い歴史で見た場合、伝統的な天皇のあり方に沿うものと思います」

 このお言葉の背景には、明治の開国から大東亜戦争の敗戦に至る時代は、日本にとっては言わば“危機の時代”であったから、天皇のあり方も一種の“危機対応型”にならざるを得なかったとのお考えがあるのだろうか……私としては、そう推測させていただくのである。明治憲法下では、天皇は国家元首であるだけでなく、軍隊を直接掌握する権限が与えられていた。国政に関しても、現憲法では許されない権限をもっていた。それよりも、今の象徴天皇制の方が、日本の長い歴史の伝統により近い、とのご認識なのである。
 
 また、私の印象に残った2番目は、この「伝統」についての両陛下のお言葉だった。天皇陛下は、皇室の伝統を次世代にどう引き継いでいくかという質問に対して、こう述べられた--
 
「先ほど、天皇のあり方として、その望ましいあり方を常に求めていくという話をしましたが、次世代にとってもその心持ちを持つことが大切であり、個々の行事をどうするかということは、次世代の考えに譲りたいと考えます」

 このお言葉は、「伝統を墨守する」というのとは大きく異なる。伝統的行事をすべて守っていくとはおっしゃらずに、「天皇の望ましいあり方」に沿うのであれば、個々の行事の改廃については次世代の判断に任せるとのお考えである。この点について、もっと明確な意思を表明されたのが皇后陛下である。
 
 皇后陛下は、天皇陛下が皇室の伝統的行事や祭祀について「昭和天皇の御代のものをほぼ全部お引き継ぎになりました」と述べられ、「伝統があるために、国や社会や家がどれだけ力強く、豊かになれているかということに気づかされる」と述べられた後に、伝統のマイナスの側面についても、次のように明言された--
 
「一方で、型のみで残った伝統が社会の進展を阻んだり、伝統という名の下で古い慣習が人々を苦しめていることもあり、この言葉が安易に使われることは好ましく思いません」

『産経新聞』は今日の「主張」欄で皇室典範の改正について触れ、女性天皇や女系の天皇の可能性について「男系による皇位継承の伝統を破るもの」とし、「伝統を守りつつ、弥栄をはかるには旧皇族の復帰など皇室の拡充を真剣に考えるべきだ」と述べている。が、天皇皇后両陛下ご自身は「伝統墨守」のお考えではないことを、我々はしっかり理解しておこう。

 谷口 雅宣

|

« 夜桜を見る | トップページ | タケノコを掘る »

コメント

天皇皇后両陛下の柔軟なで広く深い見識に感服致しました、正に日本国の象徴です、と同時にこの理念を良く理解して皇室典範と言うものを考え続けて行って欲しいと思いました。

投稿: 尾窪勝磨 | 2009年4月13日 11:18

谷口雅宣先生

 いつも、私達信徒を正しくお導き下さり、誠に有り難うございます。
 今上陛下と皇后様の伝統というものに対する柔軟なお考えであるという事をお知らせ頂き大変有り難く存じます。これは先生の常々仰っておられたお考えと同じなのですね。
 私は皇統の継承は男系である事は絶対に守らなくてはならない事だと思っておりました。その為には旧皇族の方達を皇族に復帰して頂く事が大事であると思っておりました。私が何故、そういう考えであったかと言うと、それはそう主張する論壇の人達の文章ばかり読んでいたからでした。でも、数年前に先生のブログでそれは間違いであるという御文章に触れた時はちょっとショックを憶えましたが、所功教授の「皇位継承のあり方」という本を読ませて頂き、その細かい解説を読んで行く内になるほどと思う様になりました。

 私が何としても男系継承でなくてはならないと思っていたのはそれは今まで神武天皇以来、男系が守られていた事、それからY染色体というのが男系のみに継承されるので男系が途絶えるとそれは本来の継承を断絶する事になると思っておりましたからですがよくよく考えればY染色体なんて事にこだわるのは唯物的ですよね。

投稿: 堀 浩二 | 2009年4月13日 11:49

以前先生が講習会の質疑応答の中で皇位継承問題について

お答えになったことを思い出しました。

「男も女もない!人間は神の子である!」

というお言葉に、全身鳥肌が立つほど感動したのを覚えてい

ます。

投稿: はぴまり☆ | 2009年4月14日 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜桜を見る | トップページ | タケノコを掘る »