« 透明性の魅力 | トップページ | 誠実な“間借り人”として »

2009年3月19日

ブラジル全土で“ネット研修会”

 日本の生長の家では、地球温暖化抑制のための“炭素ゼロ”を目指した運動を展開していることは、多くの読者はすでに御存じのことだ。このためには、交通機関の選択を含んだ国内での人の移動や、集会の持ち方など多方面に工夫が必要であることは言うまでもない。全国59教区に置かれた教化部会館や6箇所の本部直轄練成道場では、環境経営システムの国際基準であるISO14001の認証をすでに得ているから、日常的な活動の中では、国際基準にもとづく温室効果ガス削減の努力を続けているところだ。しかし、宗教運動には人と人との密接なコミュニケーションが不可欠である。宗教は伝統的に、この人と人との直接対面による“魂の触れ合い”が核心となって発展してきたから、「人を集める」ことなくして宗教行事は考えられなかった。

 しかし、昨今の通信技術の劇的な進歩によって、「人を集める」機能の一部を通信技術が肩代わりすることが可能になっている。都道府県単位で行われる生長の家講習会では、衛星による複数会場への同時中継が行われることは、もはや珍しくない。また、全国行事においても、白鳩会の全国大会が衛星中継によって数カ所で同時開催されてきたし、昨年12月には「故生長の家総裁、谷口清超先生追善供養祭」が光回線を使ったインターネット中継によって、全国60箇所以上に配信された。そして、今年5月初めにも、生長の家白鳩会の幹部研鑽会が全国3カ所で同時中継される予定だ。
 
 これは日本国内の事情だが、生長の家の信徒数が日本を上回るブラジルでは、通信事情が日本より悪いと聞いていたので、全国に向けた行事の同時中継など当分先の話だと考えていた。ところが、ラテン・アメリカ教化総長、向芳夫・本部講師の報告によると、ブラジルではこの3月15日に、全国にある83の教化支部を会場にして、今年上半期の講師研修会をインターネット中継によって実施したというから、驚いた。研修会は午前10時に始まり、開会式からインターネットで配信したらしい。また、本部講師が担当する4つの研修と、昼食を挟んだ後の地元講師会長による研修などが行われた。向総長自身は、今年8月にサンパウロで行われる「世界平和のための生長の家国際教修会」の参加促進と「祈りの力について」と題する研修も担当したという。同総長は、この画期的取り組みについて「終了後、各教化支部からの反響も聴取しましたが、皆さん大変喜んでくれました」と報告してくださった。

 また、この“ネット研修会”に参加したサンパウロ市の地方講師によると、参加対象になったのはブラジル国内の約3千人で、この中には地方講師だけでなく、昨年の地方講師試験受験者も含まれるという。サンパウロ教区では60人の地方講師が“ネット研修会”に参加した。研修会を指導したのは、向教化総長のほか、村上真理枝・副教化総長、北原オリンピオ・本部講師、高橋信治・本部講師の4人という。効果的な研修会となったかどうか、参加者の反応が知りたいところだ。
 
 ブラジルはすでに、自動車の燃料としてバイオエタノールを使っているが、日本の20倍の広さがあるこの国で、このような形で講師研修会が行われれば、二酸化炭素の削減効果はさらに大きいに違いない。日本の“炭素ゼロ”に向けた運動にも、大いに参考になる試みである。
 
 谷口 雅宣

|

« 透明性の魅力 | トップページ | 誠実な“間借り人”として »

コメント

合掌 ありがとうございます
 ブラジルでのネット研修会の模様のご文章に、確実に世界の通信網が、まさに新しい方向に進んでいることを、そして、私でもこうして世界を感じることができていることを思います時に、伝道も新しいかたちを日々取り入れることが、求められているとおもいます。自分には無縁の世界
と、避けていたのですが、避けざるを得ない事情で、少しづつではありますが、慣れ親しんで、読ませていただき、書かせていただきました。 ありがとうございます。
                 諌山 綾子拝 

投稿: 諌山 綾子 | 2009年3月20日 07:17


 初めての試みで現在地方から反応徴収中です。企画としては皆さん賛成してくださり、電力の関係や気象状況に左右されて不十分な点もあります。そのような教化支部にはDVDで収録したものを送り、補充しております。この試みはブラジル国内のみに限定して行っております。

投稿: 向 芳夫 | 2009年3月26日 05:17

合掌 ありがとうございます。
いつも楽しく拝読いたしております。
2月20日には、コメントをいただきまして
ありがとうございました。
とても嬉しくありがたく感謝いたしました。

新年度はじまりの今日、3回目の書き込みします。
私は医療界で仕事をしていますが、卒業した25年前と
比較して、PCの分量が多くなってきています。
まず、カルテはPCで記入し紙に印刷して保存です、
それからレントゲン写真はデジタルを採用していますので
PCで管理しています、患者さんの事で気になる点があれば
おもにメールで主治医などに問い合わせをします、物品を
ネットで購入などです。ネットでの購入はおもに事務用品
で、ごくわずかです。それはネットではどんな製品かが
わからないという点もありますが、納入業者さんとの
人間関係をたいせつにしたいと考えているからです。

話はまったく変わりますが、今日、ヘイリーの最新CDを
求めました。すごくGoodです。それから、甲斐よしひろの
「アタタカイ・ハート」と財津和夫の「ZaiTu SoNgs」も
おすすめです。

純子先生にもよろしくお伝えくださいませ。
今後ともお導きのほどよろしくお願い申し上げます。

            福岡教区  四元 尚子拝
 

投稿: 四元 尚子 | 2009年4月 1日 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 透明性の魅力 | トップページ | 誠実な“間借り人”として »