« なぜ今「地球環境工学」か? | トップページ | なぜ今「地球環境工学」か? (2) »

2009年3月22日

速度を落とせ

 今日、大津市で行われた滋賀教区の生長の家講習会では、朝から小雨模様であったにもかかわらず、前回を1割強上回る3,763人の受講者が集まってくださった。鈴木幸利・教化部長をはじめ、同教区の幹部・会員の皆さま方の並々ならぬご努力に、心から感謝申し上げます。体験談も粒ぞろいで、聖歌隊の合唱もよかった。講習会終了後の幹部懇談会でも、和やかな雰囲気の中で、中身のある意見交換ができたことはありがたかった。

 講習会の午後の講話で、私は現在の世界的な経済危機の克服のために、一部の政府が大量の資金をつぎ込んで公共事業や大規模プロジェクトの実施を考えていることを、遠回しに批判した。欲望を駆り立てて“人間本位”の世界をつくり上げようとするこれまでの手法が、「良好な地球環境の維持」の要請とはもはや両立しないと考えているからだ。この点は、前回の本欄を読み返していただければ了解してもらえると思う。
 
Slower 「スローライフ」とか「スローフード」という言葉が使われるようになっているが、現代人の“先を急ぐ”生き方の限界を示しているのが今日の経済状況であり、政治の無能であると思う。今朝、大津市で泊まったホテルから下を見ると、雨で濡れた道路に大きく白文字で「速度落せ」と書かれていた。その言葉が、今の人類全体への警告のように思えたので、写真に撮った。私たちは「緑の森」「青い海」が自分たちにとってどれだけ大切かを、忘れかけているのではないか。

 谷口 雅宣

|

« なぜ今「地球環境工学」か? | トップページ | なぜ今「地球環境工学」か? (2) »

コメント

合掌、ありがとうございます。

谷口雅宣先生、谷口純子先生、滋賀教区でご指導していただき本当にありがとうございました。
私の妻も、体験発表という大変貴重な体験をさせていただきました。無事発表ができ、多くの方に讃嘆していただいたことを大変喜んでおりました。
講習会後の幹部懇談会で、発言する機会をいただいたことを大変嬉しく思いました。これからもよろしくお願いいたします。

滋賀教区青年会委員長 里園貴道 拝

投稿: 里園貴道 | 2009年3月23日 22:09

里園さん、

 昨日は、ご苦労さまでした。奥さまの発表も立派でしたよ。今後の活躍を期待しています。

投稿: 谷口 | 2009年3月23日 23:41

先日の滋賀教区大講習会成功おめでとうございます。よかったですね。

投稿: 本田 真弓 | 2009年3月24日 17:51

確かにそうですね!こちらの地方にも「ゆっくり走ろう賀茂台地」と言う標語が掲げられています、私は欲望そのものは悪くないものだと思いますが「ノリを越えず」と言う言葉があります様に経済で言えば実体経済に即した安定成長、自然との調和ある発展(急がず、無理せず、背伸びせず)が理想であり可能なのではないか!と考えています、「速度を落とせ」を見られて今の人類への警告の様に思える!と感じられた、読まれたと言いますか聞かれたと言う事に対しまして本当に共感致します。

投稿: 尾窪勝磨 | 2009年3月26日 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜ今「地球環境工学」か? | トップページ | なぜ今「地球環境工学」か? (2) »