« リンゴとミカン | トップページ | 紙を使わない出版 (2) »

2009年3月 8日

行動を起こすこと

 今日は松山市を初め愛媛県下の3箇所(土居、宇和島)を会場として、生長の家講習会が行われた。晴天とはいかなかったものの、幸い気温も比較的暖かく、前回を上回る5,530人の受講者が参集してくださり、落ちついた雰囲気の中で会がもたれたことは誠にありがたかった。同県の幹部・信徒の方々の熱心な推進活動に、この場をお借りして心から感謝申し上げます。
 
 さて前回は、リンゴとミカンの相違点・共通点について書いたが、今日の講習会では、午後の質問の時間に「万教帰一」に関するものがいくつか出たので、生長の家では各宗教の「相違点」ではなく「共通点」を研究し、認める活動をしていることを述べた。これに対して宗教学者は、それぞれの宗教の「違い」を研究することが多いので、学問的な視点から宗教を見る場合は、「万教帰一」の考え方にはなかなか到達しにくいと思う。しかし、リンゴとミカンの例で示したように、共通点と相違点のいずれに着目するかは、正誤の問題というよりは、その人の好みや関心のありかの問題なのである。だから、学問の分野においても、各宗教の共通点に焦点を合わせた研究がもっと出てくれば、「万教帰一」の考え方が世界にもっと拡大していく可能性がある。私はそれを待ち望んでいる。
 
Mtimg090308  ところで、今日は愛媛県に行ったついでに、ミカンを扱った絵をもう1枚ご披露しよう。添えられた英語は、「行動しなければ何も得られない」というような意味だ。目の前においしそうなミカンがあっても、ただ「おいしそうだなぁ~」と思っているだけでは、それを得ることはできない。当り前のことだ。ミカンに対して、自分の方から何かアクションを起こして積極的に関わっていくことをしなければ、ミカンから何かを得ることはできない。

 これは宗教についても同じで、自分の前に「こういう宗教がある」と知っているだけでは、そこから何も得られない。聖書に記されたイエスの教えにも、次のようなものがある:
 
 「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」(『マタイによる福音書』第7章7節)
 
 だから、自分の意志でまず何か--例えば「本を読む」など--アクションを起こすことが必要である。そういう意味では、今日は5千人もの人が「講習会へ行く」というアクションを起こしてくれたことは、とても重要なことだと思う。それに対して今後、宗教の側から応えるリアクションが、愛媛県下でさまざまな形で展開されていくに違いない。
 
 谷口 雅宣
 

|

« リンゴとミカン | トップページ | 紙を使わない出版 (2) »

コメント

合掌有難うございます。愛媛県宇和島市は主人の出身地です。講習会が大盛会で有難いです。自分の意志で 目覚むる心地 を読みました。8日は先祖供養で教化部に行き 15日入荷?予定と聞いてましたが 既に書籍にありましたので喜び勇んで購入し 帰りの電車で ブログの目次で映画の欄に 蝉しぐれ とあったのを見てたのでページを繰るのももどかしく読みました。ご本にも書かれていましたがNHKでみて内田聖陽(何と読むのか?ですが)さん扮する主人公はじめ全てがすばらしく確か週1であってたのを心待ちにして見ていました。藤沢周平さんの特集なども組まれていました。山形の鶴岡も出て、、、。鶴岡といえば雅宣先生の{秘境}あの小説はもう言詮不及面白くて面白くて おもしろいという形容は適切ではないのです。もう言葉に言い表せない何といったらよいのか 光の泉の届くのが待ち遠しくてまちどおしくて 連載されている時は 白鳩誌よりも先に もう貪るようにして毎回毎回読んでいました。鮮烈な印象が残り 最終回の後 虚脱状態でした。                 ご本に戻ります。一葉の若き日の純子先生のお写真 大発見! 山荘のパンジーの所でのお写真に大喜びしました。風花 なんと素敵な響き チャナメツムタケは毒きのこか?ドキドキして読み カルタ遊びではお正月の華やいだ家族の楽しそうな様子が伝わり お伊勢参りはただただいいなあ~。ゴキが出たにはもう思わず噴き出してしまった。我が家でも語気荒くゴキ!と言ってたから。キンモクセイは香りが漂ってくるようです。紫陽花は一番好きな花です。二番目はコスモス。清超先生のお誕生日のにぎり 巻きずし見事ですね。西の魔女の本読んで見ようかな。グールド博士 アンカーマンの事 森山大道氏の事知らない事を沢山教えて下さいました。わが町ではステキな絵を描いて下さいました。カラーの絵もふんだんに俳句も載せて下さり大盛りてんこ盛りの大サービスの随筆集でした。フルコースでお腹いっぱいで大満足でした。さて表題の目覚むる心地 日時計主義の心境と同じと言う事 旅先から家族の方々に便りをされること 谷口雅春大聖師もなされていたと恵美子先生のご本で読んだことがあります。一気に読み終えて 午前零時三十分でした。日時計主義を生きようと 言霊が鳴り響いておりました。すでに信仰生活に入っている者として 雅宣先生 純子先生の人間性を さらに良く知り とても深い理解が 始まりつつある予感!!!桝谷拝

投稿: 桝谷栄子 | 2009年3月10日 00:23

合掌有難うございます。昨日は講習会でご指導いただき有難うございました。キリスト教に入った知人がよく来ますので、色々勉強をしますが、エホバ神やGot、創造主、キリスト、天地創造主、御親神、大宇宙の神、生長の家の大神
色々でてきて、解らなくなり質問しました。万教帰一ですと
同じ神ではないかとも思います。先生の言われる族長神、色んな宗教があるので、一概に言えないと思います。ありがとうございました。愛媛のポンジュースが出てきて、宣伝していただき有難うございます。また、絵手紙を出したいと思います。再拝

投稿: T.S | 2009年3月10日 10:47

総裁 谷口雅宣 先生
白鳩会総裁 谷口純子 先生

合掌、ありがとうございます。
 愛媛教区講習会でのご指導に心より感謝申し上げます。
 私は講習会運営スタッフの一員として仕事をさせて頂きましたが、その役目柄、幸いにも両先生の御講話は、ほとんど聞くことができました。そのお話の内容と受講者からの質問に対するご回答に心から感動、感激しました。信徒の方々には改めて生長の家の御教えのすばらしさ、新総裁ご夫妻のすばらしさが再認識できたことでしょう。また、初めての方、あまり生長の家を知らない方々にとっては生長の家は理性ある、明るい、日時計主義の本当にすばらしい宗教である事が、わかって頂けたと確信をいたしました。
 本当に、ありがたい講習会の1日でありました。
ACT,to get something.で前進、向上、拡大させていただきます。
                     再拝、

投稿: 新内 一 | 2009年3月10日 11:52

雅宣先生 純子先生

合掌、ありがとうございます。

 愛媛教区講習会でのご指導、ありがとうございました。全国共通のプログラムで
あっても、リンゴの切り方のごとく、無数の切り口で展開されていく内容に新鮮さと
感銘を覚え、どれ一つとっても全く同じものはない、素晴らしい講習会なんだと改
めて感じました。

 また、昼食・懇談会時には私の発言にもお答え頂き、ありがとうございました。
行動を起こすことの大切さも再認識いたしました。

 私自身も、「 ACT, to get something. 」 で、今後とも精進させて頂きます。

本当にありがとうございました。

投稿: 愛媛教区 八原 勇人 | 2009年3月10日 23:01

環境問題への積極的な取り組みに
敬意を表します。
然し一方で、日本人の黒髪離れは
実に情けないです。
自らの自然を破壊して
環境問題を叫ぶ事は不自然です。
自然を無視して
わざわざ若い自然な美しさを染色するなんて
人間として最低です。
髪は身体の一番上(かみ)に位置し
その色は神が決定されたのではないんですか。
生長の家が真っ先に気づいて
染髪の愚かさを検討されて欲しいのです。
昔は、成長の家の信者さんは
一目見ただけで解るくらいに
気品がありました
国への誇り民族への誇りは
黒髪を汚しては成り立ちません。
真実を捨てて
偽りを好む民族を
早く救って下さい。
生長の家がやらなければ
他に誰がやれるでしょうか。

投稿: 松本久徳 | 2009年3月13日 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リンゴとミカン | トップページ | 紙を使わない出版 (2) »