« 映画『PARIS』 | トップページ | 古い記録(4) »

2008年12月23日

パリの記憶

 前日、映画の中でパリの雰囲気に浸ったことに影響されて、休日の今日は、昔行ったこの地のことを思い返そうとした。しかし、記憶とは頼りないもので、何もかもウロ憶えである。写真を何枚も撮ったような気がするので、それを探した。すると、カラーネガと一緒にアルバムは見つかったが、構図などから見て、どうも私が撮った写真ではない。一緒に行った家族の誰かが撮ったものに違いない。

 そこで、パソコンの中のデジカメの画像を探したが、今使っているノートパソコンには1枚も残っていない。それもそのはず、パリへ行った当時は、2世代前ぐらいの機械を使っていたからだ。また、記録用の外付けハードディスクの中を探してみたが、ここにもない。そこでさらに思いを巡らしてみた。ゆきついた結論は--恐らく、昔のデジカメのファイルが残っているとしたら、それらはCD-ROMに書き込んである--ということだった。しかし残念なことに、自宅にある外付けCD/DVDドライブは故障中である。
 
 結局、デジカメの記録を見るのは諦めて、昔のスケッチブックに当たった。不思議なことに、デジカメの写真のことはよく憶えていなくても、スケッチを描いた記憶はかなり鮮明に残っている。3~4枚はスケッチを描き、そのうちの2枚を材料にして、後から油絵を描いたことはすぐ思Nigtparisい出した。が、どのスケッチブックにその絵があるかなど、憶えていなかった。だから、保管されている何冊ものスケッチブックをいちいち調べて、ここに掲げた3枚を見つけた。スケッチブックに記入された日付によると、私が家族とともにパリへ行ったのは1999年のクリスマス--つまり、9年前のちょうど今ごろだった。

 夜の絵は、有名な凱旋門である。パリに着いたのは確か夕方で、時差ボケの頭にカツを入れて、私たちは暮れていく大通りを歩いたのだ。その時、デジカメで撮った写真をもとにして、後で水彩で描いたのがこの絵だ。昼間の建物の絵も2枚あるが、引きつけて描いた方はVendomes「ヴァンドーム広場」である。ここはカトリーヌ・ドヌーヴ主演の同名の映画の舞台となったところで、私はそのことを知らなかったが、ドヌーヴ・ファンである妻が知っていて教えてくれた。また、ロングショットで建物と道路を描いた絵は、ヴァンドーム広場から出てすぐの、通りの一角である。左右のバランスが少し悪いが、街の雰囲気が出ていて気に入っている。このほか、有名なノートルダム寺院やサクレクール寺院もスケッチしたが、それらの絵はどこかに紛れ込んでいて発見できなかった。
 
Streetpariss_2  私たちが9年前に初めて訪れたパリは、強風が吹き、寒くて、観光客以外はあまり見かけない静かな街だった。その時聞いた話では、パリの人々は、東京の我々とは違い、クリスマス前後は自宅で静かにイエスの誕生を祝うということだ。昨日見た映画の『PARIS』では、そんな信仰的な人々はどこにも出て来なかったが、映画とはそんなものかもしれない。
 
 谷口 雅宣

|

« 映画『PARIS』 | トップページ | 古い記録(4) »

コメント

うちの娘は今、小3です。
3歳の頃から将来の夢を話す娘で、『13歳になったら家を出て絵の勉強をするためにパリへ行く』と言っていました。
『なぬ~?パリとは?』
こんな小さな子供にパリが芸術の都である事や各国から画家志望の人々が集まる所などという認識があったとは到底思えません…何せそんな自立心旺盛な娘に主人と私は驚くばかり(パリを知っているだけでも驚きなのに)。
今も娘は一人飛行機に乗って北海道の祖父母の所へ行っています…荷造りもいつの間にか、ちゃんと一人でして『じゃっ見送りはいらないから』と、片手にスタバの抹茶フラペチーノを持ち、荷物を持つ手にコートをかけて颯爽と出発ロビーに消えて行く娘…『あぁ私の子育ては終わった』と少し寂しく思ってしまう私でした。
私の友人達は子育てをほぼ終えている年齢ですが、私は子供が遅かったからまだまだ…と思っておりました。
しかし、今の娘を観ていますと、本当にパリに行きそうな感じになってきました…。
13歳って…まずは青年会に入っておくれ~(* ̄□ ̄) ̄□ ̄)/

投稿: Y.S | 2008年12月24日 19:19

合掌 有難うございます。絵に興味があるので、よく見ています。佐伯雄三と言う画家をごぞんじでしょうが、先生の絵を見ていて、家が曲がっているというかデフォルメというのでしょうが、その感じがいいですね。先生は建物がお好きなんですね。有難うございます。

投稿: すぎの | 2008年12月24日 22:25

Y.S.さん、

 驚くべき娘さんですね。マンガか何かを描かれるのですか? それとも油絵? 私が小学校3年生の時は「パリ」なんて場所があるのも知りませんでしたヨ。アンファン・テリブルかもしれません。(笑)頼もしいかぎりです。

すぎのさん、

 佐伯さんの絵、私も好きです。建物もよく描きます、理由はわかりませんが……。あなたも絵を描かれるのですか?

投稿: 谷口 | 2008年12月24日 22:57

コクトーですね!
ヌーべルヴァーグの巨匠メルヴィルの作品。
断然!映画観たくなりました。
娘は様々なポスターみたいのを描きます。面白いです。
画材や紙はいろいろです。
立体的なオブジェも作成します。
漫画も描きます。
登場人物の設定がものすごく細かいです。
知能指数が高く、私立小に通っていますが、塾には過去も現在も通っていません。

投稿: Y.S | 2008年12月25日 00:55

映画「PARIS」を是非拝見したいと思います。私たち家族がパリを旅したのは、妻を亡くした年のお正月、7年前です。シャンゼリゼ通りには、クリスマスのイルミネーションが残っていました。折からの雪で、ベルサイユ宮殿に行くバスが渋滞に巻き込まれ、開館時間内に着かず、翌日の自由行動中に地下鉄で行きました。その帰りの地下鉄の中で、窃盗団と遭遇、添乗員が財布を盗まれました。その手際のよさに驚きました。パリは怖い街との印象がありますが、娘は来年春、友達が留学中のパリを再訪する予定です。

投稿: 久保田裕己 | 2008年12月25日 01:39

合掌 有難うございます。ご返事ありがとうございます。
佐伯雄三の絵が非常にユニークで、文字の入っていたり
好きな絵です。絵が好きでしたが、高校時代に挫折しました
。でも大人になり、墨絵や彫刻に興味があり、陶芸などもしました。俳優志望でしたが、これも挫折し、愛媛の田舎の商売のあとを継ぎました。先生とも同い年ではないかと思います。広島や、愛媛で先生のご指導を受け感謝しています。お父様が御昇天されお悲しみのことと存じます。私も父母はもういません。一人がんばっています。これからもがんばってください。再拝

投稿: すぎの | 2008年12月25日 10:35

ありがとうございます。3枚の絵で一番印象に残ったのは夜の凱旋門の絵です。夜スケッチされるのもいいですね。行ってみたいです。o(*^▽^*)o

投稿: 奥田 健介 | 2008年12月25日 16:35

合掌有難うございます。夜の凱旋門 素敵ですね。ライトアップされているのか 煌々と照る月の光に照らされているのか ピーンと張りつめた肌をさす寒気までが伝わってくるようです。それでいて静かな静謐な何かがあふれている絵です 
凄い としか形容できません。今まで拝見した先生の絵の中で一番好きです。いつか絵葉書になったらいいなあ!再拝

投稿: 桝谷 | 2008年12月25日 21:54

すぎのさん、

>>絵が好きでしたが、高校時代に挫折しました。

 どうして「挫折しました」などとおっしゃるのですか? 私と同い年だったら、全然挫折ではないと思います。好きな時に描かれたらいいのです。別にプロにならなくてもいいし、描くことの楽しみを継続されたらいいのではないでしょうか?

奥田さん、

>>夜スケッチされるのもいいですね。<<

 夜中に屋外でスケッチは難しいです。でも、ゴッホはやったみたいですが……。

投稿: 谷口 | 2008年12月25日 21:56

桝谷さん、

>>いつか絵葉書になったらいいなあ!<<

 これ、絵葉書になってると思います。ただし、アメリカでの話ですが……。ニューヨークの練成道場に依頼したら買えるかもしれません。Facebook 上で勅使川原総務か安藤比叡本部講師に聞いてみてください。(アルファベットで検索すれば、見つかると思います)

投稿: 谷口 | 2008年12月25日 22:02

凱旋門の絵は写真かと思いました!
凱旋門を見るとやはりカルヴァドス(りんご酒)という名前が思い浮かびます。
映画「凱旋門」を何度も見たせいです^^
先生の絵からも林檎の香りが。。。♪

投稿: ゆりあ | 2008年12月26日 01:28

合掌 有難うございます。挫折ではないですか。ありがとうございます。できれば、それに匹敵するようなことをしてみたいと思います。先生が大分前から絵を出すようになり、自分も、花などを写生することがございました。ありがとうございました。再拝

投稿: すぎの | 2008年12月26日 20:24

合掌有難うございます。返信有難うございます。NYの練成道場に頼めば買えるかもしれないなんて 何て嬉しい事でしょう! でもその前にface bookですね。ドキドキします。悪戦苦闘した過去が、、、、。あっ 過去は無い! でした。やってみます。有難うございます。希望が湧いて来てうれしいです。再拝

投稿: 桝谷栄子 | 2008年12月27日 00:28

桝谷さん、

 私の書き込みの一部が間違っていました。凱旋門の絵は、アメリカではまだカード化されていないそうです。失礼しました。

投稿: 谷口 | 2009年1月 1日 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画『PARIS』 | トップページ | 古い記録(4) »