« 人獣混合で問題は解決しない | トップページ | 右脳と左脳 »

2008年11月17日

南カリフォルニアが燃えている

 異常乾燥が続いていたカリフォルニア州南部では今、複数の山火事が発生して大きな被害が出ている。17日付の『ヘラルド朝日』紙によると、現地時間の先週の木曜日に、まずロサンゼルス市の北西145キロにあるモンテシート(Montecito)で山火事が発生し、ハリケーン並の強い風に煽られて燃え広がった。さらに金曜日には、同市北部にあるシルマー(Sylmar)で新たに火の手が上がり、65軒の住居と500の移動式住居を燃やし、約100軒の住居に損害を与え、土曜の午後までの延焼面積は、約2千6百ヘクタールに及び、住民1万人に避難命令が出された。土曜日の午後には、同市より内陸に50マイル入ったところにあるコロナ(Corona)で、3番目の火事が発生した。これは2千エーカーに燃え広がり、その日の夜までに94軒に損害を与えたという。シュワルツネッガー知事はロサンゼルス郡に非常事態宣言を出し、火事のために電気が通じなくなる可能性を警告したという。
 
 カリフォルニア州では例年、この時期に山火事が起こる。特にロサンゼルス地区では、ここ数週間というもの異常な暑さに見舞われていた。今年に入ってほとんど雨が降っていなかったという。だから、乾燥した森林や山地はちょっとした火ですぐに山火事になる恐れがあったという。
 
 ロサンゼルス市といえば、郊外のガーデナに生長の家のアメリカ合衆国伝道本部がある。勅使川原淑子・教化総長から17日朝(日本時間)にもらった報告では、伝道本部では16日の日曜日に役員改選を行う予定だったが、難しい情勢という。同本部のウエダ理事長の住む家はブレア(Brea)という所にあり、火事があった高速道路の反対側にあったため、風向きしだいでは危険となる。このため、理事長のご主人は自宅で待機し、理事長だけが伝道本部に出てきたという。また、地方講師会長のミズタニ氏はコロナ(Corona)という所に住んでいるが、この自宅とは電話連絡がとれないそうだ。また、アナハイム(Anaheim)、サンタアナ(Santa Ana)、ヨーバリンダ(Yorba Linda)に住む幹部との電話連絡もとれないでいる。プラトンに住む幹部からは、「空から灰が降っているし、空気はきな臭く、交通が渋滞している」との情報が寄せられた。また、ローランド・ハイツ(Rowland Heights)の幹部からは、「火事はかなり迫っているが避難命令はまだ出ていない」という報告があったという。
 
Scalfires2008  同教化総長から送られてきた地図をここに掲げるが、中央右寄りにあるピンク色の領域は山火事を表し、その西側の青い部分が避難地域、赤い十字型は幹部の住む場所を表している。また、地図の左端にある「SNI」という赤文字は伝道本部の位置を示している。山火事は鎮火の方向へむかっているというが、幹部・信徒に被害がないことを祈っている。
 
 谷口 雅宣

|

« 人獣混合で問題は解決しない | トップページ | 右脳と左脳 »

コメント

Rev. Masanobu Taniguchi
Acting President
Seicho-No-Ie

Dear Rev. Masanobu,

Thank you very much for your thoughtful concern. The Southern California area has not had much rainfall in quite a while which made for "perfect conditions" for the wildfires. Due to the strong Santa Ana winds, the fire ambers travelled far causing a major freeway to close near my home. I have emailed/called several Seicho-No-Ie members who live in or near the fire areas, but everyone so far seem to have escaped any harm. One member lives in Yorba Linda where 113 houses burned down. They were told by the authorities to evacuate, however, they returned to find that their home was untouched by the fire.
The fire started on Saturday morning in Corona and that afternoon the strong winds had cared the fire to Yorba Linda, Anaheim Hills and Brea. Other than all the smoke and ashes, we are all fine.

Sunday morning we were to have elections for new officers for the Southern California Missionary Area. Despite the wildfires, we were able to hold the elections successfully. Thank you very much for your kind and heartwarming prayers for all of us in the Southern California Missionary Area.

Sincerely in gassho,
Akemi Ueda
Chairperson
Seicho-No-Ie, Inc.

投稿: Akemi Ueda | 2008年11月18日 14:58

Chairperson Ueda,

I'm so glad and feel relieved to know that you are (so far) all fine despite the big wildfires. Also, congratulations on the successful elections. Please pass my best regards to your members.

- MT

投稿: Taniguchi | 2008年11月18日 16:09

読者諸賢へ、

 アメリカ合衆国伝道本部のウエダ理事長からのメッセージを和訳しました:

生長の家総裁代行
 谷口雅宣先生、

 先生の思慮深いお心に感謝申し上げます。南カリフォルニア地区はかなり長期にわたって雨が少ない状態が続いていました。それが山火事にとって“絶好の条件”となりました。サンタ・アナ渓谷を渡る強風のおかげで、火の粉は遠距離を飛んでいき、私の家の近くを通る幹線道路も閉鎖されました。私は、延焼地域にいる人、またその近隣に住む生長の家の会員7~8人に電話し、あるいは電子メールで安否を問い合わせました。しかし、今のところ全員が無事です。ある会員は、113戸の家が焼けたヨーバリンダに住んでいます。その地域には当局から避難命令が出ていたのですが、避難を終えてもどってみると、家は火事を免れていたそうです。山火事は、土曜日(15日)にコロナで発生し、その日の午後、強風によってヨーバリンダ、アナハイム・ヒルズ、ブレアまで広がりました。しかし、煙と灰による被害を除けば、私たちは安泰です。
 
 日曜日(16日)の朝に、私たちは生長の家の南カリフォルニア教区の役員改選を予定していました。が、この山火事にもかかわらず、選挙を成功裏にすますことができました。教区のすべての会員に対する先生の心遣いと温かいお祈りに感謝申し上げます。
 
 合掌。

生長の家アメリカ合衆国伝道本部
理事長 アケミ・ウエダ

投稿: 谷口 | 2008年11月18日 16:13

生長の家総裁代行
 谷口 雅宣 先生

合掌、ありがとうございます。
 先生の南加教区信徒へのご深慮、心より感謝申し上げます。先週の木曜日から始まった今回の火事ですが、土曜日と日曜日がサンタアナ風が強く、多くの家屋が焼けました。ひどいところでは1時間で5千エーカーが消失したそうです。しかし、このような緊急状態にもかかわらず、アケミ・ウエダ伝道本部理事長の報告にありますように、南加教区役員選挙は予定通り終了致しました。皆さまのご協力を心より感謝しております。月曜日と火曜日は風がかなり静まってきましたので、消火活動がはかどっているとのニュースです。被災地にお住まいの誌友信徒の方々への連絡確認はほぼできまして、皆さまご無事ですとの連絡を受けております。本日もさらに引き続き連絡確認をとると共に、神のご加護の祈りを続けてまいります。

生長の家南加教区
 教化部長 川上 真理雄 拝

投稿: 川上 真理雄 | 2008年11月19日 05:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人獣混合で問題は解決しない | トップページ | 右脳と左脳 »