« “発想の転換”の時代 | トップページ | 脳波計は真実を語るか? »

2008年9月 6日

環境税制への移行

 今日の『朝日新聞』の第1面に“よいニュース”が載っていた。それは、日本経団連が環境税の実施を容認する立場に変わった、ということだ。同じ日の『日経』と『産経』を調べてみたが、そんなことは書いてないから、恐らく『朝日』の特ダネだろう。経団連は、これまで環境税だけでなく、排出権取引にも反対してきたから、“業界の利益”のためならば、その他のことはどうなってもいいと考える我利我利亡者的な悪印象をもっていたが、「まぁ、常識はあるのだな…」と見直した。

 ただし、この話にはちょっとした“ミソ”があるようだ。道路特定財源の一般財源化が既定の事実になってしまった今は、新たに環境税を課されるのは困るから、この財源(ガソリン税や石油石炭税など)を環境対策にも回せるように、“環境税”と呼ぶことにすべきだというのである。経団連は毎年秋に、税制改正に関する提言を出しているが、その中にこうした考え方を盛り込む方針を決めたらしい。上記の『朝日』の記事には、こうある--
 
「経団連は提言で、道路特定財源の一般財源化に伴い、ガソリン税のほか石油石炭税などその他のエネルギー関連税も合わせて“CO2の排出責任”に応じた税として位置づけ直し、使途を環境対策に組み替える考え方を示す」。

 この方針転換の背後には、福田首相が今年5月、道路特定財源の一般財源化を閣議で決定し、7月には「低炭素社会づくり行動計画」を策定して、その中で「環境税の取り扱いを含め、低炭素化促進の観点から税制全般を横断的に見直す」ことを明記したことがあるという。そういう意味では、職務の“中途放棄”の印象がある福田康夫首相も、経済界に対して一定の影響力を行使して地球環境保全の方向に(わずかながら)日本を動かしたことになる。今年の6月10日の本欄で論評した“福田ビジョン”なる6項目の環境総合対策には、6番目に「今秋、環境税を含め、税制全般を横断的に見直す」とある。この政府の方針に対する経済界の対応が、今回の「新税でない環境税の容認」になったわけだ。
 
「これでは単なる税の呼称の変化であって、実質的な環境対策の進展とは言えない」という意見もあるだろう。が、私は「名目であっても一歩前進」と評価したい。なぜなら、これによって、日本の税制全体の中に「温室効果ガスの排出を社会へのコストとして認める」という考え方が初めて導入されるからだ。この思想が、地球環境問題解決にとって最も必要な前提だと、私は思う。この思想を業界が認めれば、自動車や船舶、航空機などの製造や運搬、はたまたそれらを使った人や物の移動--つまり、旅行や海外産品の輸入や海外への輸出--についても、温室効果ガスの排出量の多寡が製品やサービスの値段に反映されることになるだろう。すぐにはそうならなくても、やがてそうなる。そして、企業はそれを見越して行動するから、温室効果ガスの排出の少ない製品やサービスが新たに開発されることになる。

 今日の『産経』には、環境省が「地球環境税」について検討を開始したことが報じられている。これは、気候変動による被害に苦しむ発展途上国を支援するための資金調達法として“福田ビジョン”で提案されたものだ。第1回目の研究会を開いたというだけだが、上記した「低炭素社会づくり行動計画」の中に、来年3月末をめどに一定の研究成果を公表することが明記されているから、環境税との兼ね合いが注目される。昨日の第1回研究会では、為替取引に課税する方法などが紹介されたらしい。かつて本欄でも触れたが、フランスはこれと似た考え方に基づき、航空運賃に課税して途上国への貧困対策費を捻出する「国際連帯税」というのをすでに施行している。

 遅々としたスピードであるが、こうして「世界の富裕層が温室効果ガスのコストを負担して貧困層の負担を和らげる」という仕組みができつつある。問題は、このスピードが気候変動による被害の増大を防げるかどうかだが、こればかりは「神のみぞ知る」のだろう。
 
 谷口 雅宣

|

« “発想の転換”の時代 | トップページ | 脳波計は真実を語るか? »

コメント

副総裁先生,ありがとうございます。
久しぶりにコメントをさせていただきます。
記事には全く関係のないことで恐縮ですが,本日今,私が先生のブログを閲覧させていただいた時点で,アクセス数が,999,999回となっていましたので,なんとなく嬉しく,また百万回突破のお祝いを申し上げようとも思い,コメントさせていただきました。おめでとうございます。
今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

投稿: 佐々木勇治 | 2008年9月 8日 20:16

佐々木さん、

>>アクセス数が,999,999回……

 ちっとも知りませんでした! 「百万回」と聞くと驚きますね。でも…計算機を入れると…1日千回のアクセスで3年弱たつと百万回となります。この欄をブログ形式で始めてすでに3年弱ですから、そんなものなのでしょう。

 お祝い、ありがとうございました!

投稿: 谷口 | 2008年9月 9日 11:58

福田首相も良い事をしたのですね。うれしくなりました。福田首相を応援していました。よいことを教えてくださり先生ありがとうございました!

投稿: 奥田健介 | 2008年9月21日 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “発想の転換”の時代 | トップページ | 脳波計は真実を語るか? »