« 自然は美しい? | トップページ | 南オセチア紛争が拡大 »

2008年8月 9日

休日のドライブ

 8日の本欄に書いたように、短い休日をとることができたので、八ヶ岳南麓の大泉町まで足を延ばした。その際、以前(6月13日、7月3日)にも使った小型のビデオカメラを車に設置して道中を撮映しておいた。このほどそのファイルを編集し、約2時間の道程を5分弱の動画にまとめたので、ここに掲載する。単に道路が映っている……と言えばそれまでのものだ。が、都心から山の奥まで、できるだけ変化に富んだ映像をつなぎ合わせてみた。風景の変遷を見ていると、人間という生物がいかに多様な環境を形成し、そこで生きてきたかを改めて感じる。画面の解像度があまり密でないのは、カメラの性能ではなく、撮映時の設定を「320 x 240」にしたからである。あくまでも“スケッチ”のつもりである。
 
 谷口 雅宣

|

« 自然は美しい? | トップページ | 南オセチア紛争が拡大 »

コメント

合掌ありがとうございます。「休日のドライブ」を楽しみました。
軽快な音楽と車窓の風景、時折おふたりのお声、ハイウエーから、坂道凹凸道と大泉の山荘まで、ご本を読ませていただき想像から映像の世界へ引き込まれました。カメラの映像も歩きから、都内、
そして今回の山荘へのドライブと益々次回がたのしみです。

7月は雨もなく日照りでからから。8月に入り夕立・・ゲリラ雨が4日降り、庭の草もぐんぐん背伸びして、せみの声から虫の声に早がわり、雷も激しく、竜巻注意報もでるなど暑い夏。

その雷の影響かパソコンがおかしい。手作りのため知人にみて貰い修理ができた。不要のスピーカーもつけてもらい、音が聞かれるようになり、楽しみが増えました。パソコンを買わずにすみ、大
だすかりです。すずむしの合唱もきかせていただきました。

ありがとうございます。          諌山綾子拝

投稿: 諌山綾子 | 2008年8月13日 22:39

諌山さん、

 コメント、ありがとうございます。

 手作りのパソコンなんて、スゴイですね。理工学部出身者ですか? それとも、趣味が高じて…?

投稿: 谷口 | 2008年8月17日 16:34

合掌ありがとうございます。
はじめまして。
『休日のドライブ』を楽しく拝見させていただきました。
私もドライブが好きなので、動画をみてウキウキしました。
中央道車窓からの景色は、山々が連なり気分もリフレッシュできますね。
秋になると甲斐駒ヶ岳も見えてくるのでしょうか?
ETC通過速度はちょっときになりましたが(^^;)
また、楽しみにしております。。
失礼いたします。
                森野みどり拝

投稿: 森野みどり | 2008年8月18日 19:57

パソコンは娘婿が組み合わせて数年になり、卒業した妹がノート型に買い換えたので、今は私の練習用になっております。婿は理学部でした。私の職場に器械の大好きな、修理を楽しんでやって下さる青年がなおしてくれました。

昨日宇治の盂蘭盆供養祭の初日にお参りいたしました。16日に大阪で姪の結婚式があり、17日朝、宇治に参拝。3年続けて19日の大祭はなりませんでしたが、兄夫婦、姉、弟と5人で静かなお参りが出来たことは、至上のよろこびとなりました。

しかし、あまりの嬉しさに、先生の絵の展示をすっかり忘れ、家に戻り思い出したのは、不覚でした。

もう一つ、宗教界の〇〇イチロウ先生にお会いでき、ブログのお話ができたことも、うれしいひとときとなりました。

『小閑雑感 part11』の出版のご文章の中・・・現在の気候システムには“引き返せない地点”があると言われていて・・・のところは、目を皿にしてよみました。テレビは北京で湧き上がっていますが、世界は大変な動きをご指摘くださり、身の引き締まりを覚えます。

明日は4つの大祭、昨年、一昨年の模様を思い浮かべ気持ちを宇治に合わせたいと思います。        諌山綾子 拝

投稿: 諌山綾子 | 2008年8月18日 22:39

森野さん、

 コメント、ありがとうございます。

>>秋になると甲斐駒ヶ岳も見えてくるのでしょうか?<<

 なぜ「秋になると」でしょう? 天気がよければ、いつでも見えますヨ。雪をいただいた春の甲斐駒は、崇高な感じで好きです。山梨県にお住まいですか?

諌山さん、

 「引き返せない地点」がどの地点か分からない、というのが困りますが……。でも、今年は世界のどこも、激しい豪雨と日照りという極端な気候続きです。それに戦争なんか始めてしまってはイケマセンね。

投稿: 谷口 | 2008年8月18日 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然は美しい? | トップページ | 南オセチア紛争が拡大 »