« 白鳩会全国大会終わる | トップページ | 青年会全国大会終わる »

2008年5月 2日

相愛会・栄える会合同全国大会終わる

 昨日の白鳩会全国大会に続き、今日は「生長の家相愛会・栄える会合同全国大会」が行われた。会場は、大宮から東京・調布市の生長の家本部練成道場に移動して、午前10時から午後3時半まで行われた。白鳩大会が参加者を幹部に限定して行われたのと同様に、本大会でも“炭素ゼロ”を意識して参加対象者は役職者に絞られた。そのため、参加者数は最終報告で相愛会が1,161人、栄える会が354人の計1,515人となった。それでも、参加者全員が大道場には入れないため、同道場では食堂を含めた各部屋にも席を設けるなどの工夫をしてくださった。本部の実行委員はもちろん、佐野一郎総務を初めとした同道場の役職員の方々の御協力に感謝いたします。

 私は、前日と同様に、午後の最初の1時間の講話を担当した。その直前に、各教区対抗の「笑いの大会」という行事が行われたため、会場の雰囲気が柔らかく和んでいたのがありがたかった。私の講話は、ほとんどの参加者が男性であることを考え、論理的な側面を重視してすすめた。制限時間を5分ほどオーバーしてしまったが、予定していた内容の8割ぐらいは話せたのではないかと思っている。

 ひと言だけ感想を述べれば、体験談の内容に多様性と意外性があり、幹部対象の大会にふさわしいと思った。ただ、1人の発表時間が短かったので、体験の“全貌”をもっと知りたいという思いが残った。この点は、後日、機関誌等の場でフォローしていただけるとありがたい。
 
 参加者、発表者、運営委員の皆さん、ご苦労さまでした。
 
 谷口 雅宣
 
 

|

« 白鳩会全国大会終わる | トップページ | 青年会全国大会終わる »

コメント

谷口雅宣先生

ありがとうございます。

素晴らしいご講話ありがとうございました!

>直前に、各教区対抗の「笑いの大会」という行事が行われたため、会場の雰囲気が柔らかく和んでいたのがありがたかった。

お蔭様で私達も和やかな、いつにも増して幸せな気持ちの内に副総裁先生のご講話を拝聴出来ました。

>制限時間を5分ほどオーバーしてしまったが、予定していた内容の8割ぐらいは話せたのではないかと思っている。


もっとお聴きしていたい気持ちでした。今後も『小閑雑感』、その他の御著書をも拝読し「残りの2割」をも体得させていただきたいと思います。


投稿: 長瀬 祐一郎 | 2008年5月 3日 08:17

長瀬さん、

 そちらの大会に出席されていたのですか! 私はまた、あなたは青年大会かと(勝手に)思っていました。失礼しました。

投稿: 谷口 | 2008年5月 3日 22:17

谷口雅宣先生

ありがとうございます。

よく間違われます(笑)

「若しと思う者は忽ち若返り」過ぎているのかもしれません(笑)

投稿: 長瀬 祐一郎 | 2008年5月 4日 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白鳩会全国大会終わる | トップページ | 青年会全国大会終わる »