« ゆったりと休日 | トップページ | イスラーム法と理性 »

2008年5月31日

マイ箸優遇の店

 生長の家の講習会のために青森市に来ている。今朝の天気情報では東京と青森の最高気温が同じで「15℃」と表示されていたから、寒さは覚悟していた。空港から市内に至る道路上の表示は「13℃」だったから、だいたい当たっている。それにしても、近ごろの日本はアップ・ダウンの激しい気候である。青森の人に聞いたところでは、今年は例年になく雪解けが早く、春の到来が急だったので、リンゴの花が早く咲くという番狂わせがあったという。その後、また寒くなったらしい。
 
 2年前、青森の講習会は7月だった。今回来て、その時と違うと感じたことがある。それは、我々が宿泊した「ホテル青森」の日本料理屋で、“マイ箸優遇”が行われていたことだ。つまり、マイ箸持参で食事に来た客の飲食代を5%引いてくれるのである。割り箸の代金やその廃棄にかかる費用を計算しても、食事代の5%にはなるまい。だから、これはコスト削減のためではなく、環境意識向上のためのサービスである。こういうサービスにお目にかかったのは、今回が初めてだ。それに、レジの前ではマイ箸を売るといる徹底ぶりだ。この店のオーナーは生長の家ではないか、と疑いたくなった。そういえば、7月の北海道洞爺湖サミットに至る前の、G8のエネルギー相による会合が、まもなく青森市で開催されるという。そのために、市を挙げて省エネ、エコ意識振興を図っているのかもしれない。
 
Honeytoast  ところで、夕食前に市内を散歩していて、ハニートーストと再び遭遇した。読者は覚えているだろうか? 4月に福知山へ行ったとき、宿泊したホテル近くのパン屋兼レストランへ寄った際に目撃した、パン反斤に蜜をかけて食べる料理である。それが、青森港に近いパン屋兼菓子屋で売っていた。京都と青森間はずいぶん離れているが、両方の場所で同じ名前で売っていたということは、偶然ではないだろう。4月5日の本欄では、これを文字だけで紹介したのでよく分からなかったかもしれないので、今回は青森版のハニートーストを写真で紹介する。今回も、その大きさに恐れをなして、買うことはしなかった。

 日本が議長国である洞爺湖サミットでは、昨今の食糧価格高騰に関する特別声明を出す方向で、関係各国との調整が進んでいるらしい。今日の『東奥日報』が夕刊で伝えている。当初の予定では、サミットの議題は①世界経済、②気候変動、③アフリカ開発、④核拡散問題の4つだったが、急きょ食糧問題が深刻化してきたからだ。ただし、これをG8の場で進めるには、難しい問題があるらしい。それは、日本が食糧輸入国であるのに対し、欧米の先進国は食糧輸出国である点だ。利害が必ずしも一致しないのである。同紙の記事には、「政府には、この機会に世界の農業生産拡大を訴え、日本国内の農業振興を図ったり、生産国の食料輸出規制に歯止めをかけるといった思惑もある」という解説がある。米の国際価格も急騰する中、日本はまだ減反政策を継続するのだろうか。これを廃止して、米を飼料やバイオ燃料に使うことを検討中という話も聞く。とにかく、様々な面で、社会や制度が大きく変わらなければならない現状が、目の前にあるのである。

 そんな深刻な事態など全く感じさせない、青森市の午後のパン屋の平和な光景が、私の前にあった。

 谷口 雅宣

|

« ゆったりと休日 | トップページ | イスラーム法と理性 »

コメント

谷口雅宣先生
5月31日は、東京は一日中気温が上がらず、寒い日でした。ところで、青森と京都は意外に関係が深いところだそうです。友人が弘前におり、何度か青森に行きましたが、北前舟が京都から青森に入り、江戸時代は京都の文化が弘前には直接入ってきていたそうです。副総裁先生がおられるのは青森市内で、弘前市とは直接関係は、ありませんが、弘前の城下町には、京都の文化が受け継がれていました。10年位に大型台風が青森を襲い、崩壊した家屋を片付けているとき、藍染の瓶が見つかり、藍染を復活させた家が、弘前城近くにありました。また、古い寺町にも、京都の文化が入っていました。
 話しは変わりますが、昨日のニュースで、後継者がいなくなって、荒れ果てていた山口県の茶畑を、地元の大学生たちが整備している姿が映し出されていました。食糧や農業の問題、副総裁先生がご指摘されたように、時代に即応した国の対策が必要だと思います。また、若い人が農業に取り組む姿を、もっと紹介したりしてゆくと良いと思いました。

投稿: 久保田裕己 | 2008年6月 1日 04:35

合掌 ありがとうございます
マイ箸優遇の店、近所にもあります。焼き鳥屋さんで、「マイ箸のかたお酒一杯ごちそうします。」と書かれてあります。(行ったことはありませんが・・・)再拝

投稿: yasuko | 2008年6月 1日 06:48

パン屋の平和な光景の背後に深刻な事態が潜んでいるのではないか?とは思います、マイ箸、マイバック、食料価格高騰、米の資料化、バイオ燃料化、環境意識向上、エコ意識振興等々を考えている日本ですが、何はともあれ購買力がある為に、まだまだ衣食住に於いて危機感を感じさせない現状があり、表面的には平和な光景を全国的に呈しているのではないでしょうか!今後世界的には化石燃料からの脱却、自然エネルギーの全面活用こそが様々な問題を解決して行くのではないか?と考えますが、そもそもの発端はここから来ている様に感じます、何しろ現在、化石燃料が不足してはいないにも関わらず価格は急騰し続けています、人為的なものとしか考えられません、にもかかわらず世界各国の首脳が集まって協議してもどうにもならない!手も足も出ない!その結果多くの人々にしわ寄せが来て、右往左往し、それぞれ個人個人が変化に対応せざるを得ない!昨日もガソリンスタンドは行列の有様です、元々社会制度を作ったり協議する人達は食料価格やガソリン、電気代等々がどんなに上がっても全く影響が無い人達ばかりですから、、、しかし国民が選んだ学識あり、社会的地位あり、地域の有力者である訳ですから、何とも言えませんが、、、期待するしかないのです、本当に改革しようと思えば大阪府知事の橋下弁護士の様に府民ではなく様々な議会関係者、又は内部から迫害とも思える非難抵抗が出るものと思います、ですから食料サミットにしましても洞爺湖サミット等々各国首脳レベルの国際会議は机上の損得議論に終わるのではなく、何が嘘で何が本当なのか?の本質を利害を離れて協議し、どうすれば公平共生共存が可能なのか?について私心無く話し合って貰いたいものだと思います。

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年6月 1日 17:00

久保田さん、

 北前船……ですか。聞いたことありますが、江戸時代はともかく、現代ですからねぇ~。しかし、調べてみる価値はあるかもしれませんね。

yasukoさん、

 「近所」って、どこでしょうか? 東京? 京都? 青森ですか? なかなか粋な店ですね。

尾窪さん、

>各国首脳レベルの国際会議は机上の損得議論に終わるのではなく、何が嘘で何が本当なのか?の本質を利害を離れて協議し、どうすれば公平共生共存が可能なのか?について私心無く話し合って貰いたいものだと思います。<

 フーム、なかなかの理想主義でありますね。現在の国際会議は“国益”というものを第一にして、各国が自分の立場を主張する場です。国民が政治家を選ぶ恐らく最大の理由は、自分たちに利益をもたらす、と考えるからです。だから「私心」のない政治家は、政治家の名に値しないのではないでしょうか? 政治家は、それを選ぶ選挙民以上のものではない。だから、国民が私心を去らないかぎり、政治家が私心を去ることはできない--民主主義が“健全に”機能しているということではないでしょうか?

投稿: 谷口 | 2008年6月 1日 23:15

谷口雅宣副総裁様
民主主義は機能はしていますが"健全に"は?です、日本だけに限らず選挙は誰かを選ばなければなりませんから、、又利権絡み、組織票も無視出来ません、それから私心のない政治家は政治家の名に値しないと言う事ですがそもそもこの点にこそ政治を食い物にする政治屋、利権、汚職の病巣が巣くう原因になっているのではないか、確かに私心が無く本当の事を語り、行動するならば疎外され、政治家に選出されない状況があるのかも知れませんがこれは健全とは言えない!しかし残念ながらこれが日本及び世界の現状でしょう、、アメリカ、中国、が参加しない国際会議についても国益を考えての行為だから政治家の名に値する、、と感心はしておられません、やはり世界の問題、紛争を裁く事の出来る、権威、権力、裁判命令執行権を持つ強い国連の確立が必要なのではないか!と考えます、日本において考えます時に首相の国民投票制が面白いのではないか!大臣は党で選ばず自分の国づくりの為に政治家、学者、宗教家、哲学者等々から選べて、任期は4・4の8年にする位でどうでしょうか?

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年6月 2日 01:05

合掌 ありがとうございます
岡山でございます。岡山駅構内・周辺はずいぶんと変わりました。家がなくなり駐車場になったり、田んぼは埋め立てられて宅地になっています。でも、人とのつきあいは25年前(結婚した頃)と変わりなく、人情味溢れています。とってもいいところです。再拝

投稿: yasuko | 2008年6月 2日 06:19

読者諸賢、

 ハニートーストの歴史的由来……などについて、ナゾが一部解けたのでお知らせします。震源地は京都でも青森でもなく、どうも東京のようです。それも、私の住んでいる渋谷のカラオケ店! 下のURLをご参照ください。

http://www.pasela.co.jp/food/honey/index.html

投稿: 谷口 | 2008年6月 2日 15:37

ハニートースト!夢のある良いネーミングで甘く美味しそうでしたが紹介のURLを拝見しましてすぐ食べたくなりました、別腹とはよく言ったもので消化剤より良く効きそうです、多分今夜は食事の量が増えるかも知れません、ご馳走になりました(笑)、世界中、日本中の様々な情報、意見、提言を楽しみにしています。

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年6月 2日 19:25

ハニートースト、私の職場がある池袋にこのカラオケ店の本店があり、何度かショーウィンドーに飾られているのを見ていましたが、一人で食べられる量ではないと認識していました。HPを見て思い出しました。

投稿: 久保田裕己 | 2008年6月 3日 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆったりと休日 | トップページ | イスラーム法と理性 »