« 芸術表現について (4) | トップページ | “エコタウン”構想 »

2008年4月 3日

花盛りの庭

 前回の本欄では、むずかしい議論にヘキエキした読者もいたかもしれない。簡単に言えば、「色は人間(を含む動物)と植物とを“橋渡し”するメッセージを運んでいる」ということだ。色は、我々の感情に直接訴えかけてくるから、芸術の有力な手段としても使われてきた。が、今回は、そういうメンドーな議論は脇に置いて、色そのものを楽しんでいただきたい。我々が色の組み合わせを楽しむことができるということは、人間は個人として孤立していないばかりか、生物種としても孤立していない証拠である。花は、実と同じように、植物が動物に対して発しているメッセージである。それを受け取っていただきたい。今年3月、我が家の庭を撮影した画像や映像を合体させて、1本の動画にしたものをお届けする。
 
 谷口 雅宣

|

« 芸術表現について (4) | トップページ | “エコタウン”構想 »

コメント

ヘキヘキはしません(笑)難しい議論ですが面白かったです、しかし、論より証拠、百聞一見に如かず!カラーの映像を見ますとホッといたします、今の季節リアルタイムに室内で多種多様、色とりどりの色彩の姿、形、とても人間に出来るわざではありません、人間はただ驚嘆し、感動し、見とれ、絶賛し、感謝する以外に何も出来ません、いや、それぞれの植物、花々が有りの儘に精一杯開花する様に手助けは出来るだろう、花に限らず全ての果物だって穀物だって、、本当にこの世の人間の役割は計り知れない程大きいものがあると言う事を感じさせられました。

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年4月 3日 23:26

すごい。きれいです。一人静かとチンパンジーだけ解りました。
 熊本の実家にも無い花が、谷口先生宅にはたくさんありました。
 都内の公園よりもイキイキした花たちがいるみたいで感動しました。本日は、東御苑に行きましたがあそこもたくさんの花が先生宅のようにイキイキとしていました。

投稿: 多久 真里子 | 2008年4月 3日 23:45

音楽と映像が調和していてとても心地よく、繰り返して見ました。
雪の映像のときもそうでしたが、お庭が自然で親しみやすい感じがして好きです。花も自分の個性を安心して素直に開花している感じです。自然に近い地面に植えられたものも、鉢植えという人工の環境にあるものも、無心に美しい花を咲かせ、その一つ一つに心が動きます。
今、満開の桜だけではなく、この季節には近くを歩くと、色とりどりの花が咲き乱れて、お花見に行かなくとも花の美しさを満喫してしまいます。
素敵な動画を有難うございました。

投稿: 前谷雅子 | 2008年4月 4日 17:51

尾窪さん、

 なんかオーバーリアクションのように聞こえますが……。でも、どうもありがとうございます。

多久さん、

>一人静かとチンパンジーだけ解りました<

 ムムムム…。チンパンジーなんて…映ってたか!(笑)

前谷さん、

 小さい花々は、私の妻の仕事です。どうもありがとう。


 

投稿: 谷口 | 2008年4月 4日 18:12

谷口先生

〉ムムムム…。チンパンジーなんて…映ってたか!(笑)

私の心にはチンパンジーが見えました。(笑)
パンジーですね☆

投稿: 多久 真里子 | 2008年4月 4日 19:55

素敵なお庭ですね!
奥様の純子先生がパンジーなどの手入れをされているのですね?
都会の中にこんな広いお庭とは。。。さすがです。

ところで。。。
>>一人静かとチンパンジーだけ解りました<
>ムムムム…。チンパンジーなんて…映ってたか!(笑)

もしや、チンパンジー→パンジーのことですか?

コメントを読みながら、大爆笑です!!
副総裁のコメントを読んで、副総裁のお人柄が出ているようで、嬉しくなりました。

投稿: 梶山和美 | 2008年4月 4日 22:13

オーバーリアクションですか、、、(笑)?
私はあの画像を色鮮やかで多種多様な花々、穀物、果物、植林、森林、海洋、様々な動物達等々地球全体に拡大して考えたのです、まず一人ひとりが大自然の恵を開花させる事が人間の重要な役割ではないか!、、と、又「とても人間に出来るわざではありません」と言いますのは多種多様な花一輪一輪の姿形色香りの創造主の事に驚嘆して表現したのです、人間は一輪の花も創造する事は出来ません、精巧でそっくりの造花は出来ますが精気と香りと言ういのちの賦与は限界だと思います(泣)それにしましても花でも果物でも手入れが行き届けば正直なものです、立派に答えてくれますね!正に大地は地の蔵と言われるだけあって無尽の宝を生み出してくれます、破壊するか!生み出すか!どちらを選択するのか?迷いは全く無い!と思うのですが、、、人間の弱点"私心"がどうしても残りますねえ(泣)。

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年4月 4日 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芸術表現について (4) | トップページ | “エコタウン”構想 »