« 低炭素社会への決断は、今! | トップページ | 偽りの古紙配合率 (3) »

2008年2月 1日

「万教帰一」の考え方

 生長の家本部会館では、1月29~30日に日本全国の教化部長と海外の教化総長などが集まって重要な会議が開かれたが、そこで決定した来年度の運動方針には、第一線組織の活動を活性化させるための諸方策が盛り込まれている。これは、教団全体が「“炭素ゼロ”を目指しながら運動を伸ばす」という新しい方向に転換するために重要なことだ。このためには、第一線組織への迅速で正確な情報伝達が欠かせない。「正確な情報」の中には、教義の正しい理解も含まれる。教義の理解のためには、講師や書籍などによる従来通りの教えの伝達はもちろん不可欠だが、IT技術を使った動画や音声による伝達もどんどん取り入れていかねばならない。そういう意味で、私はこのほど、生長の家の基本的教義の一つである「万教帰一」について説明した動画をインターネット上に登録した。
 
 私は生長の家の講習会で、教義の基本として「唯神実相」「唯心所現」「万教帰一」の3つの考え方を説明しているが、このうち「万教帰一」の説明の部分を録画した映像である。本欄では、教義に関する講話の録画をこれまでに何本か紹介しており、それらは本サイトのトップページから「動画メッセージ集」を選択することで一覧できる。それらと共に利用していただければ幸いである。
 
 谷口 雅宣

|

« 低炭素社会への決断は、今! | トップページ | 偽りの古紙配合率 (3) »

コメント

谷口雅宣先生

合掌ありがとうございます。
早速動画を拝見させて頂き感動致しました。
先生の生のお姿で、真理のお話を拝聴できましたこと
大変有難い気持ちでいっぱいです。
恐縮ですがこれからもこのような動画をアップして
頂けますと大変嬉しく思います。
明日2/3の茨城教区のご講習会でお姿を拝見出来ること、
そして素晴らしいご講話を楽しみにしております。
                     再拝   

投稿: たぬ | 2008年2月 2日 08:18

文字での説明も捨て難いものが有ります(思考時間が持てる)が、動画での説明はどんなに遠く離れていましても身近に感じられて楽しく拝聴出来、大変有り難く感謝致します、蓮如聖人も「ただ信心は聞くにきわまること、ただ仏法は聴聞にきわまることなり」と申されています、大いに期待させて貰います(笑顔)。

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年2月 2日 15:23

副総裁先生、

講習会での御講話の動画、とても参考になります。
「生まれつきの障害」や「悪は幻」など、書籍のみでは伝わりにくいニュアンスなども副総裁先生の表情や声を通して、良く伝わり、理解しやすいように感じられます。
なぜ悪いことをしていないのに不都合な出来事が起きるのだろうと疑問に感じていたことが「生まれつきの障害」の御講話でよく分かりました。また、人生が表現の場であり、どのような状況からでも全力で愛を現すことが大事だと感じました。
新しいメディアの活用はとても素晴らしいことだと思います。

投稿: 近藤静夫 | 2008年2月15日 16:36

近藤さん、

 コメント、ありがとうございます。

 ずいぶん久しぶりな気がしますが、私だけの感想でしょうか? 今も広島ですか?

 皆さんのお役に立てるならいいと思い、動画を登録しています。言い間違いとか、舌足らずのところもあるのですが……。

投稿: 谷口 | 2008年2月15日 23:17

副総裁先生、お返事、ありがとうございます。
広島で、相愛会連合会副会長を拝命しております。

投稿: 近藤静夫 | 2008年2月20日 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 低炭素社会への決断は、今! | トップページ | 偽りの古紙配合率 (3) »