« 生長の家が排出権取得へ (2) | トップページ | ビニールの部屋仕切り »

2008年1月23日

東京に雪

 ここ1~2週間、日本列島は寒気に覆われて各地に雪が降っていたが、東京はなぜか例外だった。そこへやっと今朝、白い雪が舞う空を見ることができた。冬に雪を見るのは「当たり前」という地方は多くあるだろう。が、東京は温暖化の影響か、降雪の機会がめっきり減った。それは一面で、ありがたいことだ。「都会は雪に弱い」とよく言われ、歩道はシャーベット状になって歩行の妨げとなるし、凍れば、革靴やハイヒールでは転倒の危険がある。また、さほどの量が降らなくても、鉄道や道路などの交通手段に支障を来すこともある。商店の前の雪かきは大変だし、スタッドレス・タイヤへの組み換えも煩わしい。

 こうして、都会に雪が降らないことは“善いこと”のように考えられがちだ。でも、雪を悪者にするのは少し待ってほしい。自然を人間の“道具”と考えれば、人間の生活を妨げるものは皆、悪者となる。雪だけでなく、雨も、風も、木々も、鳥も、虫も、犬も、猫も……。でも、自然を自然そのものとして眺めれば、そこには我々人間を慰め、励まし、導いてさえくれるものが見えてくるのではないか。久々に降る雪を見てそんなことを感じながら、短い動画を作成した。
 
 谷口 雅宣

|

« 生長の家が排出権取得へ (2) | トップページ | ビニールの部屋仕切り »

コメント

"アース"と言う映画を見まして大自然の深遠さに驚嘆し感動致しましたが副総裁創作の"動画"を見させて頂き、何時でも何処でも自然と言う素晴らしい賜物が身近に存在していると言う事、同時にものの見方、考え方が如何に大切であるか!と言う事を再確認させて頂き、感謝致します。

投稿: 尾窪勝磨 | 2008年1月24日 01:02

 谷口 雅宣先生
 合掌 ありがとうございます。
 「短い動画」拝見致しました。
 感想は(印象)は(当たり前なことかも知れませんが)
 自然という感じがしました。
 
 私は、雪が結構降る土地に住んでいます(注:雪国育ちではありません)ので、最近、雪はよくお目にかかります。
 今日もつい先ほどまで住んでいる周辺道路・駐車場・ゴミ捨て場等の除雪をスコップを持って実施しました。
 最初は、何で自分がこのようなことをやらねばならないのか?と思っていましたが、最近は、慣れてきたせいか・あるいは、自分が主人公である、という自覚が芽生えてきたのか
ストレスは感じなくなりました。また、除雪を行うことは、
結構な運動にもなります。

 私の住んでいる場所の雪景色もトテモ素晴しく、一回、両親に見せたいと思ったことがありますが、まだそれは実現していません。

 また≪鉄道や道路などの交通手段に支障を来すこともある。≫と書かれてありますとおりの体験をしたこともあります。私の乗ろうと思っていた列車が大雪の影響で止まってしまい、その時は、急ぐ用事があったりで、目的地までタクシーで行きました。

 以上、徒然なるままに、雪にまつわることを書かせて頂きましたが、“雪”(雪に限らず自然は)私に何かを教えてくれているものと思います。

 志村 宗春拝

投稿: 志村 宗春 | 2008年1月24日 20:22

谷口雅宣先生

実に心の和む素晴らしい動画をありがとうございます。

>雪を悪者にするのは少し待ってほしい。自然を人間の“道具”と考えれば、人間の生活を妨げるものは皆、悪者となる。雪だけでなく、雨も、風も、木々も、鳥も、虫も、犬も、猫も……。

本来人間は自然を畏怖し、そして共生して来ました。その姿勢を忘れ、傲慢にすらなった時、ついには地球規模での環境問題となって、自然は人類に反省を求めてきている様にも私には思えます。

投稿: 長瀬 祐一郎 | 2008年1月27日 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生長の家が排出権取得へ (2) | トップページ | ビニールの部屋仕切り »