« キノコ採りしませんか (2) | トップページ | 都の環境税構想を歓迎する »

2007年11月 2日

キノコ採りしませんか (3)

 10月31日の本欄を読んだ読者から、「キノコを採りたくても、近くに生えてないから……」という不満気な声が聞こえてきたので、ここで“裏ワザ”を公開する。それは「自分で栽培してしまう」のである。風通しのいい日陰があれば、シイタケはほぼ間違いなく栽培できる。だから、都会でもキノコ採りは楽しめる。JマートなどのDIY店で売っているホダ木を買ってきて、風通しいい日陰に立てかけておく。乾燥しすぎないように注意する。朝夕の寒暖の差が大きくなる春と秋の2回、シイタケは出てくる。自然に出るのを待つ方法と、ホダ木に刺激を与えて驚かせ、“芽”を出す方法がある。
 
 好きな時期にまとめて食べたいときは、“刺激法”がいい。わが家ではこのあいだ、刺激法で出したシイタケをおいしくいただいた。“芽”が出てから傘が成長する様子を動画にしたので、興味のある人はご覧あれ。

 谷口 雅宣

 

|

« キノコ採りしませんか (2) | トップページ | 都の環境税構想を歓迎する »

コメント

何時も素晴らしい映像有難う御座いましす、神仏の恵みは何時でも何処でも工夫次第では可能であると言う事を再確認させて戴きました。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年11月 3日 13:32

谷口雅宣副総裁先生
合掌 ありがとうございます。
“刺激法”については、先日テレビで紹介していたものを観て、「こういうやり方があるのか」と感心したところでした。
 記事を拝読し、我が家の敷地にも適当な場所はないか?と見回したところ、幸いそれらしき場所があり、ご教示の通りの方法にてシイタケ栽培に挑戦してみたいと思います。更には動画にてお示し下さった調理法にてもその味覚を楽しませていただきたいと思います(笑)
再拝

投稿: 長瀬 祐一郎 | 2007年11月 3日 18:08

長瀬さん、

>>更には動画にてお示し下さった調理法にてもその味覚を楽しませていただきたいと思います(笑)<<

 フーム…。あれはタマゴタケの調理法なのですが……。シイタケをバター炒めにするのも悪くないですが、バルサミコ酢とよく合うということを最近、妻が発見しました。試してみてください。

投稿: 谷口 | 2007年11月 4日 22:14

谷口雅宣副総裁先生
合掌 ありがとうございます。

 いえ、本記事中動画ラストの「網で焼いてレモン醤油が最高!」についてでございます。私の言葉が足りませんでした。何分、シイタケはこれまでに主に煮物の具として程度でしか食させていただいた事がなく、他の調理法に甚だ疎かったものでございますから・・
 また、新たにバルサミコ酢とよく合う旨ご教示給わりありがとうございます。谷口純子先生にも併せて感謝致します。ありがとうございます。

再拝

 

投稿: 長瀬 祐一郎 | 2007年11月 5日 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キノコ採りしませんか (2) | トップページ | 都の環境税構想を歓迎する »