« 交差した足 | トップページ | カリフォルニアの山火事 »

2007年10月25日

キノコ採りしませんか

 秋はキノコ採りの季節だが、最近はなかなか山へ行く時間がない。標高が高い地域では季節が早く過ぎていくから、もうキノコの季節も終わり、紅葉さえも終わろうとしているだろう--などと考えているうちに、わが家の庭に置いてあるシイタケのホダ木から“芽”が出てきてくれた。うれしいものである。キノコ採りは、都会の真ん中でもできるのだ。

 先月は山へ行く機会があり、キノコ採りをした。幸いにもタマゴタケという食用キノコに遭遇できた。タマゴタケは夏場のキノコだから、今ごろはもうない。有毒のベニテングタケと似ているので注意が必要だが、軸の根元に卵の殻のようなものがついているのと、味自体が卵に似ているところから、この名がついたのだろう。バターによく合い、洋風の味がする。その時に撮映したものを今回、1本の動画にまとめた。料理の様子も収めてあるで、興味のある人はご覧あれ。

  谷口 雅宣

|

« 交差した足 | トップページ | カリフォルニアの山火事 »

コメント

谷口雅宣先生

 楽しそうで美味しそうなビデオですね。

 実は私の父の山荘が長野県の川上村にありますので、以前は良く、そこを利用させてもらっていました。山荘の近くには廻り目平というハイキングコース等あり、自然を満喫出来ます。ところで山荘の近くの山では松茸が採れる様ですが、取ってはいけないという看板が立ってました。もっとも生えているのを見た事は一度もありません。

投稿: 堀 浩二 | 2007年10月26日 14:52

ふと忘れていた大自然のせせらぎが目前で展開しドキリと致しました、自然と人間が一体となった平和な時の流れ、如来の大悲に抱かれて安らかな日々を過ごされている様子が良く伝わって来て見ている私も幸せな気分を味合わせて頂き有難う御座いました、兎に角近くても良いから山に行って見る気が起きて来ました。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年10月26日 16:30

 楽しいビデオでした。

投稿: 近藤敏子 | 2007年10月28日 06:35

谷口雅宣副総裁先生
合掌 ありがとうございます。
大変美しい映像もあり、とても心が安らぐのを感じました。私も幸い、家の近くに緑豊かな山があり、よくそこを散歩するのですが、あいにく、植物等への知識に乏しく、ましてやキノコは、副総裁先生も本文中にても触れられております通り、有毒のものもあり、迂闊に手が出せない現状です。。しかしながら、こうして自ら採ったキノコを美味しく料理してそれを頂くというのも、至福というものであると思いました。キノコに限らず、植物、更に野鳥に詳しくなると山歩きも一層楽しいものになりますね。
また、結婚生活というものも素晴らしいものであると、しみじみ想いました。ちなみに私はまだ独身者です(笑) 

投稿: 長瀬 祐一郎 | 2007年10月28日 18:25

堀さん、

 長野県はキノコの宝庫ではありませんか! 私の山荘の近くでも松本ナンバーの車が停まっている時は、要注意のサインと心得ています。長野県の人たちは山梨県までキノコを採りにくるからです。(笑)

尾窪さん、

 「如来の大慈悲」というのは大げさじゃありません? 私は、キノコの形に石を積み上げた“キノコ大明神”を祀っています。(と言っても、言葉から来る印象よりも、もっとフランクな感じに、ですが)

長瀬さん、

 コメントありがとうございます。私の記憶が正しければ、初めてのコメントですね? 少し、自己紹介などしていただけないでしょうか?


投稿: 谷口 | 2007年10月28日 22:17

 〉長野県はキノコの宝庫ではありませんか!

 そうですか。私は余り、興味が無いのでお恥ずかしい話ですが、認識がありませんでした。自然の動植物は私の父と私の息子は興味があるんですが、私は余り、興味が無くて、山荘に行く時は山登りなどより清里でショッピングやソフトクリームを食べたり、テニスをしたりとかそんなミーハーな事に時間を使っています。私も先生の様に自然の動植物に興味と風流を感じる様な人間になりたいです。

投稿: 堀 浩二 | 2007年10月29日 09:38

「如来の大悲にいだかれて」と言う言葉は真宗勤行集の中の「しんじんのうた」の中の言葉の一説ですが森羅万象を神仏如来の顕現と意識してあの情景を拝見致しました時に、けっして大げさではなく自然に出て来ました、神仏の一つの現われとして「キノコ大明神」の命名は可愛い表現で微笑ましく感じられます(笑)。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年10月29日 11:10

谷口雅宣副総裁先生、皆様。
合掌 ありがとうございます。
大変失礼致しました。
私は神奈川県横浜市在住、従いまして生長の家神奈川教区所属の者でございます。本名でございます。昨年の神奈川教区大講習会にて副総裁先生の直接のご講話を通じまして、遅蒔きながら自然の大切さでありますとか、環境問題にも大いに関心が向きまして、幸い近くに山野あり、時間があればそこを散歩し、勉強させていただいております。
今後とも宜しくお願い致します。
再拝

投稿: 長瀬 祐一郎 | 2007年10月29日 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 交差した足 | トップページ | カリフォルニアの山火事 »