« 生長の家の国際教修会が終る (4) | トップページ | ニューヨークの印象 (2) »

2007年8月 9日

ニューヨークの印象

「世界平和のための国際教修会」のために行ったニューヨーク市は、私が大学院生として2年間を過ごした懐かしい街だ。最近も何回か行っているが、行くたびにその街の活気と、脇目もふらずに早足で歩く人々のバイタリティーに驚かされる。東京にも似たところがあるが、秩序が保たれ、クリーンな東京に比べて、ニューヨーク市は歩行者の信号無視と自動車のクラクション騒音、そして道路の凸凹が著しい。また古い建物が数多く残っている点が違う。どちらがいいか一概には言えないが、私は両方とも好きであり、両方とも「どうにかならないか」と思う。放っておけない気持になるのだ。

 今回この街を訪れたときの印象を短いビデオにまとめたので、以下に掲載する。
 
 谷口 雅宣

|

« 生長の家の国際教修会が終る (4) | トップページ | ニューヨークの印象 (2) »

コメント

ニューヨーク 楽しかったです。
雅宣先生がビデオを掲載してくださっているので
家族にも 見てもらって ニューヨークの話を
良く伝えることができます。ありがとうございます。

俳句を作ってみました
”マンハッタン 匂い複雑の 街は夏”

”ミュージカル 脳裏に夏夜の 人力車”

”教修会 世界の同士と 会いし夏”

投稿: 根岸幸子 | 2007年8月11日 22:40

根岸さん、

 「マンハッタンの匂い複雑」というのは、腐敗臭のことですね……。東京でもそういう場所はありますが、いろんなニオイがするという点では、NYCは東京に“勝る”かもしれません。

 シアトルはどんな町ですか? 私には、映画『Sleepless in Seattle』の水辺の住宅の印象しかありません。(笑)

投稿: 谷口 | 2007年8月12日 14:01

ニューヨークのJFK空港へ降りたときには うどんの汁の匂いがしたので驚きました。

ワシントン州は Evergreen State(針葉樹) そして シアトルは エメラルド シティーと言われています。州花は しゃくなげです。
Seattle-Tacoma 空港へ降りるときには 本当にワシントン州は海と湖と緑と 自然の多いところだなと実感し、我が家に帰ってきたという気持ちになります。
夏が最高の季節で 日中でも23度くらい、朝晩は肌寒く感じられます。人は北海道のようだといいますよね。

プリウス(トヨタのハイブリッド車)をNYでは 一台しか見ませんでしたけれども、こちらではたくさん走っています。主人が買った3年前はあまり台数もなく プリウス同士がすれ違うと 手を振ったものでした。今では 台数も増えて 先日 4方一時停止の交差点では 2台がプリウス 一台がホンダのハイブリッド車でした。

シアトルのよさは 自然も豊富、人も親切、食べ物もおいしく 治安も比較的いいところですかね? 雅宣先生 一度 純子先生とおいでくださいませ。

投稿: 根岸幸子 | 2007年8月13日 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生長の家の国際教修会が終る (4) | トップページ | ニューヨークの印象 (2) »