« 奇蹟について | トップページ | 奇蹟について (3) »

2007年8月30日

奇蹟について (2)

 8月22日と25日の本欄に提出した「コイン並べ」の仮想実験を書きながら、私は「頭の中だけでの実験では現実味がないなぁ~」と感じていた。読者の誰かに実際に実験してもらい、「120分の1」の確率というのが統計として実証できたらいいのだが、忙しい読者諸賢にそんな負担をかけるわけにもいかない。かと言って、私自身がそれをやっても「本当にやったの?」と疑問視されるかもしれない。いや第一に、そんな時間をとってはいられないだろう。そこで考えついたのが、このブログ上でパソコン用のプログラムを走らせて、興味のある読者に「コイン並べ」をやってもらい、「120分の1」の感触を味わってもらえたらどうか、ということだ。しかし、それにはプログラマーの助けが必要かもしれないし、これまた他人の負担を増やすことになる……。
 
 そんなことをブツブツ考えながら、私は時間を見つけてシコシコとプログラムを書いてみた。そして、上記の目的に合いそうなものをどうにかこうにか作ってみたのである。興味のある人は、下に掲げたプログラムで遊んでほしい。

 このプログラムを実行するには「RandCoins.pkg」というファイルを読者のPC上にダウンロードしなければならない。その後、下の四角い枠内のどこかをクリックすれば、プログラムが実行できる。「PUSH to draw」のボタンを押すと、灰色のウインドーが現われて5文字の数列が表示される。ウインドーの左上に「Trial」と書かれているが、これが「何回目」の実験であるかを示している。5文字の数列が出たら、その数字のどれかをクリックすると、次の実験をすることができる。やめる場合は「END」を押せばいい。ごく単純な実験である。
 
 谷口 雅宣

【注意】上記のプログラムは、都合により削除しました。   (08.05.18 記)

|

« 奇蹟について | トップページ | 奇蹟について (3) »

コメント

 上の文章をアップしてから、自分で確認のために「コイン並べ」をやってみたら、2セッション目の3回目で「54321」が並んだ。やはり「感動」しますネ、これには……。(笑)

  スミマセン。上のコメントを書きましたが、別の読者から「エラーメッセージが出て、うまく動かない」と言われました。まだバグがあるようですので、再検討します。数日、お待ちください。

投稿: 谷口 | 2007年8月31日 17:54

 ご講習会ありがとうございました。
さる2日は、私たち山形県信徒のためにおいで下さり、誠に有難うございました。先生ご夫妻の慈愛に満ちた雰囲気に間近かに接し、心ふるえ
感動でいっぱいでした。両先生のご講話もすばらしく、余裕が感じられ、諄々とお説き下さる真理は心に染み透るようだったと多くのものが感想を申しております。今回、新人を4、5人お誘いしましたが、深い真理を大変わかりやすくお説き下さったと、皆皆感動していました。
 雅宣先生が、場内係り(ドアー担当)に「かげで支えて下さって有難う」と、握手して下さったエピソードも感動をよんでいます。
 我が家では平成7年からご講習会の前日に、子供たちや孫たちを温泉に招待し、翌日は全員で(今年は14人)でご講習を受講する習慣になっていますが、これにより、立派な後継者が育つようにと祈っています。
 先生ご夫妻が益々ご健勝であられますよう、世界の平和のために、すべての生命のためにお祈り申し上げます。合掌再拝。

投稿: 佐藤 浩 | 2007年9月 5日 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奇蹟について | トップページ | 奇蹟について (3) »