« 環境省は“本筋”を通すべし (2) | トップページ | 日時計主義をさらに進めて »

2007年2月28日

映画『ダーウィンの悪夢』(Darwin's Nightmare)

 生長の家代表者会議も終ったので、ひと息入れようと思い、妻を誘って渋谷の映画館へ行った。目当ては、2004年のヴェネツィア国際映画祭の受賞作である表題の映画だ。しかし、上映館が少なく、新聞には新宿にある1カ所しか出ていなかったので、インターネットで検索したら、渋谷にもう1カ所あった。渋谷には多くの映画館があり、そこに住む私たちはこれまでいろいろな所で映画を見たが、その映画館は聞いたことがなかった。地図では東急本店の向い側ということなので、「それでは……」と出かけることにした。

 その映画館は目立たないビルの3階にあって、チケット売場から奥へ入ると“穴倉”のような小さな部屋に、背の低いソファーや椅子が並んでいた。観客の入りは7割ほど。昔あった「ジャズ喫茶」の一方の壁面にスクリーンがかかっている……そんな感じだ。映画館だと思わなければ、芝居小屋にも見える。映写機も、液晶プロジェクターのようなものが天井に1つ付いているだけだ。これでクリアーな映像が見えるのかどうか心配したが、いざ上映が始まると、そんな心配は無用だった。

 この映画は、生物多様性と南北問題の双方を含んだ真面目なドキュメンタリーである。映像は、決して美しくない……というよりは、恐ろしくヒドイ状態の場面もある。が、そのことが却って、どうしても悪条件下で撮らねばならなかったというリアリティーを表現していた。同じドキュメンタリーでも、前回紹介した『不都合な真実』は、確かなカメラワークと見事な編集、美しい音楽で鑑賞者を惹きつけたが、この映画はBGMも効果音もほとんどない。撮影者は、被写体の人の前でカメラを回し、脇で質問する声が聞こえ、画面の人はそれに答えるのに困惑したり、嫌がったり、得意になったり、あるいは敵意を示す。そんな人々のナマの映像が、鑑賞者の前に突きつけられる。だから、「映画の世界に浸って楽しもう」などと思っていくと、とんでもないシッペ返しを食らう。そこには、豊かで平和な国・日本とはまるで別の、残酷なほど貧しく、神経が疲れるほど危険な社会が展開する。

 この映画は、タンザニア、ケニア、ウガンダの3国に囲まれたアフリカ最大の湖、ヴィクトリア湖の、タンザニア側の1部落の生活に焦点を当てている。この湖は、琵琶湖の100倍、九州の2倍の広さで、多種多様の生物を育み、生物の進化を目の当たりにすることができるというので、「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていた。ところが、1954年と1962年に、そこに棲息していなかったナイルパーチという大型淡水魚を誰かが放流した。漁獲量を増やすためとの善意でやったことらしいが、ナイルパーチは肉食もするため在来種を駆逐してどんどん殖えていった。日本の湖に放たれたブラックバスや、ブルーギルのことを思い出してほしい。これに工場廃水の流入や森林伐採も加わって、ヴィクトリア湖の生態系が破壊された。が、その一方で、タンザニアにはナイルパーチを加工してヨーロッパや日本へ輸出する産業が発達して、それによって仕事が創出され、豊かになる人々も一部現れた。
 
 映画では、EU政府の役人らしき人が現地へやってきて、自分たちの援助で新しい産業のインフラづくりに成功したと満足気に発言するシーンが映し出される。しかし、彼らが設置した高価な解体処理施設、冷凍・冷蔵設備を通って出てくる魚は、現地の人々の経済力をはるかに上回るのだ。つまり、大勢のタンザニア人が参加して漁獲される1日500トン(!)ものナイルパーチは、現地の人々には買えず、豊かなヨーロッパ人、日本人の食卓に載るのである。否、もっと正確に言おう。タンザニアの普通の貧しい人々は、ナイルパーチからフィレ肉を取った後の残骸を拾い集めて、それをフライにしたものを食することで、かろうじて飢えをしのいでいる。人々の間にはエイズなどの病気が蔓延し、親を失った子どもたちは「ストリート・チルドレン」となって、盗みやケンカや毒物汚染の中で生きている……。
 
 ナイルパーチとは、日本ではかつて「白スズキ」の名で流通していた魚で、2003年の法改正により、現在ではそのままの名を表示して売っている。わが国は、年3千トン前後をタンザニア、ケニア、ウガンダから輸入していて、2004年にはその量が4千トンになったという。レストランや給食などで白身魚フライとして使われるほか、スーパーで味噌漬けや西京漬けとしても売られているという。読者は今度、レストランやスーパーへ行った際、この魚をじっくり観察し、そして考えてみてほしい。我々はアフリカの人々を助けているのか、それとも搾取しているのか……?。また、どうすることが、彼らの生活を助けることになるのかと。
 
谷口 雅宣

|

« 環境省は“本筋”を通すべし (2) | トップページ | 日時計主義をさらに進めて »

コメント

谷口 雅宣 先生:

アフリカの貧困の様子を最近購入した写真集(Humgry Planet-What the World Eats, by Peter Menzel and Faith D'aluisio)でみながら、先進国と発展途上国とのその差に驚いています。著者らが24カ国の家族の一週間の食事を調査して報告しているものです。その中には日本も含まれていますが、4人家族で一週間に約317ドル費やし、どのような内容の食品を購入しているか文章と写真で提供しています。アメリカやヨーロッパの先進諸国は日本と似ていますが、中国やインドになるとかなりちがっています。ひどいのになるとEcuador $31.55(9人家族)、Mali $26.39(15人家族)、Chad $1.23(6人家族)が一週間分の食費となっています。世界に目を向けると、現在の日本やアメリカがどれだけ豊かな生活を送っているのかよくわかります。しかし、アメリカ国内だけで他人と比べている人は、不平不満ばかりが出てきます。グローバル化といっても自分にとって不都合な情報はあまり積極的にグローバル化されていないので、意識してそういう情報を取り入れなければ本当のことは見えてこないと思います。

川上 拝

投稿: mario | 2007年3月 2日 00:32

谷口雅宣先生
アフリカを舞台にした映画で私が観ましたのは「ホテル・ルワンダ」でした。1994年ルワンダでの民族対立による大虐殺から1200人のルワンダ人の命を救ったホテルマン実話を映画化したものでした。かけつけた国連軍がホテルに救援に来るのですが、結局救うのは自国の国民、現地人は置き去りにされた現実に、暗澹たる思いをしました。
 この映画は、当初日本では上映予定がありませんでしたが、一人の青年がインターネットで呼びかけ、署名を集め、日本公開が実現しました。テレビではWOWOWで3月21日と25日に放送されます。

投稿: 久保田裕己 | 2007年3月 2日 02:21

川上さん、

「グローバル化といっても自分にとって不都合な情報はあまり積極的にグローバル化されていないので……」

 ムム……“不都合な真実”はいっぱいあるのですね。

 アメリカではミツバチがどんどん減っているそうですが、そういうニュースは報道されていますか?

久保田さん、

 WOWOWは、私は見られないのです……。でも、情報、ありがとうございます。

投稿: 谷口 | 2007年3月 2日 13:04

ミツバチの減少のニュースについては見聞していません。気をつけて見てみます。

投稿: mario | 2007年3月 3日 02:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 環境省は“本筋”を通すべし (2) | トップページ | 日時計主義をさらに進めて »