« 「悪を認める」とは? (2) | トップページ | わが町--原宿・青山 »

2007年1月30日

クロスワードを解く (4)

 1月16日の本欄に掲載した「教義クロスワード No.4」の解答を発表しよう。

【縦の答え】
(イ)心眼。(ロ)大宇宙。(ハ)馬。(ニ)釈迦。(ホ)弱肉。

【横の答え】
(イ)執着。(ニ)捨。(ヘ)祭壇。(ト)蟹。(チ)我執。(リ)馬屋。

 今回は、“ひねった”問題と言えるのは横の(ヘ)だろう。これについて生長の家の神示と無関係なカギを書くこともできたが、それでは「教義クロスワード」の名が泣く。そこで強引に神示に結びつけたから“こじつけ的”になってしまった。しかし、練成会でおなじみの「食事の祈り」(昭和5年11月4日)が最初の神示であることを知っている人は、簡単に解けただろう。その第一行目には、「聖書に吾らが祭壇に対して供物を献ずるに当っては、先ず兄弟と仲直りしなければならないと云うことが書いてある」とある。

 横の(イ)については、異論のある人もいるだろうから、少し解説しよう。「この世の悪の根源」と呼ぶような重大なものが、「人間の執着心」という、考え方によってはごく些細な、時とともに消えたり、生まれたりするものであるはずがない、と考える人は少なくないかもしれない。そういう人は、この世には“悪神”“悪霊”“悪魔”のような、何か動かしがたい悪の実体があると考えている場合が多い。私は、前回と前々回の本欄で、そんなものはないという話を書いた。理解していただけただろうか? 特に前々回は、二酸化炭素などの温室効果ガスを大気中に排出する行為「それ自体」は悪でないと書いたが、その意味が伝わっただろうか?

 それは、「温室効果ガスをどんどん出しても構わない」という意味では決してない。温室効果ガスを大気中に排出するという行為「それ自体」は善でも悪でもないが、その行為が行われる状況が変化するに伴って、同じ行為が善とも悪ともなる、という意味である。産業革命が始まった頃は、蒸気機関車や蒸気船がまだ珍しい時代だから、それに伴って発生するCO2の量は、今日に比べればごくごく少量である。だから、当時はその行為の善悪はまったく問題にならなかったどころか、もしかしたら「空は無限に広いから、そこへ排出して済むことはいいことだ」と考えた人がいるかもしれない。今日では、温室効果ガスの排出量があまりにも多くなってしまったために、地球環境と生態系が破壊され、海面上昇によって島国や海岸近くの都市が消滅する可能性が増大している。この状況を我々が心で「悪い」と評価するのである。
 
 では、この“悪現象”は、人間の執着心とどういう関係があるのか? この質問に答えるためには、我々が現在、CO2などの温室効果ガスの排出を減らせない理由を考えてみるといい。おびただしい数の工場があり、自動車産業があり、そこで働く人々がおり、大勢のドライバーが存在し、巨大な石油産業があり、化石燃料を使う電力会社があり、それらから政治資金を得ている大勢の政治家がいる。このような人々が、自分の目の前の利益が減ることを嫌がるのはなぜだろうか? それは「人間の執着心」と関係がないだろうか?……こうして、我々の執着心が原因となって“悪現象”は消えずに続くのである。

 第5問を以下に掲げよう:

Cwp6x6005 【縦のカギ】
(イ)母方の血筋。
(ロ)他への影響が大きいこと。簡単に諦めないこと。
(ハ)良家や目上の人の男の子。
(ニ)一部の宗教で人間を「性悪」と考えるとき、こう呼ぶことがある。
(ホ)考えや話の筋道。
(ヘ)この上なく優れていること。または不思議なほど巧みなこと。。
(ト)祈りを行う神官あるいは僧侶。

【横のカギ】
(イ)他への慈悲を目的とした宗教的実践。
(チ)自分を国の一員として肯定的に捉えること。冷戦時代には、これが抑圧されていた。
(リ)茨城県の都市。
(ヌ)この動物の体重を1kg増やすためには、穀物を7~8kg食べさせなければならないと言われている。
(ル)日陰の岩や木の根元に生える葉状地衣。食用にする海藻に同名の別種がある。
(ヲ)肉眼で見えなくても、これで見えることがある。

谷口 雅宣

|

« 「悪を認める」とは? (2) | トップページ | わが町--原宿・青山 »

コメント

クロスワードにチャレンジしています、パート5
のヘとトの縦のカギを教えて下さい。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年2月 2日 16:18

クロスワードにチャレンジしています、パート5のへとトの縦のカギを教えて下さい。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年2月 2日 16:45

谷口雅宣先生

 お正月から続いている「教義クロスワード」シリーズ。とてもはまっています。生長の家の教義と結びついていて、おもしろいだけでなく、勉強になって、時を忘れて取り組んでいます。
 何も調べないで挑戦できたものもありましたが、「NO4」は色々と調べないと出来ませんでした。イエスの誕生した場所は、ナザレ? ベツレヘム??? などと考えていると字数が合わなかったり、縦の語呂が悪かったりと、と考えているうちにあっ、「馬小屋」(馬屋)だと思い至りました。発想を柔軟にする練習にもなります。ありがとうございます。
「NO5」も頑張ります。

 阿部 哲也 拝

投稿: 阿部 哲也 | 2007年2月 2日 17:35

クロスワードのパート5
の縦のカギのへとトが無いとかなり難解です。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年2月 3日 14:22

尾窪さん、

 スミマセン……。カギを書いていなかったですね。
欠けていたカギを補いました。よろしくお願いします。

投稿: 谷口 | 2007年2月 3日 21:47

有難うございました、弘法も筆の誤りですか?頭の体操に非常に役立っています、地球温暖化問題の後にはうってつけです、可能な限り続けて下さい、楽しみにしています。

投稿: 尾窪勝磨 | 2007年2月 6日 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスワードを解く (4):

« 「悪を認める」とは? (2) | トップページ | わが町--原宿・青山 »