« 大型魚を食べること | トップページ | 米中首脳会談は“不発” »

2006年4月20日

アメリカ版“わらしべ長者”

「わらしべ長者」という昔話は、誰でも知っているだろう。或る日ある男が1本のわらしべを偶然拾い、旅の途中でそれと品物を次々と交換し、ついに長者になる話だ。「長者」になる話と「幸福な結婚」を得る話の2種類があるらしく、後者は『今昔物語集』『宇治拾遺物語』『雑談集(ぞうだんしゅう)』などにもあって、仏教色が濃いという。最初に「わら」を拾い、それを大切にするという点で米作文化をもつ日本独自のものと思われがちだが、インドの古代説話にも似たものがあり、朝鮮には日本と同型の説話があるという。だから、もっと広い「東洋」の考え方から出たものか?……そんなことを思っていたら、現代の北アメリカ--つまり、カナダとアメリカ--でそれが大々的に進行中らしい。18日放送されたABCニュースが伝えている。
 
 事の起こりは、カナダのケベックに住む26歳のカイル・マクドナルド氏(Kyle MacDonald)が、昨年の7月12日、「赤いゼムクリップ1個を家と交換しよう」と思い立ち、インターネット上に「One Red Paperclip」(1個の赤いゼムクリップ)というブログを立ち上げた所から始まる。彼が日本の民話を知っていたとは思えないが、発想は「小さなものから始めて、少しずつ価値あるものへと交換して、最終的には自分とガールフレンドが一緒に住む家と交換すしよう」というもので、「わらしべ長者」を地でゆく考え方だ。その計画をブログに発表し、交換相手を募っていった。すると、バンクーバーの2人から提供のあった「魚型のボールペン」と7月半ばに交換できた。その直後には、アメリカのシアトルに住む彫刻家から「人の顔」をあしらった「ドアノブ」とボールペンを交換する話がまとまった。続く25日には、マサチューセッツ州アムハーストに住む人と「バーベキュー用ストーブ」とドアノブを交換することができた。
 
 物々交換のためには、マクドナルド氏は提供者の所へ出かけていくという。だから、遠方からの提案を受け入れるのは大変だ。が、まもなくバーベキュー用ストーブが欲しいという人が現れて、9月24日には大陸横断の末、カリフォルニア州サンクレメンテで「赤い発電機」との物々交換が成立した。その2ヵ月後には、マクドナルド氏は再び大陸横断をしてニューヨーク市へ行き、クイーンズで「即席パーティー」を行った。これは厳密にいうと物々交換ではないが、その際、30ガロン(114リットル)の樽入りビール、バドワイザーのネオン広告板がついてきた。次に、この即席パーティーとの交換が成立したのは「スノーモービル」だった。この頃には、マクドナルド氏のブログは有名になっていたから沢山のオファーが集まっるようになっていたが、ケベックの冬を前にしてスノーモービルは必需品だった。
 
 こうしてスノーモービルは「ヤークへの旅」と交換され、この旅は「大型バン」と交換され、大型バンは音楽CD製作のための「スタジオでの録音の契約」と交換され、スタジオ契約は「フェニックス市での1年間のアパート生活」と交換されている……「1軒の家」とはまだ言えないが、マクドナルド氏は、計画当初の目的にかなり近い所まで接近しているのである。
 
 日本語の検索エンジンで「わらしべ長者」を検索してみると、沢山のサイトが出てくる。しかし、その一部を覗いた限りでは、これほど大掛かりで、成功している“交換ゲーム”はまだないようだ。多くは、フリーマーケットでの連鎖型物々交換の規模を超えていない。その違いがどこにあるのか定かでないが、どうも「ボランティア精神」の大きさと関係があるような気がする。「他人の目的を助ける」という心の大きさと言ってもいいかもしれない。それからもう一つ、「発想の柔らかさ」の違いがあるかもしれない。北アメリカでの“わらしべゲーム”を見ていると、「他人の目的」への協力だけでなく、インターネットでの人気やメディアを利用した「自社の宣伝」「歌手のプロモーション」などと抱き合わせて、「ウィンウィン」(提供する側も受ける側も得をする形)の企画に仕立て上げられている。学ぶ点が多くあると思う。

谷口 雅宣

|

« 大型魚を食べること | トップページ | 米中首脳会談は“不発” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ版“わらしべ長者”:

» 企画の勝利 [dandelion]
アメリカ版“わらしべ長者” 白浜行きの車内で話してたネタ。 現在進行形のマクドナルド氏のブログがこちら、って東京来てたのかよ。アンビリバボーのスタッフは仕事が早い。 確かに前のピアノマンのように賞味期限は早そうだけど。 で、現在は「Alice Cooperに会え....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 00:50

« 大型魚を食べること | トップページ | 米中首脳会談は“不発” »