« アンビバレンス | トップページ | イ ミ シ ン »

2005年12月19日

沖縄で震える

 今年最後の生長の家講習会が18日に沖縄県宜野湾市で行われた。南国の温暖な気候を期待していたのだが、折から南下してきた寒気に日本列島がスッポリ覆われたおかげで、日中でも16℃ぐらいの冷涼な気温だった。前日の夕方、海岸近くにある宿舎のホテルから例のごとく妻と二人で散歩に出たが、海からの強風が吹きつけていて、体感温度は10度前後の寒さだ。二人とも東京からコートを持ってきたのが幸いだったが、それを着込んでいても寒気が浸み透る。手中に使い捨てカイロを揉みながらの散歩となった。

 埋立地にあるホテルは講習会の会場からは近いが、周囲は新興住宅地然としていて昔ながらの文物を想起させるものはほとんど見当たらない。我々は白波を立てる海とは反対方向へ坂を上り、窓から大きな横文字を見せる回転寿司屋やレストランの前を通り過ぎ500メートルほど歩くと、中型のスーパーがあった。こういう所では地元の人々や産物と出会えると思い、中へ入った。予想通りの雰囲気の店で、我々はゴーヤや沖縄バナナ、パッションフルーツ、サトウキビ、ソーキ、ミミガーと対面しただけでなく、米国産のアイスクリーム、長野産のリンゴ、福岡産シイタケなどを見つけ、沖縄の地理的位置を再確認したのだっKiwiJuice た。そして、本州ではあまり見かけないキーウィーフルーツのジュース(ペットボトル入り)を1本「198円」で購入した。「少し高いなぁ~」とは思ったが、翌日、那覇空港で同じものが300円で売られていたのを見つけ、得意な気分になったものである。

 我々が沖縄で震えていた時、日本中の人々がもっと厳しい寒気の中で震えていたことを、東京に帰ってから知った。19日の『産経新聞』によると、この日は日本上空にこの冬一番の強い寒気が流れ込み、「全国の32地域で、12月の積雪量としては観測史上最高を記録した」のだそうだ。その原因について、気象庁は「気温変化に大きな影響を及ぼす偏西風(北極を中心に西から東へ吹く風)が、何らかの原因によって南側に蛇行し」、この「偏西風に乗って、北極からの強い寒気が日本列島を直撃した」という。この「何らかの原因」が何であるかが事前に分からなかったため、気象庁の使っているスーパーコンピューターでの3ヵ月予想が見事に外れたらしい。気象庁は、当初出した「今年は暖冬」との予想の修正を検討しているという。
 
 北極周辺の“異変”については、私は12日の本欄でも触れた。それは、偏西風の蛇行ではなく北大西洋を流れる暖かいメキシコ湾流が、ヨーロッパへ到達しにくくなっているという話である。18日の講習会でもそのことに言及した。この事実は、11月30日付の『NewScientist』のニュースで配信されたものだが、その後に発行された12月12日付のアメリカの『TIME』も、見開き2ページを使って取り上げている。また、この現象と関係が深いと思われるのは、9月30日の本欄でも書いた「北極の氷の溶解」である。今年9月の北極海の氷の面積は過去最低となり、1978年以降と比較すると2割も海中に溶け出しているということだ。
 
 これらの2つの現象--北大西洋での暖流の停滞と北極海の氷の溶解--が、今後ヨーロッパを冷やすだろうか? と『TIME』誌は問題提起しているのだ。北極海の氷が海中に溶け出すと、周辺の海の塩分が薄まることになる。塩分の薄い水は、海中に沈みにくくなる。すると、メキシコ湾流に発する暖流がヨーロッパへ北上し、冷たい北極の水と接して冷やされ、通常は海中へ深くもぐるはずが、塩分が薄まるために潜りにくくなる。これが、海中で一種の“交通渋滞”を引き起こすというのだ。つまり、暖流の速度を弱めることになるから、海面温度が下がり、それによってヨーロッパの気温を下げる結果になる--そういう説明が『TIME』誌の記事には書かれている。

 もし上の考えが正しいならば、「北極地方」での異変が北東アジアとヨーロッパの「厳しい冬」の原因になっているのである。今回明らかになった偏西風の南方への蛇行が地球温暖化と関係があるかどうかはまだ分からないが、ヨーロッパの寒さは、温暖化の結果だと言えるだろう。この話は、地球温暖化によって氷河期が再来することを描いた映画『ザ・デイ・アフター・トゥモロー』を彷彿させるが、気候変動の複雑さをしみじみ感じる。
 
谷口 雅宣

|

« アンビバレンス | トップページ | イ ミ シ ン »

コメント

明日23日からの、長野教区の青少年練成会のお手伝いで長野に来ています。

今日、新宿駅から特急に乗る前に、新宿駅構内の「成城石井」というお店で全く同じキウイのジュースを売っていたのを思い出し、250円で買って飲んでみました。
キウイの自然な味がして、美味しかったデス!

少し早いですが、24日、お誕生日本当におめでとうございます!

投稿: 森下 紗由里 | 2005年12月23日 01:32

森下さん、

 成城石井で売ってるんですネ! いい情報、ありがとう。同じ店は渋谷にもあるので、機会があったら探してみます。

 早めの誕生祝い、ありがとう。

投稿: 谷口 | 2005年12月23日 12:08

54回目のお誕生日、本当におめでとうございました!
本来であれば、24日にあわせてメールをお送りしたかったのですが、23日~今日25日まで長野県教化部で青少年練成会だったため、早めのメールとなってしまいました。

子ども達と浄心行で火を点しながら過ごすクリスマスイブもまたいいものでした。


東京都内で成城石井を見掛けると、私もよく立ち寄ります。キウイのジュースを以前、成城石井で見つけたときには、値段が高めだったのでやめましたが、今回先生が同じジュースの絵をMOLESKINE手帳に描いて下さったのを拝見し、「あのジュースだ!」と思い、早速新宿の成城石井で買って飲んでみました。
キウイそのものの自然な味がして、なんとなくハマリそうな味でした。

ところで、映画『SAYURI』、私も観に行ってみたいと思っていましたが、自分の名前を呼ばれているようで不思議な気持ちになります(笑)

投稿: 森下 紗由里 | 2005年12月25日 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄で震える:

« アンビバレンス | トップページ | イ ミ シ ン »