« ペットボトルの水 | トップページ | アンカーマンの死 »

2005年8月 7日

ニューヨークの幹部研修会

 前回(8月4日)の本欄で、ニューヨークの行事の名前を「国際特別練成会」と書いたが、「特別幹部研修会」と表記した方が良かったかもしれない。英語では「Special Leadership Training Seminar」と呼んでいて、2泊3日の行事だからだ。それが今日終った。参加者は練成員だけで77人。ニューヨーク州だけでなく、ニュージャージー、コネチカット、マサチューセッツ、カリフォルニア、フロリダ、イリノイ、ワシントン、ハワイのアメリカ各州、カナダのトロント、その他、海外からはブラジルと日本の広島から各1人ずつが参加してくださった。私はここで1時間と30分の講話を1回ずつ行い、最後に「激励の言葉」というのを話すのが役目だった。

 6日(ニューヨーク時間)の午前中に行った最初の講話では、「宗教多元主義と生長の家」という題で、生長の家の万教帰一の考え方ときわめてよく似ている「宗教多元主義」をキリスト教の立場から唱えているイギリス人の宗教哲学者、ジョン・ヒック(John Hick)を取り上げ、彼の考え方と生長の家の考え方とを比較するとともに、宗教多元主義の荒い“系譜”に言及した。この主題は日本での生長の家教修会でも触れたが、北アメリカというキリスト教が多数を占める土壌で、「キリスト教の立場から他宗教を同等に受け入れる」という珍しい考え方もあることを知ってほしかったため、ヒックの思想に焦点を当てて解説した。そして、それが「万教帰一の神示」に説かれていることと基本的には一致すると指摘したのである。ただ、日常生活ではなじみのない哲学に関する英語などを使ったため、参加者の大半を占めるブラジル系の人々には少し難解な講話になってしまったようだ。

 7日に行った講話では、「環境・資源・平和の繋がり」を主題にして話した。これは、拙著『足元から平和を』(生長の家刊)の前半に書いたことのダイジェスト版とも言えるだろう。ただし、講話の後半は日本の生長の家が行ってきた環境保全活動ここ5年間の紹介を行った。アメリカでは、ブッシュ政権が京都議定書を拒否した関係からか、環境保護の意識がまだ充分育っていないと思ったからだ。この講話の準備のための情報収集で知ったことだが、上記の拙著でも書いた「石油生産量のピーク」が来ることについて最近、フランス政府がこの考え方を取り入れた形の報告書を出した。その報告書では、もっとも早い予測が「2013年」になっているという。私はフランス語は分からないが、BBCがそう伝えたというのだから本当だろう。また、この「石油生産のピーク」のことを英語では「peekoil」と呼んでいて、それを専門に扱っているウェッブサイトがあることを知った。興味のある方はのぞいてみてほしい。

 話は少し横に逸れたが、2番目の講話では遊馬正画伯がさいたま市の自宅の庭に最近、大型の太陽光発電装置を設置されたことを写真で紹介すると、会場は大いに沸いた。遊馬画伯は、長くニューヨークを舞台に活躍されていたから、こちらにはファンも多いのだ。この遊馬画伯からの写真は、出発の直前に私のところに届いたもので、実に有り難いタイミングだった。BBCの記事も大いに役に立った。

 私以外の講話は30分ずつが8回あり、担当講師はそれぞれの個性のもとに工夫を凝らして発表し、なかなか変化に富み幅のある研修会になったと思う。また、参加促進、会場係、AV関係、その他裏方の準備に走り回ってくださった多くの方々には、この場を借りて感謝の意を表したい。皆さん、本当に有難うございました!

谷口 雅宣

|

« ペットボトルの水 | トップページ | アンカーマンの死 »

コメント

谷口 雅宣 先生:

御指導ありがとうございました。先生のジョン・ヒックの話は初めて聞かせていただきましたが、宗教多元主義の内容は昨年もお話下さっており、日本語・英語の本も読ませていただいておりましたので、話は親しく聞かせていただきました。しかし、難解な単語(実はepistemologyなどという言葉を見たのは初めてでした)もありましたので、そういうものが難しいという印象を与えたのかとも思います。

二題目の「環境・資源・平和の繋がり」の中で日本の会員が個人的に行なっている環境への取り組みが、実は組織的な背景の下に個人的に個人の意志で行なわれているということに、こちらの会員は感動したのではないかと私は見ています。個人での意識はあっても、組織的背景と情報等のバックアップの下で、あんなに多くの会員が環境について個人的レベルで取り組んでいるということが、とても進んでいるような印象を受けました。そして励ましにもなりました。その基はやはり「環境・資源・平和の繋がり」を早くから啓蒙されていた結果だと思います。

最後の激励の言葉は肝にめいじました。ハードとソフトの関係はまるで霊と肉との関係のようですね。本当に素晴らしい御指導ありがとうございました。

川上真理雄 拝

投稿: Mario | 2005年8月10日 00:35

川上 さん、

 会員の自宅の屋根に設置された太陽光発電パネルのことですが、あれは皆、生長の家の「太陽光発電所」のウェッブサイトから拝借した写真です。そういう意味では、相愛会の皆さんに大いに感謝しています。

投稿: 谷口 | 2005年8月10日 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの幹部研修会:

« ペットボトルの水 | トップページ | アンカーマンの死 »