« 石油高騰の意味 | トップページ | オナガの飛来 »

2005年3月19日

ライス国務長官に納得

 来日中の米国務長官、コンドレッサ・ライス博士の上智大学での講演をテレビで見た。

 講演の出だしの部分は、招待側の一人の出身校、UCバークレイと自分の教えていたスタンフォード(近接している)との比較などをしながら、笑みを湛えて柔らかくスタートした講演だったから、「なかなかいいぞ。本音が聞けるかな?」などと期待していた。しかし、講演の内容が学者のままでいられるはずがなく、段々トーンが上がって、顔からは笑いが消え、いかにも「準備してきた原稿を読む」という感じになった。まぁ、今や政治家なのだから仕方がないだろう。

 「日本はアジアの“星”」みたいな持ち上げ方をしていたのがコソバユかったし、「日本の常任理事国入りをためらわずに支持する」と明言したのは嬉しかった。しかし、「安全保障」を強調し、「地球化する世界(the globalizing world)」と言いながらも、地球環境問題の深刻化にひと言も触れなかったのにはガッカリだった。

 国際関係の専門家なのだから、今や国や地域の安全保障と環境劣化の問題は密接に関連していることや、グローバリゼーションと環境問題の関係も熟知しているはずだ。そういう「学者」としてのライス博士が、「政治家」として(つまり、京都議定書を容認しないブッシュ政権の重鎮の一人として)のライス国務長官に押さえつけられている--そんな気がして残念だった。(まぁ、これも仕方ないか……)

 講演の最後の部分で、BSE対策のために止まっている米国産牛肉の輸入をプッシュしたが、「米国は世界の人々の食の安全に深い関心をもっている」という件には、思わず声を出してしまった。政治家としては当然の言だが、遺伝子組み換え作物を大々的に栽培し、狂牛病の原因となる「牛の共食い」を大規模に行ってきたのがどこの国かを知っている人には、「深い関心」がどちらの方に向かっているのかと言いたくなる。

 ということで、ライス氏はすでに「博士」ではなく、立派な政治家となっていることを知ったという意味で、収穫のあるひと時だった。

谷口 雅宣

|

« 石油高騰の意味 | トップページ | オナガの飛来 »

コメント

あらためて始めまして。
煙草にしろ、京都議定書にしろ、大国の本音と建前は、かなりの国民が認識しだしていると思うのですが。
Blogでは、かなりの速度で情報が伝わりますね。
何が本当のことなのか、氾濫している情報を鵜呑みにしないように、これからも自分磨きに精進して参りたいと思います。
さて水彩画見せて頂きました。また写真の「ちょっとくぉ!」には仲良し夫婦のお姿が思わず目に浮かんで来ました。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 太順 | 2005年3月22日 11:32

太順さん、

 小生のHPをご訪問くださり、有難うございます。絵や写真までご覧くださり恐縮です。“下手の横好き”です。

 こちらこそよろしく。

投稿: Masanobu | 2005年3月22日 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライス国務長官に納得:

» ライス国務長官 アジア歴訪 [=社説は語る= 今 何が起きてるの?]
『読売新聞(05/03/20)』 日米外相会談-戦略対話を重ねることが大事だ  ライス米国務長官と町村外相との会談は、日米同盟を深める上で、有益な戦略対話と... [続きを読む]

受信: 2005年3月21日 23:25

» ライス国務長官訪日 [ブログにコメントGood!orBad!]
関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。 いろいろなご意見が [続きを読む]

受信: 2005年3月22日 08:02

» ライス国務長官訪日 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。いろいろなご意見があ... [続きを読む]

受信: 2005年4月28日 09:37

» 農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただきたいものです。罷免請求とかできないのかな? ■農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 農水省、OIEに牛肉輸入条件緩和�... [続きを読む]

受信: 2005年5月12日 21:53

« 石油高騰の意味 | トップページ | オナガの飛来 »